子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
秋分の日@軽井沢-3-5(帰路:称名滝-2:到着)
「秋分の日@軽井沢」の帰路
最終回

いよいよ、称名滝

1:称名滝。これぞ、落差350m=日本一の大瀑布
秋分の日@軽井沢-10-5
下部(4段目=途中で一旦キックしているが、その上の落ち始めから)だけで、126m。(那智の滝133m。華厳の滝は97m)
って、写真では、廻りも大きすぎるので、実感が伝わらないかも・・・


原画はココ(クリック)
2:やっとの思いで、橋の所まで来ました
秋分の日@軽井沢-10-10

 1はこの橋上から、パチリ

3:滝の説明(撮影:奥様)
秋分の日@軽井沢-10-6

4:奥様撮影の称名滝
秋分の日@軽井沢-10-1

5:展望台に登り(撮影:奥様)
秋分の日@軽井沢-10-2
展望台→登りましたよ(笑)


6:展望台から=完璧に「観光写真」(笑)
秋分の日@軽井沢-10-7
 展望台からは、滝下部が見えなくなります


折角、望遠も持ってきたのだから、って

7:1段目
秋分の日@軽井沢-10-6

8:4段目
秋分の日@軽井沢-10-8

9:瀑布
秋分の日@軽井沢-10-9

 たくさんの写真+動画も撮りましたが、どれも同じようなものばっりで・・・・
 まっ、やっと来られた「称名滝」を十分満喫して、帰路に

 高速へ向かう途中で

10:「剱岳」が見えました
秋分の日@軽井沢-10-11
 「今回も、「剱岳」見られないのかなぁ」と思って走っていたとき、運良く、見えました
 慌てて、脇道に入り、パチリ

 ほんのこの一瞬だけ、レンズ付け替えている間に、また、雲の中に隠れました

 後は、高速で、300km超、無事帰りました

 長々と「秋分の日@軽井沢」、ごらん頂きありがとうございました
コメント
この記事へのコメント
ついに称名滝ですね(笑)

落差350mというと、ほぼ東京タワーと同じ高さですが、
大きさといいますか、高さの感覚って、ロケーションによって受ける印象が違って、難しいですね。

8~9枚目が、いかにも「瀑布」って感じで良いです♪
2015/02/02(月) 14:41:50 | URL | yknd #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます。
はい、やっと到着しました(笑)

仰る通りで、まず、崖が500mの絶壁、+周囲の広さ、で、(大きさ・広さの)感覚が全く異なる世界でした
国土地理院の地図からの推測ですが、
1枚目の滝全景は、撮影ポイントから瀑布までが200m位、その距離で、28mm域=42mm、なので、大きさご推察下さい(笑)

調べました=>
 京都で云うと、京都駅ビルから京都タワー(131m)の2.5倍強を見る
 東京タワーを芝公園の真ん中から、見ている事になるのでしょうか・・・

 瀑布の写真、ありがとうございます。100-300mmを持って行った甲斐があります(笑)

 ありがとうございました
2015/02/02(月) 15:36:15 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*