子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
ブレーキ・シュー騒動-4
 まだ続く、ブレーキ・シュー騒動

 前回は、「角度変更できるブレーキシューをゲット」したまでは良かったが、その角度固定は、当初想定した以上に難しそう、まで。

 今回は、

[トライ-3]

1:おおっ、きれいに付いている
カンチのバー4-1
 赤矢印→ん、なにか、入っている
 青矢印→追加された部品の幅=>この厚みが・・・

 
 さて、本日は、どうなったか、は、続くに
2:このパーツ
カンチのバー4-2
 また、職権乱用(笑)。

 技術さんに
(こんな状態ですが)「1mm厚位のスペーサーで押さえようかと・・・」、
「面で押さえないと危ないでしょう」と、さすが技術さん、云う事が違う
 で、こんなの作って頂きました


3:スペーサーを、元々の(純正)ワッシャにピッタリ合わせ、
  かつ、センター位置を明確に出来るよう、「段差加工」も==>芸が細かい
カンチのバー4-3
 私だったら「センター、ネジ位置だけで決めちゃう」(汗)


4:さらに、赤線=>舟(シュー・ホルダー)のサイド・プル・ブレーキ用ガイドも削って貰って、ガタもなく、きっちり面で押さえられる
カンチのバー4-4
 削ったあとも、しっかり面取り。もう感激!!


5:当然、邪魔だった、タイヤ・ガイドも、切り落として頂きました(笑)
カンチのバー4-5
 切り取った、後処理も、完璧!!


 さあ、これで完成、「今夜こそ!」、と思いながら、取り付け


6:取り付け完了。
カンチのバー4-6
 新パーツが、ズレもなく、見事に押さえつけて!!

 やったー!。バンザーイ!。完成!。


 あとは、クイックのワイヤーをはめて、おしまい。の、筈が・・・


7:うっ、しっ、締まらない・・・(大涙)
カンチのバー4-8


 「じゃ、ワイヤーを緩めよう」、と、しても、駄目


8:黄色のように、片側は固定長なので、ワイヤーを、緩めて、無理矢理はめても、センターが狂うだけ
  (ワイヤーの緩める長さ限界もあるが・・・)
カンチのバー4-7


 じゃ、どうしたの、は、次回に!!
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*