子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
これが、one of "Clement"(クレメン)
 ネット検索しても、ほとんど出てこない、「クレメン」のタイヤ

 私的記憶では、70後半~80年頃、「アルプスの下りで、コースアウトしたくなければクレメンを使え」(もっときつい記述だったかと)、とまで云われたクレメン。
 パーツが「カンパ」に席巻されても、タイヤは「クレメン」、リムの「Mavic」と並び、仏最後の砦?=こんな時代でした


 クグりまくって出てきた「クレメン」の説明には、やはり「伝説の・・・」と云う記述が多く

 これです

1:クレメン、「カンピオニッシモ・セタ・エキストラ」
CREMENT-1


 クレメンと云えば「(クリテリウム)、セタ・エキストラ」が有名ですが、これは「カンオピニッシモ」

 セタとは絹のこと。緑ラベルは、セタを使っているタイヤの証です

 また、中のチューブはブチルではなく、ラテックス。

 セタと相まって、しなやかでホント乗り心地はイイのですが、当時のラテックス製ゆえ、前夜に空気を入れていても、翌朝にはかなり減ってしまうに閉口して、数回使っただけで、冷暗所に保管していました。

 多分、今も使えると思う。

 試しには、つづくに
 さて、20年ほど前のタイヤ。今も使えるのかなと


2:ホイールに、はめてみた。オイオイ、ほんまにホイールだけ(笑)
CREMENT-2
 このホイール、実は650B=26inch、なんかぴったりハマっているし。タイヤ縮んでいるかな(笑)


3:Myランドナー元祖のリム=Mavicです(1976年製)
CREMENT-3
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*