子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
グアムへ-1-1(関空~出国)
 さてさて、前回の意味ありげに乗って頂き、ありがとうございます。

 実は、先週、「グアム」へ行ってきました。今回は、その1回目

 と、云っても、今回の目的は、観光(だけ)ではなく、その往復=道中が主命題。(ナンジャ、大げさな:笑?)

1:出発案内
GUAM-1-1

 と、云うのは、近々、私も奥様も「別・別に(=一人で)」、USA本土へ渡航の予定。
何しろ海外へは、30年行っていないので、出入国の仕方すら、忘れてしまっている(汗)
しかも、その時はヨーロッパ(=VISA不要)で、しかも「添乗員付き」
入国では、添乗員が、「後ろ何人続きます」な感じで、全然苦労もなく・・・

しかし、今回は、一人でUSA(=VISA等必要)なので、どうするのがイイか等々を、
考えれば考えるほど、・・・・・、で、出した結論が

「じゃ、早い話、USAならどこでもイイ。(二人一緒に)、どこかに行って、予行演習しようじゃないの」
また、「グアムだったら、ESTAが不備な時でも、なんとか入国出きる方法もありそうだし・・・(=ハワイは不可)」、
で、グアムとなりました。(あ~、長い:笑)
さて、予行演習開始!
(復習をかねて書いていますので、めちゃめちゃな文章、ご勘弁下さい)

で、先に、結論を
今回の予行演習は、波瀾万丈、特に最終日は、いろいろな体験しました(笑)
でも、その中身は後ほどに(爆)

************************************************************************

閑話休題

まずは、航空会社のカウンターでチェック・インして、チケットをもらい、同時に荷物を預けて

さあ、セキュリティー・チェック=今は大変ですねぇ!

<ここからは、撮影禁止区間となり、画はありません>

昔は、「危険物は、ダメですよ(アタリマエ)」とか、「ポケットのモノを全部出して」程度だったのが、
今や、「液体はダメ」、「ライターは、(特別に)1ケだけ→ビニル袋に入れて」とか、制限一杯!
(隣の列で、「チェックに引っかかって没収されている」のを目の当たりにしました)

でも、我々は、何も引っかからず。

私のカメラバッグ(=ややこしそうなモノ(電池や充電器等々))、も、
何のおとがめもなく、無事通過(ホッ)
そうそう電池の端子は、ビニルテープを貼っておきました(笑)

そういえば、フィルム時代、(予備フィルムを)X線遮断袋に入れて、
毎回目視検査を受けていたのも、過去の思い出(笑)

で、セキュリティー・チェックを終えて、次は、出国手続き。

出国手続きって、30年前は、「出国カード」に、いろいろ記載して提出。
押印後「半券」もらって、「これ、無くしたら、日本に戻れませんよ」と、云われたりしたが
今はパスポートとチケットを出すだけ。
パスポートに、「出国」の印は押してあったが、「半券」は無し→楽になりましたね。 

2:出国終えて、免税店辺りから
GUAM-1-3

 検査・出国通過でほっと一息(笑)

4:日本での食べ納め?(爆)
GUAM-1-2

5:さあ、禁煙開始、の、前に(爆)
GUAM-1-4

6:免税店の前をトボトボ歩いて、ウィングシャトル乗り場へ
GUAM-1-5

 関空経験者のわが子たちから「(空港内で)親父が好きそうなモノに乗れるわ」と聞いてはいましたが

7:ウィングシャトル
GUAM-1-6

8:やっと搭乗口へ
GUAM-1-7
 「7番ゲート」と云うから、幾分近いのかなって思ってましたが、ほんと建物の北端でした!

9:これに乗るんです(笑)
GUAM-1-8
 前回の「757」です。この後、前回写真の通り飛び立って

10:こんな経路を飛びます
GUAM-1-15
 グアムの時差、(JST)+1なのですが、経度は、道東と変わらず(笑)


11:左旋回中
GUAM-1-9
 離陸後少しして(=和歌山沖)で、軽く左旋回。この後、海岸線に沿って"南南東"方向に


12:和歌山のどこか(笑)
GUAM-1-10

13:潮岬(黒矢印)、通過→日本よ、さようなら(笑)
GUAM-1-11
 
14:ランチ・タイム
GUAM-1-12
 80年頃、伊丹~千歳便に出ていたような軽食(笑)

15:中身(笑)
GUAM-1-13
 85年のヨーロッパ便は、豪華でしたが・・・、まっ、3:30のフライトだし、こんなモノか(爆)

16:高度11,000m強(39,000ft)を、飛行していたのでしょうか。上を見ると、暗い=宇宙?
GUAM-1-14

17:南下するにつれて、晴天域に
GUAM-1-16

18:北海道沖から伸びている、前線の雲でしょうか?
GUAM-1-17

 さて、関空出発から2時間強経過。 
 折角、窓側をゲットしたのに、見渡す限り、海か雲
 そろそろ、退屈してきました(笑)

<予行演習の成果-1>
1:出国に際し、問題は無し=適応できた(日本語通じるので、なんとかなるか:笑)
2:しかし、USA本土へは、12~14時間もかかる
 窓側をゲットしても、景色はない。 絶対、(退屈に)対策必要。
 だけど、どうしよう・・・・


 当分続きます(笑)
コメント
この記事へのコメント
タブレット買って、本と動画を入れておきましょう。w
でも長時間なら 寝て過ごすのが一番かも。w
2015/03/18(水) 21:10:00 | URL | grahampenguin #.E1XRFKM[ 編集]
渡米時はもうちっと豪華
渡米時はもう少し豪華なご飯が出ますよ。
たしか、ランチと朝食・・・だったかな。
あと、おやつとしてナッツかクッキー(選ぶ)が出ます。

タブレットデビューしてください。
2015/03/18(水) 23:56:36 | URL | Kawausso216 #-[ 編集]
grahampenguin さん、ありがとうございます。
あはっ、タブレットに入れて持って行く、ですか?。イイかも(笑)
DVDプレイヤー+DVD十数枚かな、くらいは、考えていたのですが、
こっちの方が良さそうですね。

ありがとうございました
2015/03/19(木) 09:27:43 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
Kawausso216 さん、ありがとうございます。
初めまして。
コメント、ありがとうございます(笑)

そうなんですか、もう少し良い物、で、2回とは・・・。
そうですよね、12~14時間かかるなら、お腹も空きますよねぇ~。
いや、動かないから、あまり減らない、かな(笑)
食べ過ぎて、お腹壊したり(爆)

で、タブレットですか、イイかも!
老眼で読めなかったりして(爆)

ありがとうございました。
まだまだ続きますので、今後ともよろしくです
2015/03/19(木) 09:57:48 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
機内での過ごし方
先ずは、座席ですが、エコノミーでしょうか、プレミアムエコノミーでしょうか?
(ビジネスってこともありですか?)
どちらにしろ、席は、出来る限り通路側をとるのがベストです。
トイレにたつ際、窓側だと、隣の席の人に気を遣って、非常に不便ですから。

で、機内での過ごし方ですが、自分の場合は、機内の映画+睡眠で乗り切っています(笑)
ただし、使う便が、JALかANAかが条件です。JALかANAなら、映画は吹き替えも字幕もありますし、
さらにTV番組の録画もあって、
片道12時間くらいなら、往復でも十分なコンテンツ量があります。
また、機内のような場合以外、まず見ないだろうと言う映画を見るのも、けっこう面白いです。

DVDは持っていっても、多分、見ませんヨ。現地に着いたらホテルでは、絶対見ません(笑)
その荷物の分は、カメラ機材に回したほうがいいです♪

タブレットで読書というのも、いい手ですけど、
よっぽど読書が好きで無い限り、これもあまり使わないんじゃないかと思います(笑)
2015/03/19(木) 19:28:15 | URL | yknd #uJrgqyVA[ 編集]
yknd さん、ありがとうございます。
大変詳しいアドバイス、ありがとうございます。
座席は、まぁ、家内はせめてビジネスかなぁ、と、思ってはいますが、
まだ何も決めていません。(私はエコノミーでしょう:笑)
確かに、今回は、3座席のABで取ったのですが、
往路はC席空いていたので、全然問題なく、
でも、帰路は、色々あって、満席で、やはり苦労しました。

やはり、映画+睡眠ですか・・・
でも、私、寝られないのですよねぇ(涙)
思いっきり酒飲んで、寝る努力をしょう(笑)

飛行機ですが、残念ながら直行便の関係でJALでもANAでも無いんです。

で、DVDではなく、やはりカメラですか(笑)
今回はTAM18-200mmのみでしたが、ツァイスも持って行こうかな(笑)

引き続きもアドバイス、よろしくご教授下さい

ありがとうございました。
2015/03/19(木) 20:21:19 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*