子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
鷹峯-2014
 この季節、毎度毎度の鷹峯ですが、まっ、実家ですので(笑)

1:今年は、ズームではなく、28mmf2、100mcro、STFの単焦点3本で、(でも、広角たらんのよね:涙)
鷹峯-2014-1
 地名の文字、修正されていました。一昨年はここ(クリック)

 でも、今年の鷹峯は・・・!
今年の「そうだ京都行こう」のポスターが「源光庵」だと~~

じゃ、どんな人混みになっているのじゃ、と、野次馬で(笑)

結果、今年の鷹峯は、例年以上というか、まるで嵐山状態でした

2:こんな看板、はじめて(笑)
鷹峯-2014-2
 そうなの、車止められるところ無いよ(ほんと?だよ:笑)

じゃ、どうするの

3:臨時バスが走り、でも、後ろは大渋滞→どこ止めるんじゃ!
鷹峯-2014-3
 今年は、バスが環状線(山手線)なみのタクトで走っていますが、すべて見事に、超満員

4:このありさま
鷹峯-2014-4

 今年から、源光庵「撮影禁止」になったようですね。しかも、拝観料、今月だけ高かったりして(笑)
 で、「悟りの窓・迷いの窓」はここ(クリック)

5:人が減った瞬間を狙って
鷹峯-2014-5
 人少ない?ではなく、ずっと人いっぱいすぎて、「どこを撮っているか判らない」、で、ちょっと粘って、空いた一瞬

6:源光庵の紅葉
鷹峯-2014-6
 例年は、「光悦寺」のついでに「源光庵」だったのが、今年は、主客逆転、「光悦寺」が空いて見えました
 恐るべし「JR東海」

今日の状況を見ると、2008年当時は、まだ空いていた
しかも、こんな事書いておいたのに・・・

(この季節の鷹峯を紹介すると、ぼやきばっかりだなぁ:(汗)

で、野次馬したので、私は例の場所

 ここも、年々人が増えています(紹介しているから仕方ないか・・・)

7:
鷹峯-2014-7

8:
鷹峯-2014-8

9:
鷹峯-2014-9

10:これは、「常照寺」
鷹峯-2014-10

 過去の鷹峯はここ(クリック)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*