子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
京見峠を行く-1
 今日は、サイクリング、ネタ

 久々に、MY ランドナーが里帰り==>京見峠、チャレンジしようじゃない、って、歳考えろ(笑)

1:鷹峯・光悦寺のちょっと奥(と、云っても実家から800m:笑)、ここから入ります
  この左手には、25%の急坂、「千束の坂」があります→1度だけ自転車で登り切ったことがある・・・
京見峠-1
 さて、ここから出発。(私の)最盛期、MYランドナーで、15分で頂上到達。当時ロードレーサーを持っていれば、もう少し早かったはず、は、すべて過去の話(涙)。

 そうそう、正面奥に見える緑色の網は、テニスの伊達公子選手が幼少時練習していたテニスコートです
 
 今回久々に向かったのには訳が

2:第一ヘアピン
京見峠-2


3:振り返ると、工事中
京見峠-3
 近々(2012/09)に開通予定の新道


30年ほど前に、もっと上の方で道の付け替えがあり、その時写真を撮っておかなかったので、今回は撮っておこうと、老体にむち打って(笑)


4:こんな坂を登って
京見峠-4


5:35年前は、市内がよく見えたポイントですが、木も大きくなり、隙間から、パチリ
京見峠-5


6:第二ヘアピン。38年前、ここで転けたなぁ(笑)
京見峠-6
 左手は、第三ヘアピン。
 第二・第三ヘアピンはつながっています


7:第三ヘアピン
京見峠-7

 で、続く
コメント
この記事へのコメント
なんというコーナー。
>転けたなぁ
突っ込むよりイイかも。
車が来なくて良かったですね。
2012/05/05(土) 23:37:30 | URL | かずけん #fo/KTNEA[ 編集]
ええですね~
総じて
クルマやダンプの通行量が極めて少ない峠は
どんな急坂でも楽しいですよね。
いまさら、ノンストップで登ろうなんて
これっポッチも考えておりませんけれど。(汗笑
2012/05/06(日) 02:18:50 | URL | 齋藤電鉄ryu #v7ilD9hM[ 編集]
みなさん、ありがとうございます
>かずけんさん、ありがとうございます
 そっそ、突っ込まなくてよかったです(笑)
 私が転けた少し後で、花脊峠(鞍馬寺の奥)で、自転車がヘアピン曲がりきれず突っ込んで死亡ってのが、ありましたので・・・。この場所、見にくいと云えば見にくいのですが・・・
 まぁ、私も別のところで、直角に曲がって、(その先ブロック塀)いるのが判らず、ドリフトで何とかなって、ブロック塀に手をかけて、セーフと云うこともありましたが・・・(笑)


>齋藤電鉄ryuさん、ありがとうございます
 あははっ、車少なくとも、「どんな急坂でも」の年は過ぎ去ったようです(涙)。何しろ登坂速度10km/hがぎりぎりくらい(28x21でした:笑)
 ノンストップどころか、何回休んだらつくのだろう、って。まぁ、今回は撮りながらなので、ゆっくりゆっくりでした


 みなさん、ありがとうございました
2012/05/06(日) 22:21:09 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*