子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
信楽-2
 前回に引き続き「信楽」です

 行ったのは、10/2なのですが、いつもは、ひっそりの信楽が、駐車場の案内人までいて、中はかなりの車。
「えっ、土日はこんなの」と思っていると、実は

1:こんなイベントやっていました
信楽-2
 全然ノーマークだったので、ラッキーと思いましたが、夕方近くだった事もあったのか、やはり信楽でした(笑)

 以下、つきなみですが、駅前近くの、信楽陶芸村を


2:記念写真(笑)
信楽-6


3:登り窯です
信楽-7
 地表近くで350のライブビュー撮り。傾いてしまいました(涙)


4:登り窯の説明
信楽-9

その中は

5:このようだったそうです
信楽-10


6:その次の窯は→休憩所?。コーヒー出たらいいのに・・・
信楽-11


7:信楽と云って、忘れられないのが、H3(=1991).5.14の世界陶芸祭(=信楽博)時の
  (信楽高原鉄道とJR西が乗り入れたキハ)との正面衝突事故
  この信楽駅には、年表にも、事故の記録が・・・。1200pixです。クリック頂くと、大きくご覧頂けます
  信楽-12
  さらに、この横には、当時の車両の部品が展示されていましたが、さすがに撮れません(撮る気がしません)でした
  むしろ、このように、「駅」に記録を残し続けている信楽高原鉄道に脱帽しました

  事故現場は、今は、慰霊碑が立ち、毎年慰霊祭が行われています(なんと新名神・信楽ICの正面です)
  当時、すれ違い予定だった信号所も、未だR307から、その場所を、ちらっと見られます


 なんか、湿っぽくなりました(涙)
コメント
この記事へのコメント
正面衝突事故は平成2年でしたかもう20年前になるのですね。冥福を祈ります。
その頃年に数回はR307を通り、宇治田原方面へ車でいってました。
あの頃と比べ道の狭さは、相変わらず狭い気がしますが
広くなってるんでしょうかね?
紅葉を愉しみに、こんどmiho-museumでも行ってみたいと思っています^^
2010/10/21(木) 13:28:31 | URL | grahampenguin #.E1XRFKM[ 編集]
こんにちは。
お~っ、見事なタヌキちゃんたちですね~!
実は我が散歩コースにも結構でかいタヌキちゃんの置物が突っ立っているのですがそれも多分信楽焼だと思いますがある一点があまりにも見事なのでいつも撮りそこなってますよ^^;
2010/10/22(金) 16:52:40 | URL | シャパ #nGdA3O4A[ 編集]
お礼遅くなりました
grahampenguinさん、ありがとうございます
 お礼遅くなりましたm( )m
 事故も、過去の事になりつつありますね。帰路、慰霊碑の前を通った時は、私も冥福をお祈りしました。
>R307を通り、宇治田原方面・・・
 だいぶ道変わりましたよ。滋賀県側は問題なしです→裏白峠はトンネルになりました
 京都側で、まだ一部、狭い所が残っていますが、普通車なら、まず問題ない位になりました
miho-museum→こんなの出来ていたのですねぇ。知ったのは帰宅後でした(笑)
 入場料1,000円は、ちと・・・ですが(笑)、私も行きたいなと思っています


シャパ さん、ありがとうございます
 お礼遅くなりましたm( )m
 タヌキなら信楽焼で間違いないと思います。そちらにまであるとは、やはり全国区ですね。
>一点があまりにも見事・・・
 ですよね(爆)
 この信楽は、そんなタヌキが町中います(笑)


 みなさん、ありがとうございました
2010/10/26(火) 18:13:18 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*