子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
平城京跡、その後
 去年は、平城・遷都1300年祭で盛り上がった平城京跡。
 今は、

1:朱雀門
平城京-201109-4

 観光客が全く無しというわけではないですが、人無しショットも楽ちんで撮れました


2010年-1はココ(クリック)
2010年-2はココ(クリック)
2010年-オマケ(笑)はココ(クリック)
 で、昨年回れなかったところを訪問。
 平城・遷都1300年祭時の展示箇所は、現在も昨年同様に展示が続いています。

2:遺構展示館(内部)
平城京-201108-6


3:東院庭園-1
平城京-201109-3

4:東院庭園-2
平城京-201109-2


5:大極殿を、ど真ん中の人無しショット
平城京-201109-1
 人無しショット、楽々(笑)

6:高御座(たかみくら)も、ど真ん中から
平城京-201109-5

7:人が少ないと、こんなショットも可能(笑)
平城京-201109-8
 但しノンストロボの撮影制限があるので、DR-LV3で


8:真センターで、大極殿から朱雀門を望む
平城京-201109-7
 ほんと、観光客、まばらでしょう


さらに、歩を進めて、「平城宮跡資料館」(=奈良文化財研究所の施設)

9:平城宮跡の模型
平城京-201109-9

10:模型で、↑1のショット(笑)
平城京-201109-10


 で、こんなにがんばって廻った訳は、コレ↓が、今日の落ち(スミマセン)


11:スタンプラリー
平城京-201109-11


12:ご褒美。非売品でしょう(笑)
平城京-201109-12
「奈良文化財研究所」作成の「クリアーケース」


 そうそう、今回訪問場所はすべて無料。おまけにPも無料です
 と、費用いらずどころかお土産付きの平城京跡でした(笑)
 (歩いた距離は、半端じゃないですが・・・:笑)



☆.昨年訪問した「遣唐使船展示」の「平城京歴史館」は、当時と変わらず有料です


参考HP:ここ
コメント
この記事へのコメント
こんばんは^^

平城京跡の横は何度も通ってますが、いまだに素通り^^;
スタンプラリーは意地になってしまいますね。
去年、播州清水寺でスタンプラリーみたいなこと(境内各所でクイズに答える)をやっていて、全問正解しました。
景品は朱印でした^^;
2011/10/05(水) 20:07:54 | URL | masa #j2KS4BfU[ 編集]
こんにちは。

アラララ~~~!
あんなに一時は観光客でごったがえしていたのに今はもう秋.....じゃなかった。人間って勝手ですね(笑

で、こんな広大な土地はのちのち何に使うのでしょうか?
それとミドリムシか何かで一面の池が寂しいです^^;
2011/10/06(木) 16:46:06 | URL | シャパ #nGdA3O4A[ 編集]
みなさん、ありがとうございます
masaさん、ありがとうございます
 あれれっ、未だ一度もですか?。まぁ、朱雀門と大極殿があるだけで、しかもその距離と言ったら・・・、の場所ですが(笑)
>スタンプラリー・・・
 やはり、つい意地になりますよねぇ(笑)


シャパさん、ありがとうございます
 あははっ、秋(空き)ですねぇ(笑)。
 祝日でこの状態でしたので、平日は推して知るべしでしょうか(笑)
 この地は、既に国有地で、発掘だけでも、あと100年はかかるとかです。
(奈良文化財研究所=>国立です)
 さらに、ここには、京奈和道という、京都~奈良~和歌山(R24)を繋ぐ道路(部分的に3カ所完成=京都部分は開通しています)計画があるのですが、ここの京都と奈良を結ぶこの地点だけは、計画線すら頓挫しています。
 (高架だと景観と基礎工事による破壊、地中深くのシーリング工法でも、地中の水=木簡の保護で、×だそうです)
 さらに言うと昭和40年頃、R24(バイパス?)を、この旧跡に通す計画がなされたのですが、この平城京跡が見つかり、急遽進路変更で1km以上場所が変わったそうです(=今回勉強しました:笑)
 で、池の藻には、私もがっかりでした。


 みなさん、ありがとうございました
2011/10/06(木) 20:17:17 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*