子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
α7Ⅱ-レンズ毎の機能調査
 機能満載のα7Ⅱですが、(皆さんご高承の通り)、アダプター(EA4等)を使って、
Aマウントを付けた場合は、5軸補正が3軸補正になる等々、使えない機能が出てきます

 で、SONYのサイトを調べたら、機種別に、互換性が乗っていました(α7Ⅱはココ)

 ミノルタ時代からの、(多分)全てのレンズについて、EA-1~EA-4装着時の、α7Ⅱとの対応が書かれているのですが、全て文章。
 →表にして下さいよ(笑)
 (まっ、表にしようと思って、全項目を横にしたら、すごい事になりそう・・・:笑)
 (または、簡略化したら、カタログのように※OOだらけになりそう:笑)

 ただ、その記載は、「出来ません・こんな問題有」だけの記述なので、逆に、何が出来るのかが判らない
 →種類多く、絶対に覚えられない

 で、私に関係あるレンズだけですが、一覧表にしてみました。

1:Eレンズ(800PIX)
α7Ⅱ調査-1
 「電子先幕、5軸補正(3軸補正)、像面位相差、瞳AF」等の、記述無し→可能なのでしょうね

 って、こんな項目判ったのは、Aマウント調べてから(笑)


**********************************************************************
 表の説明→全て800PIX位ですので、画像クリックで大きくなります
<縦>
・レンズ名
<横>
・VERは、そのレンズの世代を表しています。(同一名がある為)
・D対応は、距離情報有レンズ
・MOUNTはご承知の通り
・SIZEは、F=FULL SIZE対応、C=APS-C対応
・これより右は、それぞれの機能の表示
  ☆:手振補正の記述無は、5軸対応と読み替えても良いのかな

*********************************************************

 さて、どのような事に・・・


2:Sony製、Aマウント
α7Ⅱ調査-2
 いろいろ出てきました。
 EA-4付けるので、像面位相差不可は判るが、α350当時のDT18-70は、電子先幕もレンズ補正もダメ
 SONY製でも、見捨てられたレンズかな(笑)

さて、ミノルタ製

3:単焦点
α7Ⅱ調査-3
 電子先幕、全てダメ。D対応は5軸補正可?
 ただ、STFは、非Dだったと思ったのですが、対応している。Dレンズだったかも

4:マクロ
α7Ⅱ調査-4
 意外や、絶対Dでない、50Macro初代に、「3軸になります」との記載がない=5軸対応か?


5:ズーム
α7Ⅱ調査-5
 ・D対応は5軸補正可と思う
 ・70-200SSMは、SONY製を見ると、「レンズ補正・不可」の記述はなく=可なのでしょうね、
   逆に、「画像周辺が暗く・・・」との記述
   同じレンズと違う?と、突っ込みたくなるが、玉は一緒でもファームが違ったり、構成が違うのかなぁ・・・(不明)

[結論]
 LA-EA4+Aマウント時は、「電子先幕=OFF」、「5軸補正・レンズ補正」が効いたら「ラッキー」、程度に思っておこうっと(笑)

 PS:ロック・オンAFの記述がなかったので、これはOKなのかな?(笑)
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*