子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
ブレーキ・シュー騒動-1
[事の起こり]

 先だっての「京見峠」行きの際、下り坂で、使っていた「ブレーキ・シュー」の効きの悪さにびっくり!。
 鷹峯に住んでいたときは、出れば坂道だったので、即気づいたのですが、今や平野暮らし。坂道なんて、ほんのちょっと。峠道の下り(相当の)坂なんてあるわけ無い。
 ブレーキの効き、悪そうだなぁ、とは、思っていたが、たいして、気にしなかった・・・


1:こんなブレーキ・シュー
カンチのバー-6
 一応、Shimanoなのだが・・・

 で、ここからが本題。ブレーキ・シュー騒動の始まりです
 myランドナーは、カンチレバー・ブレーキ。

2:これが、myランドナー原点のブレーキ・シュー=「Mafac」カンチ・レバー用
カンチのバー-5
 しっかり、まだ一セット分+α、持っているのです(笑)。このブレーキ・シュー、結構、評判悪いのですよねぇ。効きは悪いし、すぐに鳴くしと・・・。
 私的に、アタリが出ると、結構効いたと思っているが、リムが濡れると、リムやタイヤがドロドロに汚れるのに閉口した記憶がある。


 で、今や、カンチ系のブレーキって、Vブレーキが主体で、よく効きそうなシューも、たくさんある。しかし、カンチ用のブレーキ・シュー、今もない事もないが、選択は限られているし、シュー性能も、今ひとつ判らない。

3:Vブレーキ(=上の子のMTB)
カンチのバー-7
 でかくて、よく効きそうな(実際によく効く)シューである。



[検討]

 いっそ、「Vブレーキに付け替えようか」と、検討したが、現用のブレーキ・レバー(カンパ・旧レコード)では、ブレーキ・ワイヤーを微調整する「マイクロ・アジャスター」が無くなり、その為にブレーキ・レバーも交換(交換すれば何とかなる)、さらに、泥よけとフロントキャリアーとのクリアランスも問題(上の子のVブレーキを実測すれば・・・)、ここまで考えたが、最後に、(後ろ)ブレーキ・ワイヤーの引き回し が、ランドナーとになる==>却下


 で、「今売っているカンチ用シューから探すか」と思ったが、現用のシューの如く「試してみなくては、判らない」では、面白くない。
 じゃ、「性能の判っているものが、無いかな?」で、


4:旧:Dura Ace=何で(カンパ派がDura Ace)持ってのじゃ(笑)
カンチのバー-2
 小さい声で、myロード、フロントに使っているのです(笑)


 「おい、これロード用(サイド・プル・ブレーキ用)だぞ!。
 (ねじ止めで)、カンチには、つかないぞ!」


 「そうなのです」




[トライ]


5:で、コレッ(笑)
カンチのバー-1
 ちと、職権乱用=>こんなの作ってもらいました(笑)


 どう使い、結果、どうだったかは、次回に続く

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*