子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
だな、やっぱり(笑)
1:α-6000には、やっぱり、これだな(笑)
EA4-1
 このAFは、ボディー駆動。(三脚座はレンズ部を使用)
2:こんなんも(笑)
EA4-2
 このAFは、レンズ内駆動。(三脚座はアダプター部を使用)
 (このZA、使い倒しているせいかな、それとも雨粒のせいか、ゴムリングかなり白くなってきた:汗
  =>と、云いつつ、「使い方が悪い」とは、云わない身勝手さ:笑)

3:で、こんなんです
EA4-3

これぞ

4:「トランス・
EA4-4

5:ルーセントミラー」(笑)
EA4-5

6:AFはココ
EA4-6

装着すると

7:背面ディスプレイ(ファインダー)は・・・。これは通常、(=Eマウント・レンズ装着時)
EA4-10

8:こんな風に変わります。(Aマウント・レンズ装着時)
EA4-9
 れれっ、(所持している)α57と一緒=>(37~65は、同じだったっけ)。
 ロックオンAFを試したところ、α58同様の長方形になるので58同等かな?
 (ロックオンAFは、カメラ本体のアルゴリズムと推測するので、違うかも・・・)

 AF速度も、57とあまり変わらない?かな。(まだよく判っていません)
 77,77-2とか99お持ちの方には、AFポイント数等々で、物足りなく・・・?(持ってないのでわかんない:汗)

9:こんなケースに
EA4-7


最後に

10:こんな注意書き
EA4-8
Minolta時代からだと
200mm Macro
80-200mm F2.8
300mm F4
400mm F4.5
600mm F4
も、対象だと思うが、これは、SONYではないか(笑)
あっさり、「三脚座付きレンズ使用時は、レンズ側の三脚座をご使用ください」、で良いのでは。
これも時代か・・・

それにしても、「カメラとレンズの両方をしっかり持て」、って、
まぁ、持ち上げる際には、レンズを持つが、
歩く時は、ショルダーだけで、ブラーンでしょう。
持って歩くこと厳禁か?

じゃ、もっとも重いEマウント、調べてみようか・・・
多分、FE70-200mm F4G OSSだろうなぁ

コメント
この記事へのコメント
どっひゃーさんにっぱが付いてる。wwwww

銀塩換算で450mm?
こんなの持ち歩いたら カメラ知ってる人には注目されまくりですよ。

マウントアダプター…私も使うときはレンズ持ちますね。
手持ち撮影がほとんどなので三脚穴は あまり使ってません。w
ケースは防湿庫で眠っています。

Za ほんとに使い倒してますね^^
2015/01/20(火) 21:43:57 | URL | grahampenguin #.E1XRFKM[ 編集]
こんばんは^^

α6000にはやっぱ、このレンズですな^^
こんなの持ち歩いたら目立ちまくりですね~。

このマウントアダプターの存在を知ったのは、割合最近です。
それ以前も知ってたような気もしますが、案外とα7がフルサイズということを知りませんでした。

しかし、αレンズをつけて普通に撮れるというのは、いいですね~。

2015/01/20(火) 22:49:51 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
grahampenguin さん、ありがとうございます
あははっ、328-->やってみたかったんです(笑)
実際、こんなんつけて、持ち歩くなんて不可能です-->重すぎます(笑)
それに、マウントの方が心配です(涙)
高感度が使い物になってきたので、三脚の出番は、少ないでしょうね
2015/01/21(水) 13:50:12 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
masa さん、ありがとうございます
あははっ、でしょう(爆)
でも、ここまでやると、マウントの方が心配ですわ(涙)

改めまして、α7、おめでとうございます。
>・・・割合最近です。
 あはは、完璧にNIKONに行かれてましたね(笑)

>αレンズをつけて普通に撮れると・・・
ホント、イイですね。
ただ(私ごと)、手ぶれ続出しています(笑)
2015/01/21(水) 14:02:20 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*