子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
グアムへ-2-2(グアム一周・ソレダット砦~アサン展望台)
タロフォフォの滝をあとにして、グアム島一周は続きます

1:ごめんなさい、思い出せません・・・(涙)
GUAM-2-2-12
 車中から、撮るだけ撮ったけど・・・
 バス下車して訪問したところは覚えているけど、「車窓から」では、覚えきれません(涙)


 今回も、(予行演習ではなく)、観光です。適当にスルー下さい
2:ベアー・ロック、だったっけ・・・(撮影:奥様=α-6000)
GUAM-2-2-3

3:ソレダット砦、到着(1600pix)
GUAM-2-2-2
場所はココの6参照下さい

4:初めて世界一周した"マゼラン"の到着地だそうです(撮影:奥様=α-6000)
GUAM-2-2-1

5:"マゼラン"、上陸の地(=ウマタック湾)
GUAM-2-2-6

6:↑、この教会の右手に記念碑があるそうです
GUAM-2-2-7

7:監視台(撮影:奥様=α-6000)
GUAM-2-2-5

8:大砲、って、見れば判りますよね(笑)
GUAM-2-2-4

 ソレダット砦を、出発して、道中で

9:十字架のある山
GUAM-2-2-8
 グアム島で2番目に高い「フムジョン・マングローブ山(391m)」。最高峰は「ラムラム山(405m)」だそうです
 (これは車窓からなのに覚えている:笑)

 ここまでは、観光だったが、ここからは、戦争の爪痕となり

10:戦争記念館(撮影:奥様=α-6000)
GUAM-2-2-11


11:(旧:日本海軍)特殊潜航艇。正式には「甲標的」。
   真珠湾で引き上げたのを、修復して、ここに移管したらしい(ガイドさん談)
GUAM-2-2-9
 ここでガイドさん(年配の日本人女性)が、(これは)「人間魚雷」みたいな説明をしかけたので、
私が、「違う、これは魚雷を発射して攻撃、その後、帰還することを前提とている」、と、反論(笑えない)
 まっ、説明書き(撮り忘れ)には、「2人乗りの潜水艦」ときちんと説明されていたが・・・
 また、本当に真珠湾から、移管されたのなら「捕虜第一号」となられた方の艇かもと伝えておきました
 (出典:「伊58潜浮上せり」(初版:昭和27年)、橋本以行著)

12:日米軍、グアム攻防
GUAM-2-2-10
 緑・・・米軍、赤・・・旧日本軍
 太平洋側からではなく、フィリピン側から、だったらしい(知らなかった・・・)

 引き続き、激戦地だった

13:アサン展望台へ
GUAM-2-2-16


14:展望台からの眺望(1600PIX)
GUAM-2-2-13

15:激戦だったそうです
GUAM-2-2-14

と、大戦の跡を見たあと

16:昼食場所
GUAM-2-2-18
 SS1/15で、背景流しています(笑)


17:で、昼食=バイキングだったのですが、一番売れていたのが、この"そうめん"(笑)
GUAM-2-2-17

18:不謹慎かなぁ・・・
GUAM-2-2-15

 まだまだ、続きます
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*