子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
「私のオーディオ遍歴 第四十五話 頭使った配線」
 HDMIを持たないMY オーディオ。
 Blu-Rayを折角ゲットしたのに、コンポジットで繋ぐでは、意味がない

<いきなり余談>
*****************************
 日本語では、「ブルーレイ」なのですが
 英語表記は、普通に書けば「Blue-ray」ですか、
「Blu-ray」と「e」が無くなるって、ご存じでしたか?
********* 余談終わり ********


 じゃ、新しいのはリビングに設置してMY ROOMは、リビングで使っている出力端子フル装備機種を譲り受けようと。
 答え単純でスミマセン。


1:Panasonic BW-780
780


 前回のCATV用のセットトップボックスもMY ROOMに移設と(CSは私以外見ないので)、ココまではハッピーだが

 さあ、これからが大変。入力機器2つ増えて、これを、サラウンドアンプ・プロジェクター・TVに、可能な限り、イイ映像で供給し、音は"DTS"再生なども可能なままに、の配線を・・・
 さらに、これを機会に、VIDEO等の資産もDVD化しようと、その配線も考慮して・・・
 まずは、現有機器の入出力端子の確認から。
 殆ど頭に入っているが、
1:入力機器2つ増。
2:HDMI装備のないアンプ
3:VIDEO資産のダビング可
を、含めた配線になると、頭で考えているだけでは、どこかで入出力端子が不足とか線が重複して、さっぱり・・

これを機会にひとまず整理

2:機器の入出力端子
AUDIO機器
 (画像大きいです。興味おありで、詳しくご覧頂く場合、画像クリックで)

 まず、一番重要なのは、プロジェクターのコンポーネント端子(Y/Pb/Pr)に、どの機器から繋ぐか

 従来プロジェクターのコンポーネント端子にはLD/DVDから直接繋いでいたが、それは、アンプにHDMIは当然のことD端子もなく、当然出力は「コンポジット(RCA)とSしかない」のが理由。(画面紫色)。

 で、"D"はケーブル分離で、コンポーネント(3線)へ接続可能なので、まずそれをピックアップ。(画面橙色)。
 =LD/DVD,STB,HDD

 今回、これら全てHDDに入力するラインを形成するので、HDDのD端子をプロジェクターのコンポーネントへ、と決定。

 結果、画像切替は、HDDで、音切替はアンプでと、奇妙な配線になるが・・・

 で、この後を書けば、枚挙にいとまがないので、いきなり結果を

3:こんな配線
AUDIO配線
 (画像大きいです。興味おありで、詳しくご覧頂く場合、画像クリックで)


 自画自賛ですが、うまくやったなは
1:STBとHDDをi.Link(TS)で接続。TS(DR)モード視聴・録画可。
  但し、同時録画のためにアナログも繋いでおく。iLink録画中、HDDを操作すると、録画が止まる・・・(汗)。

2:HDDからの"光"音声は、空いているMD/TAPEに接続=>"DTS可能"
  LD/DVDはLD AC-3入力(古)の為、LD入力を外せない。
 =>「VCR接続」になるHDDから光接続はできない=>"DTS"再生等が不可となる。
  だが、「MD/TAPE」接続には、画像はないが「光」入力はある。

  マイAV-AMP=DSP-A2(AMP)は、「リモコンでCD等音だけ入力に切替時画像は直前のセレクトを維持される
  と云う変わった?機能があるので、HDDからの"光"は、ココに接続=>"DTS可能"(笑)
  オマケ効果が、アンプ側のD/Aコンバーターを使うので、音がよくなった
  もう一本デジタル出力があれば、D-10のD/Aコンバーターが使え、さらに良くなるのだが、DTSを優先した

3:STB,HDDから、余った"S2"をTVに接続
  プロジェクターを燈けるまでもなく、TVでちょっと見るだけに対処。(コレには訳が・・次回説明)

4:ピュアー(アナログ)ラインは残した
  LPレコード->プリ->メインのラインはしっかり残ってます(笑)

5:全ての機器は、アナログでも繋がっている。

 これだけでも、十分にややこしいと思われるが、実際使うとなれば、ほんとややこしい
 これ見るときは、これとこのリモコンで、あーして、こーして、と、未だ理解できていない(笑)
 例を挙げると、CS放送をプロジェクター投影しようとすると、
1:サラウンドアンプ=ON
2:メインアンプ=ON(手動)
3:HDDレコーダー=ON
4:HDDレコーダー=TS入力選択
5:プロジェクター=ON
6:プロジェクター=INPUT A選択
7:サラウンドアンプ=MD/TAPE選択
となる(笑)

これでCSの番組表を見ようとすると、
8:サラウンドアンプ=TV/DBA選択
9:プロジェクター=VIDEO選択
OR
10:TV=ON
11:TV=VIDEO-2選択
と、誠に奇々怪々(爆)

 これだけ電源投入に手がかかるから、OFFも大変と思われる方もあろうが、
全ての機械にタイマーOFFが付いているので、
1:プロジェクターのタイマーON
2:サラウンドアンプのタイマーON
3:さらにTVに目覚ましセット
すれば、他は
4:HDDは2時間未操作でオート・オフ
5:メインアンプはコンセントタイマーで、毎日定時にオフされる
 これで、うっかり寝入ってしまっても大丈夫と、心置きなく寝転がって見ることが出来る。

 HDMIを持ったアンプ・プロジェクターに更新すれば、こんな苦労もないのだが、今度は逆にアナログで苦労しそうだし、さらに今のアンプはどうも音が良くないと評判もある。また、HDMIで画像と音を一緒にした弊害もあるような、ないような話も飛び交っているし・・・

 プロジェクターには、HDMIはロングコードが・・・で、アンプとプロジェクターと無線で繋ぐようなことになっているが、無線にそこまで・・・と思う昭和人


 ところが、一旦配線完了で試しに投射すると・・・、で、続く


<現在の機器>
[レコード・プレイヤー]
 ターンテーブル:Thorens TD-321mk2(ベルト型)
 トーンアーム:SAEC WE-506/30
         :SME 3009S2improved
         :(SAEC WE-308New)
 カートリッジ:SATIN M-117X(E)
         :ELAC STS-355E
         :Ortfon VMS-20E
         :DENON DL-103D
         :DENON DL-103
         :DENON DL-103SL
         :Shure V-15 typeⅤ-MR
         :Dynavector KRAT 17D2 MK2
         :DENON DL-103FL

 昇圧トランス:自作

[レコード・プレイヤー・セット]:Micro DD-5

[カセットデッキ]:(Sony 222ES)
[チューナー]:TRIO KT-6005
[ビデオデッキ]:(Mitsubishi HV-V6000)
          :Mitsubishi HV-V930
[DVD・LDプレイヤー]:Pioneer DVL-H9
[BD・HDDプレイヤー]:Panasonic BW-780
[CD トランスポーター]:ESOTERIC P-10
[DA コンバーター]:ESOTERIC D-10
[CATV セットボックス(CS)]:Panasonic TZ-DCH820

[アンプ]
  プリアンプ:DENON PRA-2000
  メインアンプ:Lux M-06α
  サラウンド・アンプ:YAMAHA DSP-A2
  プリメインアンプ:YAMAHA A-1

[スピーカー]
 メイン:TANNOY:Eaton
 スーパーウーハー:YAMAHA YST-SW500

 <サラウンド用>
 リア:YAMAHA NS-1000MM
 フロント:YAMAHA NS-1000MM

 PE-16+自作ボックス
 P-610DA+自作ボックス
 FE-103++自作ボックス

[ヘッド・ホン]
 Stax:SR-Λ Signature
    :SRM-1 MK2 Pro(AMP)

 YAMAHA:HP-2
 Naplex:HT-5(AMP)

[プロジェクター関連]
 プロジェクター:EPSON EMP-TW200H
 スクリーン:AMV-80C(グレイマット・アドバンス 80inch)
        :Super Grain Beads 260G(60inch)


 太字=現用
 ( )=故障等で使用不可





copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*