子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
文化の日@四国-3-2 (別子銅山跡=東平編)
「文化の日@四国」の3日目

前回、時間に追われながら、たどり着いた目的地は、「新居浜」のとある場所
そこにあるのは、

1:マチュピチュ(笑)
文化の日@四国-3-2-1

 詳しくは、続くに
 やっとの思いでたどり着いたのは、予約時刻10分前
 もともとのMyスケジュールでは、30分以上前に到着して、昼食もとって、の、
予定が、大きくずれて・・・
 昼食抜き、もちろん、撮っている間もなく、急いで手続きを・・・

2:到着したのは、こんな所(撮影:奥様)
文化の日@四国-3-2-5

 ここは、道の駅「マイントピア別子」、と云う所ですが、単なるドライブイン的な道の駅ではなく
 "別子銅山跡"を見学出来る施設=テーマ・パーク的になっています

 ↑は「端出場(はでば?)」地区の建物で、まだ、下界(=普通の道の駅+α)
さらに、(山奥に)「東平(とうなる)」地区に、別のゾーンがあり

 この、「端出場」地区だけの見学なら、時間に追われることも、なかったのですが、
「東平(とうなる)」に、行こうとすると、ここで、ガイド付きのバスに乗り換え(要:予約)

 で、今回は、まず、山の中=「東平(とうなる)」ゾーンを

3:こんなバスに乗り換え。(撮影:奥様=東平(とうなる)」到着後)
文化の日@四国-3-2-3

4:「端出場」からは、こんな道を通って(撮影:奥様)
文化の日@四国-3-2-13

 と、書けば、「マイカーで行ける」様に見えます(=現にマイカーでも来られていました)、
 しかし、この先、国道から分岐して・・・。その道が、ほんと超狭い
=マイクロバス一台がやっと通れるような箇所が多々=京都で云うなら、「京見峠の杉坂側」が相当するかな?

 なので、(我々の乗った)マイクロバスの前に、小型の先導車が走り、対向車に"離合可能な場所"で、
「(後続に)バス○台来ます。ここでお待ち下さい」と、誘導しているそうです

 私的な感想=(道幅見て)「My Carで、行こうと思わなかってよかった」ですし、バスに乗り換えると、
ガイドさんが付いていますので、現地だけでなく、道中も、いろいろ説明を聞けます

 料金は、「端出場」も見学をセットにすると、大きな割引になっています(PRしすぎ:笑)
 
 で、バスに揺られて、約30分もかけて、到着 

5:説明です(1200PIX)
文化の日@四国-3-2-4

6:1を見下ろすと
文化の日@四国-3-2-2
ココだけ見れば、竹田城より、狭い?、ですが・・・。(竹田城は、ココココ)

7:右を見れば、山(=銅山)です==>一番奥の山の向こうから採掘が始まったそうです
文化の日@四国-3-2-10

8:現在位置が"青矢印"、↑は"黄色囲み"方向(5000pix)
文化の日@四国-3-2-12

9:左を見ても、山、ですが、遠く「新居浜」の街・海・島が見えます→海抜750m
文化の日@四国-3-2-6
 BK山で採れた鉱石を、下界まで運んで精錬

10:その当時
文化の日@四国-3-2-15
 ここ「東平」は、鉱石を集める、中心地だったそうです
 こんな山奥に、最盛期は5,000人もの人が住み、保育園~中学校・プール、病院はもちろんのこと、
娯楽場まであったという、山中の都市の様相を呈していたそうです
 ↑写真のように、斜面ばかりなので、運動場は、「近くの山頂を削って」平らにして、作ったそうです

 と、ガイドさんの説明はこれくらいにして(笑)

 下に降りて、
11:左前方からの、ど逆光!に挑戦(笑)
文化の日@四国-3-2-7
 久々の裏技、「70-200mmG」のフードを「17-35mmG」に付けて、それでも足りないので、手でハレ切りして(笑)
 傍の「Nikon」使いの方に、じっと、見つめられました(笑)


12:説明書き
文化の日@四国-3-2-11
 ここに記載されている「端出場」が、2です(詳しくは、次回)

13:横から見れば
文化の日@四国-3-2-9

14:全体は、"こんなん"だそうです。→向かいの山から撮るとは、ズルイ(笑)
文化の日@四国-3-2-8
 非売品をパチリ、アップしてイイのかな(汗)
 HPにアップしているくらいだから、イイでしょう(笑)

15:現存する、当時の建物
文化の日@四国-3-2-14

 次回は、「端出場」です
コメント
この記事へのコメント
●こんばんは。
私も11年の五月連休に行ってきました。奥まで自家用車で行ってきましたが、小さな車だったので大丈夫でした。
かなり感銘を受けて、後に生野銀山や多田銀山に行ったりしました。
近い内に石見銀山にも行きたいと思っていますがいつになることやら。
2015/02/08(日) 23:05:38 | URL | かずけん #fo/KTNEA[ 編集]
かずけんさん、ありがとうございます。
あははっ、出向かれていましたか
さすが、地元(笑)
2011年に、もうあったのですね。
2015/02/09(月) 21:03:24 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*