子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
グアムへ-4-2(飛んだよ)
 昼食も終わり

1:風雨は、ますます強くなって
GUAM-4-2-1

 空港への送迎バスの時間も近づいてきたので、もう一度、(ホテル内の)業者のカウンターへ

 すると、今度は、「DELTAとJALは、飛びます。ロビーで(バスを)お待ち下さい」と、はっきり!
 →「飛ぶ」が決定したようだ

 「帰れる!」

 で、

 今回も、文字が多いです。ご容赦下さい。

******************************************************************

2:いきなり空港到着!(笑)
GUAM-4-2-2
 今度は、「ほんまに飛べるんかいな?。安全?」と、違う思いが・・・


3:出発案内
GUAM-4-2-3
 「DELTAとJAL」は、「ON TIME」。 「ANAとUA」は、「CANCELED」・・・


 さて、ここから、今回の「予行演習再開」と、なる訳ですが、

「飛ぶ・飛ばない」ばかりに気が行っていて、何の準備もしていない(汗)

***************** しばらく、画はありません ***********************

 チェックインの列に並び、大慌てでバッグから「パスポート」と「予約済」のシートを取り出し・・・

で、また「お勉強」再開

[チェック・イン]
1:DELTAの列には、「自動チェックイン機」(=後で判った)があり、係員一人が、何か対応している
2:列が少しずつ進み、我々がそこを通る時、係員は、何も言わない
3:機械を通り過ぎて、列を見渡すと、すでにチケットを持っている人がいる
4:「えっ、あの機械で、チェックインして、チケットもらうんやったん?。カウンターでは、荷物を預けるだけ?」
5:で、私だけ引き返し、係員に「予約済」のシートを見せると、「OK、パスポート」と云う
6:係員が「パスポート」を開いて、機械に乗せると、私の名前が出てきた
  と、同時に、「もう一人いますね」と係員
7:慌てて家内に「こっち来て~」と
8:家内の「パスポート」を開いて、機械に乗せると
9:無事、2枚のチケットが発券された
10:席番が、日本出発前に、「事前チェックインしておいた番号通り」で、再確認
11:この機械、多分、「パスポート番号を読み取り、チェックイン+発券をする」と思うが、
  別に、この機械に通さず、列に並び続けていても、カウンターでチケットをもらえたようだ(笑)
12:現に、カウンターでもチケットを発券していたようだし、すでに(チケットを)持っている我々には、
  預け荷物にタグを付けてくれて、「預かってくれるのかな」と思ったら、「荷物はあっち(で、預けろ)」とは・・・

 単独渡米時の帰路→同じ事が待っている、のかな。日本語通じないだろうし・・・不安(笑)

 で、荷物を預けに行くと、「そこに置いておけ」との事。
 (オイオイ、大丈夫か・・・、だが、「大丈夫+α」もあったり(詳細:次々回:笑)、
 チェックインは、これにてお終い。

 「次はどこへ?」と聞くと、「(指さして)2階へ」との事らしい。

続いて
[手荷物検査]
ここは、もっと大慌て(笑)
1:まず、「え~と、手荷物検査の留意点て、何だったっけ」、から(爆)
2:「さあ、ライターを取り出して、透明袋に入れて。えっ、袋どこやった~」とか
  (日本出発時は、使っていたライターは車に置いて於き、持ち込み用ライターは、事前に袋に入れておいた。)
3:続いて「ポケットのモノ出して」とやってると、(ベルトに付けている)「携帯(電話)」も、と、云われて、さらに大慌て・・・
4:(バッグに)「液体は、入ってませんね」と聞かれても「入っていません」とキッパリ。(笑うだけにしておこう)
5:で、探知機を通っても、何にも鳴らず、無事通過
  隣のレーンは、結構鳴ってました。そのたびに触診検査で、渋滞。

引き続き、
[出国手続き]
1:何も覚えていない(オイオイ)
2:パスポートとチケットを渡したら、それで終わりだったような・・・
 何の為の「予行演習」じゃ(涙)

で、無事免税店街に出てきて、「あっココ、入国時に通ったとこやん」と、判った。
引き続き、奥様に「あれ、どうしたん?」と聞かれて、私「あっ・・・」、奥様「良く通れたね」
とだけ(書けません:笑)

***************** また、台風に戻ります *************************

4:この飛行機のようです
GUAM-4-2-4

5:キャンセルになった「UA機」→駐機場の方に回送
GUAM-4-2-5

6:いよいよ乗り込んで
GUAM-4-2-6
 隣は多分、セントレア行きと思う

7:ボーディング離れ(=出発)して、延々と誘導路を移動→「どこまで行くんじゃ」、と、思いつつ
GUAM-4-2-7
 (誘導路を)移動中、機長より「当機は、管制塔より最優先で離陸権を与えられています。離陸位置に移動しています」と、アナウンスもあり・・・
 「飛びますから、ご安心下さい」、なのか、「延々と移動する時間稼ぎ?」(笑)でしょうか・・・


8:滑走路に入ります→滑走路の先が霞んでいる・・・(怖)
GUAM-4-2-8

 さっ、ここからが(離陸の)クライマックス(笑)
 滑走路に入り、一旦停止してから、「離陸します」と思ったら、このまま、「ローリング・テイクオフ」。
 停止してから再加速するより、このまま加速した方が効率が良いのか?は不明、だが、一気に加速。
 ビックリが、「加速中に、スポイラーが・・・!!!(立った)」

9:スポイラーの説明→赤矢印。これは逆噴射時→黄色矢印
GUAM-4-2-22

 てっきり、「揚力の発生を防ぎ、加速時間を長くとる為の操作か」と思ったが、調べると
「横風が強いとき、操縦桿を風上側にきることもあり、この時にスポイラーが立つ機種もある」、らしい

 で、加速は続く訳だが「もう離陸するだろう」と思っても(=それなりに離陸シーンも撮影してきた)、
離陸しない。景色は、かなりの速度で、後ろにぶっ飛んでいく。

 「やっと、浮いた~」で真下見ると、すでに滑走路はなかった(笑)。滑走路の端から端まで使って加速したらしい。

 十分に加速しておいて、「短時間で上昇=雲を突っ切る」為か、「離陸重量が大きくて」、かは、不明

10:飛んだよ~~~
GUAM-4-2-9

 次の段階、
 旋回も何もせず、ひたすら真っ直ぐ上昇。(西南西方向→日本から離れるが、確かに台風の雲の少ない方向である)
 また、上昇角も普段より大きめ(だったと思う)、で、一気に雲に突っ込み

 途中、エアーポケットに2~3回落ちたのは、ご愛敬(笑)

11:5分後(長かった~)、雲を抜けたよ~~~
GUAM-4-2-10
 同時に、機長より「巡航高度に達し、安定飛行をしています」とアナウンス


12:「まだ、巡航高度じゃないだろう」と私(笑)
GUAM-4-2-11
 「心配している乗客へのリップ・サービス」かなと思ったり(笑)

 でも、波瀾万丈、これで終わりではなかった・・・

 続きます

コメント
この記事へのコメント
こんばんは^^

おぉ~、飛びましたね~^^
どうなることかと思いましたが。
よかったです。
で、まだあるんですか?^^
楽しみ楽しみ^^
2015/03/31(火) 22:53:48 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
masaさん、ありがとうございます。
はい、飛びました(笑)、ありがとうございます。
この時は、ANAがキャンセルになっているだけに、DELTAで良かったと思う反面、
大丈夫かな、と、両方の思いがありました

で、まだ、続きます
よろしくお願いします。

ありがとうございました。
2015/04/01(水) 13:17:28 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*