子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
秋分の日@軽井沢-3-1(帰路:筒石)
「秋分の日@軽井沢」も最終日

帰路を数回に分けて、って、また、あっちこっち立ち寄ってる
本日の走行予定距離=650km(笑)
(GW(2014年)帰路の時、立ち寄れなかった所を狙い撃ち)

その第一弾

1:ここどこ?
秋分の日@軽井沢-5-5
 帰路は、例によって、日本海経由

2:黒姫山と妙高山
秋分の日@軽井沢-5-1
 「妙高~二本木周辺は、GWに訪問済み」(クリック)なので、通過して

 上越JCTを富山側へ。「名立谷浜IC」で降りて
 (GW時は、上越から新潟方向へで「ほくほく線」撮り)(クリック)

今回は、
♪越後、筒石、親不知・・・(かぐや姫:山椒哀歌=デビューシングル「青春」のB面)

3:「筒石駅」へ
秋分の日@軽井沢-5-8
 この看板がないと、絶対行きすぎてしまう程の隘路へ分岐すると

4:こんな建物
秋分の日@軽井沢-5-6
 北陸線の駅なのに、"架線"も"ホーム"も何にもない

5:そう、「地下駅」。=こんな説明書き。(2000pixです。クリックで文字読めます)
秋分の日@軽井沢-5-4
「美佐島駅」「湯檜曽駅(下り)」「土合駅(下り)」等、同様の「地下駅」です(ここは上下線とも地下)

6:ホームにたどり着くまで、290段
秋分の日@軽井沢-5-3
 駅員さんからは「行けますよ」とおすすめ頂いたが、往復で580段は、ムリ・ムリで、諦めた(涙)。
 (運転手は私だけなので、後の行程、影響大。まだ500km残ってる:笑)

7:300万年の歴史=「砂岩泥岩の層」だそうです
秋分の日@軽井沢-5-2


8:すぐ近くに「北陸道」
秋分の日@軽井沢-5-7
 画面左側・高架の下は、海が見えていますが、駅は山の中です

 続く
コメント
この記事へのコメント
こんばんは^^

あっ、筒石駅だ!
この駅も行こうと思って計画してましたけど、結局行かず。
距離があるので、またそのうちと思っているうちに、「きたぐに」の廃止。
なかなか行けない駅です。
2015/01/27(火) 21:14:57 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
masaさん、ありがとうございます。
は~い、筒石駅、行ってきました(笑)
でも、ホームには、降りませんでした(爆)

富山までならまだしも、さらに糸魚川を超えてとなると、そう行ける距離ではないですね。
(往復で1,000kmになるかな)

新幹線が開通しますので、電車でなら、楽でしょう?(笑)

ありがとうございました
2015/01/28(水) 13:38:34 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
新年のご挨拶以降、もうご無沙汰しっぱなしで申し訳ありません。
ドンドンROMだけになっています。
我ながら、熱意の欠如を実感しています~(笑)

さて筒石駅、こういうことで有名なんですね!
しりませんでした。
実際は違いますが、数年前に行った黒部ダムを連想しました。
なんだかスゴイ駅ですね!(笑)
2015/01/28(水) 17:46:36 | URL | yknd #uJrgqyVA[ 編集]
YKNDさん、ありがとうございます。
こちらこそ、ご無沙汰致しておりますm(_)m
私は、去年1年サボりまくりましたので恐縮です

で、黒部ダムですか?
確かに、そうかも。
こっちは、もっと暗かったです(笑)

上越線にも、「土合駅」等、地下駅があるのですが、新幹線になって、もう乗られないですよね
今、有名なのは「ほくほく線」十日町付近の「美佐島駅」かな?
乗車列車到着まで、ホーム立ち入り禁止の駅です

ありがとうございました。
2015/01/28(水) 19:49:15 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*