子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
渡米-4~入国審査~
さて、話は遡るが、空港到着前の機内から
今日は、撮影禁止場所ばかりなので、写真あまりありません。お話の回です

1:デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港(長い名前:笑)を出発した所
DTW-4-1

 機内では、到着前に当然「I-94」の用紙が配布されるように思っていた
密かに、「よしよし、グアムで練習は済んでる。問題点は(当ブログの)皆々様からアドバイスも頂いている」
(その時の話はココ:クリック)
なので、
「どんとこい。」「JAPAN/KYOTOと書けばいい(笑)」
と、思っていたのに、なにやら「効率化の為に、不要になった」かのような、機内アナウンスが・・・

折角お勉強していたのに・・・(残念:笑)

続きには、<入国審査>のお話



 12時間乗った飛行機を降りて、(人の少ない)長い通路を延々と・・・(動く歩道もありました)
 (Guamの時とは違い、席を「少し贅沢」にしたので、すぐに降機できて、通路はガラガラ:笑)

 さて、<入国審査場>に着いて、「エート、外国人用のゲートは、どこじゃ」で、たどり着くと、
上述の通りで、人の列は短く「こりゃ、幸先、イイわい」と思っていると、なにやら案内板が・・・(日本語:笑)

 え~と、(入国が)「初めての人→右へ」、「2回目以上の人→左へ」とな・・・
 「えっ、私は2回目(一応GuamもUSA)」だか、同伴の下の娘は「初めて」なのでどうしたモノかと・・・

 と、そこに日本語が出来るスタッフがいたので、「どっち並んだらいい?」と尋ねると、
「初めて」の方に、並んで下さいとの事
 (「Guamのおばちゃん」ほどじゃなかったが、「日本語通じてよかった」でした:笑)
 この話は、ここ(クリック)の写真4以降にあります

 で、先の方(審査手順)を見ていると、Guamと同じで
 1:パスポート渡して、2:何やら話をして、3:指紋+顔の写真を撮っている。
 で、2回目以上の列だったら、この「撮影がないのかな?」と、思ったり・・・

<話は脱線>
 →(別便だった)、奥様は、この2回目以上の列へ行ったそうだが、途中に機械があって、
  訳も判らないので、係員を呼んで、「(係員が)なんか操作しているが、さっぱり不明」
  結局、その後に続く、審査官のところで、GUAMと同様だった、と、聞きました。
  何の為の入国2回目以上の列なのか不明との感想。
  ただ、質問に対しては、「現地在住の娘からの書類一式を見せた」ら、何もなかったそうだが・・・(笑)

< 調べました>
  どうやら、"Kiosk"と云う機械で、ESTA取得して1回でも入国が認められてたら、この機械で入国審査が可能、らしい
  案内も日本語を選択できるらしい、と、云っても、「日本語はココ」と英語で書かれていたら、ダメかも(笑)
  だが、結局、この先にいる審査官に、目的と期間等は、聞かれるらしい。
  ("Kiosk"って、JR(国鉄)か:笑)
  メリット=今のところは、空いていて、すぐに審査完了して、通れるらしい。

<閑話休題>
 審査は順調に進んで、すぐに我々の番が来そう
 下の娘に大体の手順を教えて、複数いる審査官のうち「女性(審査官)だったら、娘が先、
男性だったら、私が先に行こうか」と、打ち合わせて・・・
 で、女性審査官から声がかかったので「じゃ、先行け」で、(下の)娘が審査に

 何やら会話してそうだが、突然振り向いて「(私も)来い」と手招きを
 後ほど(下の娘に)、いきさつを)聞くと、「一人か?」と聞かれ、私を指さしたら、「一緒に」と云う事だったらしい

 (Guamでは、児童以下が親と一緒に行く以外、「(家族でも)一人ずつ」と云われていたので、ちょっとビックリ)

 後日、よく考えると、
 「年頃の日本人が一人で、何でデトロイトに?。ニューヨークや西海岸があるじゃろ、真の目的は?」と
疑った、と、思ったり・・・

 で、私もカウンターに行くと、女性と云えど「で、でっかい」(ゴメンナサイ:笑)

 さて、質問はと

 「○○○○ Stay?」と聞かれた?("How long" なのか、"Where" なのか判っていない:笑)
 「Hilton Hotel in Novi」と答えると
 Novi(ノバイ)が珍しいのか、「えっ」と云う顔

 続けて、 「Purpose ?」聞かれる(=これは、グアムと一緒:笑)
 当初は、「Sightseeing 」だけにしておこうかと思っていたが、え~い、ついでじゃ
 で、
 「Sightseeing, and, To see my daughter and my Grandson」と答えると
 「Oh, Grandson」と、にこやかに、コレにて質問終了(笑)
 後は、(係員が)パスポートのVISA欄に"入国印"を押して、"滞在期限"(ESTAなので90日後の日)を記入、
指紋・顔写真を撮って、で、はい、おしまい

 と、グアムの経験がいきました。いや、「To see my Grandson」の威力か・・・(笑) 

 審査を終えて、(審査待ちを)振り向くと、やはり(Guam同様)長い人の列

 実は、この便、セントレア・チェック・イン時、(航空会社職員より)、
「この便はオーバー・ブッキングになっています。お急ぎでない方は、チケットお譲り下さい。
乗り継ぎ便に、変更させて頂きます」と・・・

 当然、我々は「(現地)空港で、待ち合わせているので、ゴメンナサイ」でしたが
 (それより、乗り継ぎなんか、ようしません:笑)
 そんな、定員一杯の状態でしたので、ここも長い列になってました

 この後は、荷物の受け取りだが、審査が早く済んだので、(預け)荷物受取(・コンベアー)の方に行っても、
コンベアーも、動いていない
 (グアムの時は、降機に時間がかかり、さらに入国審査でも長い列で、のべ1時間以上・・・、
  荷物の受け取り時には、既にコンベアーから降ろされていたのと大違い:笑)

 で、ここも、コンベアーが動き出して、すぐに出てきたので、全然待たず
 
 そして、到着口を出ると、迎えの、(上の)娘夫婦と、1年9ヶ月ぶりに再会

 << めでたし、めでたし >>

オマケ

2:一般道
DTW-4-2
 前方交差点に、信号機が、ぶら下がってます。(左端車線=訳あり、後日説明します)


3:Hilton Garden Inn (Novi)
DTW-4-3
 ホテル到着です

今日はここまで

コメント
この記事へのコメント
写真がアメリカンですな。
って、当たり前か^^
全く英語に関係ない生活を20年もしているとダメですね。
横文字が出てくると寝たふりしたくなる。

続き、楽しみです。
2015/09/20(日) 22:20:22 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
masaさん、ありがとうございます。
あはっ、アメリカです(笑)

英語は本当にダメになりましたし
しゃべろうという、気力もなくなってます(涙)

ぼちぼち続けます

また、よろしくお願いします。
2015/09/26(土) 13:51:55 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*