子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
ボス・フリー、その後-2(答)
 前回、Winner5段に付け替えようとしたが、フリーが右(外側)に寄り過ぎて、チェーンがステーに当たるはめに。
 Winnerには、ロー側に少し厚みがある。

1:この厚み
レジナ

 で、答えは、続くに

 厚みで駄目なら、厚みのないフリーを使えば、イイ(笑)
 (答え単純でゴメンナサイ:笑)

2:レジナを付けて
レジナ
 2つ持っているレジナ(のフリー)、先だってまで使っていなかった方
 これ、「13-15-17-19-21」と、Winnerの「13-15-17-19-22」と、ローが一枚違うだけ


3:ギリギリ、クリア。(チェーンはセデスです)
レジナ-2

 フリー、ハマったとはいえ、右一杯に出ている、この位置は、フロント=トリプルの対応位置。
 でも、今のフロントはWギア=確実に、チェーン・ラインが、ずれている・・・。
 フロント・アウターに入れて、リア・ローにすると、チェーン捻れ過ぎになる(涙)
 まっ、アウターのローなんて、本当は(チェーン・ラインずれ過ぎて)、使っては、いけないのですが・・・
 同様に、インナーのトップも使っては、いけません。って、昭和の自転車だけかな。

 上の子のMTB、アウターでロー、インナーでトップに入れても、
 フロント・ディレイラーに擦れる事も無く、使えるものなぁ。平成はスゴイ(爆)
 (平成のフロント・ディレイラー、うまいこと、逃げ(スペース)を作っているのですよねぇ)
 (その代わり、フロントの歯、10枚毎(ex:48-38-28)との、制限があるようだが・・・)


4:横から見て
スポルティフ風改造-2
 フリーのローが24から21になったので、見た目、かなりのクロス・レシオに見えます。いかにも、スポルティーフ風。
 現に、MY Rord(13-14-15-17-19-22)と、変わらない
 (いいや、「タイヤ、太い」って、は、陰の声:笑)



5:燦然と輝く、レジナ・オロとSamplex(見えないか:笑)
スポルティフ風改造-1
 Pix等倍を、ここにアップしました(クリック)。
 圧縮の為、画像荒いですが、何とか詳細に見て頂けます。
 で、ここの画像と、↑3とは、微妙違うのだなぁ(笑)

************************************************

 今回の改造結果では、チェーンラインの問題もあるし、Winnerも使いたいので、再改造(修正)を思案中
1:ハブの左側にあるスペーサー(1~3mm位:記憶不安)を、(一旦外して)、右側にセット
  (エンド幅確保の為、取り外してしまうわけにはいかない)
2:当然、(ホイールの)芯が狂うので、スポーク調整=ホイールの芯出し(=おちょこ組の調整です)
3:ハブの玉当たり調整(ベアリング調整)、面倒だなぁ
と、思いつつ

 ほんと、ランドナーは、メカリスト向き、遊べます(爆)

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*