子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
日本一・低い・・・
 前回は、日本一・落差の滝、でしたが、
今回は、日本一・低い・・・、です


1:ん、何の看板?
分水嶺-1
道路標識?、でもなさそう

 昨年(2014年)5月撮影
2:下には、小川→そうです、分水界(分水嶺)です
分水嶺-5

中央分水界と云えば、東では「碓氷峠・野麦峠」、近畿圏なら「氷ノ山」、京都なら「観音峠」等々が有名?ですが
ここ、兵庫県丹波市氷上町石生は、「日本一・低い、中央分水界


3:説明書き(1200pix)
分水嶺-2
中央分水界(中央分水嶺)とは、日本の太平洋側と日本海側とを分かつ分水界である。(wikiより)
ようするに、降った雨が、太平洋側に流れるか、と日本海側に流れるかの、境目です

ここは、標高101m。
この地点より、「800mほど離れた交差点付近が、日本一・低い標高 95m」だそうです


4:運命の分かれ道
分水嶺-6
ここで右へ行けば、日本海、まっすぐ行けば、太平洋(瀬戸内海)


5:展示館に入ると
分水嶺-4
 これはちょっと怖い話
 もし、海面が100m上昇すると、黄色部分は水没、ここ「氷上」が本州を2分する「氷上海峡」になる、を表しているそうです
 それ(海面上昇)を実際に見せるジオラマもありました

 分水嶺の見学を終えて、柏原町に移動

6:立派な、大木だが
分水嶺-3

 さらに、

7:根が、橋になっています
分水嶺-7

8:説明書き
分水嶺-8


コメント
この記事へのコメント
こんばんは^^

この分水嶺、かなり前にテレビで見ました。
案外近くにあるんだな~というイメージです。
このけやきの木、立派ですね~。

↓の北陸シリーズ、親不知に称名滝といいところへ行ってますね。
そのうち見に行くぞ^^
2015/02/02(月) 22:03:57 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
masa さん、ありがとうございます。
へぇ~、TVでやってましたか?
私は、分水嶺を調べていて、えっ、ここに、で、なら30年ぶりに氷上に行こうでした。

親不知に称名滝、良いところでしたよ(笑)
徒歩がちょっと大変かな(笑)
京都からだと流杉PA/SICまで、3:00位(休憩除)、滝までは、+1時間弱でした。
是非、お出向き下さい。

ありがとうございました

2015/02/03(火) 10:33:02 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*