子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
餘部鉄橋=2013-1
 さてさて、山陰三昧、その3

 「竹田城趾」から、「八鹿」-「豊岡」を抜けて、次にたどり着いたは

1:餘部鉄橋=(新橋:3枚合成)
餘部2013-3
 橋右1/3辺り、歪んで見えますが、これには訳が(次回ご紹介)


 で、ここ餘部には、2007/3以来の訪問。この時は、まだ旧橋(クリック)
と、云うより、「新橋に掛け変わる前に」で出向いた、「餘部鉄橋」

2010年頃に、周辺道路が整備され、車で行きやすくなりました


2:到着(My Carと2ショット:笑)
餘部2013-1
 橋梁高は40m超、My Carの車高は1.9m、20倍あるのかな(笑)


3:キハが来ました(鎧駅側)
餘部2013-4


4:餘部駅
餘部2013-7
 鉄橋に近づき過ぎと、1のように、周辺建物の関係で、アップできるのは、これだけ(涙)


 で、「竹田城趾」-「立雲峡」と山登りしてきて、すでにmy両足君かなりお疲れ状態。
「駅へ登るのをやめよう」と、思っていたが・・・(笑)

5:まっ、橋の下までと、「旧橋」
餘部2013-6


6:「旧橋、この位保存されるようです」(オイオイ、登っているし:笑)
餘部2013-5


7:定番ショット
餘部2013-2
 ここの傾斜、半端じゃないですよ。最勾配角40度とありました

2007/3の、この周辺の画は、ここ(クリック)


 駅と、例の撮影ポイントは次回に
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*