子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポルティーフ風に(無理ある?)
 またまた、自転車ネタ。

 MY ランドナー、また変更、今度は、「スポティフ」(クリック)風に


 例によって、経緯から

 MY ランドナーは、元々京見峠仕様というか、(京都の)北山を走り回れるように、組んだセッティング。

 ギア比は当然、峠仕様(笑)。具体的に、現在は、
TOP 44x14(ギア比:3.14)。LOW 28x24(ギア比:1.17)。

 この様に、そう重くないギアで、ペダルを踏むではなく、「回す意識」(=ケイデンス(足の回転数)を稼いで)、足(特に膝)を痛めないようにです。

・・・・・・・ 余 談 ・・・・・・・・
 MY ロードレーサー(クリック)は、タイヤ27inchで
TOP 52x13(ギア比:4.00)。これは、下り坂用として、平地は、52x14 or 16(同:3.71 or 3.25)。
LOW 42x24(ギア比:1.82)。
 と、ロード・レーサーは、車体の軽さに相まって、ギア比は、かなり高いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ところが、ほとんど平地ばかりの今の場所。ほぼTOPかひとつ手前のギアに入れ、、あとは、ひたすらケイデンス上げて、って、年寄りには限界がある(笑)

 なので、ロード・レーサーに抜かれるのは当然。しかし、MTBまで抜かれるのは、ちょっと腹が立つ(オイオイ:笑)

 幸い、最近、よく乗っているので、かなり乗り方を思い出し、ペダリングもスムースになって、膝への負担も少なく、回せるようになってきた。

 じゃ、一念発起?、平地バージョンに、しようじゃないの!

 が、発端(笑)


 で、ロードレーサーのギア比までは不要(と、云うか踏めない)だが、3.50位は、踏めるのでは、で



1:いきなり、完成しました
SIMPLEX-9

 これで、タイヤ、700C履いたら、スポルティフでしょう(笑)

 シート・アングルの違い等、フレームの違い多々、やはり、タイヤ(650Bのリムなので)35Bは、いささか、・・・ではあります。(涙)

 続くには、またまた、改造の様子を。




 最近、自転車専門ブログになりました(笑)。適当にスルー下さい。
 ギア比を変えるのに、フリー(後ろの歯)を交換し、13を入れれば、44x13でギア比3.38になる(過去は、そうしていた)が、これ交換するの、かなり面倒だし、失敗すれば・・・、の、危険あり。なので、今回はチェンリング(前の歯)の交換で

2:TAのチェンリング、探すと、結構持っているのですよねぇ~(笑)
SIMPLEX-5
アウター:50,44,42。(何故か、標準の48がない:汗)
インナー:40,37,31,28
 と、出てきた。まっ、(画面右下)は、家内・下の子用に、そろえたのだが・・・

 ここで、アウター、50が出てきたので「よし、これ使おう」。今回は、平地バージョン(スポルティーフ風)なので、
使わないフロント3枚目(28や31)は不要=W(2枚)でいいか、と、考えると、


 変速機も、ツーリング用の「Campagnolo Rally」では無く、「Simplex(サンプレックス)」も、良いんじゃない。
一見、ワイド・(ギア)レシオ風でないので、レーサーぽく見える。
(実はWテンションなので、かなりのキャパシティーはあるのだが・・・)

2:リア変速機。Simplex Super-LJ (多分、LJ 6000)
SIMPLEX-1
 ねっ、小柄でレーサー、ぽいでしょう。事実、「ツール・ド・フランス」でも、使われたらしいです。

 
3:当然、フロント変速機も、Simplex Super-LJ SIMPLEX-3
 取付中=>調整幅、0.5mm、すごいでしょう(笑)


4:変速レバーも、ありますよ。Simplex Super-LJ
SIMPLEX-4
 このレバー、バネ入りなので、引くときの、なめらかさ特筆


 さらに、色々出てきて

5:TAの刻印入り、(組み合わせ)ボルト・ナット
SIMPLEX-10
 これは、トリプル用なので、使うのを断念



6:トリプルとダブルの差
SIMPLEX-7
 リング1枚+スペーサー分、異なります



7:ダブルにするなら、クランク・シャフトも、W用に
SIMPLEX-6
  上:ダブル用、下:トリプル用。
  青矢印の分、平面の長さが違い、全長も違います

 と、色々、持っているのです(笑)


 ここまで、Franceバージョンにしたのなら、とどめは

7:チェーン、SEDIS(セデス:Frane)に(笑)
SIMPLEX-8
 ほんと、色々出てきました。
 こんなの、もう今や入手不可能パーツばっかり。
 (ヤフオク等で、高値出す気なら、ゲットできるかも・・・:笑)


8:チェーンライン(横から)、(後輪に行くほど)、幅が狭まり、レーサー風
SIMPLEX-2
 チェーン・リングが大きくなっただけでなく、変速機も小さくした効果は、ここにあるのです。
 (このギア・レシオなら、ロード用の保守パーツ=Campagnolo 旧-Nuovo Record(クリック)を使う手もあったが、・・・。


 今回は、ランドナー・スポルティフ発祥の地、本来の「フランス製パーツをメイン」に、こだわったのでした(笑)

[ランドナーの現在仕様]
赤色は、今回変更点

フレーム:先代Vigore氏制作(1976年)
 パイプ:石渡 022フルセット、ラグレス仕様
 エンド:シマノ
 サイズ:21インチ
 シート角・ヘッド角=共に72度。
 オフセットは50mm(?)。
 1993年、塗り替え

ヘッド・セット:丹下
ステム:日東 パール(80mm)
ハンドル:日東 ランドナー132
バー・テープ:BBB

BBワン:杉野 
クランク・シャフト:杉野 PW-68 (ダブル)
クランク:杉野 プロ・ダイナミック(165mm)
チェーンリング:TA(50x37) (France)
変速機:前:Simplex SUPER-LJ (France)
     後:Simplex SUPER-LJ (France)
変速レバー:Simplex SUPER-LJ (バネ内蔵型) 変速ワイヤー含
 (France)
フリー:Regina・Oro (5段:14,16,18,21,24) (Italy)
チェーン:Sedis (France)
ペダル:Shimano PD-T780(SPD)

ブレーキ・レバー:Campagnolo Record (Italy)
ブレーキ:Mafac Criterium (カンチ・レバー) 本体ワイヤー含 (France)
ブレーキ・シュー:シマノ R55C3(改)

ブレーキ・ワイヤー(インナー・アウター):シマノ
ブレーキ小物:ダイヤコンペ他(不明)

ハブ:Campagnolo Record LFQR 36穴 (Italy)
スポーク:星 #14-#15ダブルバテッド
リム:Wolber 650B (France)
タイヤ:Hutchinson 35B (仏バルブ) (France)

シート:BROOKS (England)
ピラー:Zeus Criterium (26.8) (Spain)
シートピン:Campagnolo (Italy)

フロントキャリアー:VIVA (ルネルス型)
泥よけ:本所 (亀甲形)
ステイと小物:不明 (本所or城東)

スピードメーター:Cat Eye MC-100W
懐中電灯:単一x3 (National)


<保守部品となったパーツ>
チェーン:シマノIG
変速機:前:Campagnolo 旧-Record (Italy) 
     後:Campagnolo Rally 初期型 (Italy) 
変速レバー:Campagnolo 凸刻印バンド(チェーンレスト・ポジション付) (Italy)
ブレーキ:シマノ 700CX (カンチレバー)
チェンリング:TA アウター:44,42。インナー:40,31,28
クランク・セット:杉野 PX 48x38x28 (175mm)

ステム:日東 パール(60mm)
ペダル:Campagnolo Regero (Italy)
トゥ・クリップ:Campagnolo (Italy)
ストラップ:Alfredo Binda (Italy)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*