子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
軽井沢・八ヶ岳-7=「オムニバス」
 今回の大遠征。
 帰路、自宅、数キロ手前で、1,000kmになりました。行きが521kmだったので、帰りは480km強かな。
 ↓のトータル燃費は、12.3km/lと出ていますが、行きの中央道の上り坂、長野~佐久のぶっ飛ばし(笑)と、帰路の渋滞を考えると、まあまあかも。
 そうそう、帰路だけだと、14km/l位がでていました。

 余談ですが、ホント燃費は良くなりましたね(耐久性は、まだ?ですが:笑)。前の車(=2400cc,4AT,4WD,1760kg,37万キロ走行)では、いくら頑張っても9km/lに届かなかったのですが、今の(=2400cc,CVT,2WD,1890kg)は、簡単に12km/l。高速を90km/h走行をすると、14km/lも可能です
 また、前の車(満タン60L)でも、妙高高原(往復1,000km)まで、走った事があるのですが、2回の給油。まぁ、2回目の給油は、安全を見越して(at賤ヶ岳SA:残り100km程)でしたが、今回(満タン65L)は、帰路の佐久(約550km走行)で、早めの給油のみにもかかわらず、↓のとおり、まだ半分近く残っていました。


1:信号待ちで
  携帯-1

 で、帰宅は23時ちょうど、16:50諏訪SA出発で2回休憩+夕食含め、6時間10分でしたが、体力は、翌日(笑)含め、結構平気でしたよ(笑)

 1984年時は、運転手3人いたのですが、今回は私一人。
 まっ、今の車は、運転楽だし、かなぁ。ロングに密かな自信が出来たりして(笑)

 続くには、道中携帯で撮ったオムニバスです
2:往路の夜明け
携帯-2


3:朝日です
携帯-3


4:アルプスが
携帯-4


5:長野の「エム・ウェーブ」らしいです
携帯-5


6:帰路の昼食(大盛りです:笑)
携帯-6


7:野辺山駅を別アングルで
携帯-7 この牛、八ヶ岳(ロード)の、あちこちにいました


8:当日使った、時刻表→往路用です。もちろん復路も準備していましたが、出発遅れと渋滞でめちゃめちゃ(笑)
TimeTable

 今回のような、ロング・ドライブの場合、一番問題になるのが「何時に着けるだろうか」が一番気になるところは、皆さんと同じと思います。

 私も、普段のロング・ドライブ=「着いた時が到着時刻」で良い時は、およそ、高速は総距離を80km/hで割り、一般道は30km/hで+休憩時間=今回の場合だと、京都~長野420kmなので、5:20程、なら3回休憩=1回20分で60分、「まっ6時間30分見ておけば」と云う決め方です。

 しかし、今回のように、最終、到着時間を決められているの場合、走りながら 「このペースでイイのだろうか」 と云う不安に駆られた経験があるので、ある程度のIC,PA,SA等の予定時間を設定しています。(って、結局、全IC,PA,SA,JCT載っているのですが:笑)
 で、IC,PA,SA,JCT等、通過毎に「○分早(着)」とか、「○分遅れ」)と、歓呼して、気分は特急列車の運転手(笑)

 こうしておくと、想定外の渋滞などで、時間をロスした場合、次の休憩10分短縮でとか、75km/h設定=90km/h前後走行を、100km/h前後走行にするとかで、即、対応できます。そのリカバリーも、次々来るIC,PAで、すぐに回復具合が判断できるので、「次の次のICで予定時刻になるな」、とかが判断でき、それが余裕に繋がると思っています。
 それなら、「十分余裕を見た出発」も方法で余裕ある事に違いはないのですが、今回のような早朝(未明)の出発では、睡眠時間との兼ね合いもあるし・・・
 また、余裕を取りすぎた計画では、自分で自分の計画が信じられなくなるので、かえって、計画の意味が無くなるような・・・。まっ、いずれも、余裕ある事=気楽に違いはないのですが・・・


 さらに、蛇足ですが、設定のコツは、スタート直後の「自宅~IC間」で、10分程度余裕を持っておき、いきなり、へそくりを持って走るのがコツと思います。「電車でGO」のように、「定通」(笑)しても、何の得にもなりませんし、「遅れ」となると、それなりに気も焦るし・・・。
 (車の時計を進めておくのと、同じです:笑)

 また、速度を80km/hで設定しても良いのですが、平均80km/hとなると、実走行では、コンスタントに100km/h近辺になるので、余裕を見て75km/hくらいのほうが楽です

 で、実績はというと、上述の通り、IC入った時点で「10分早」での設定でしたが、梓川SA、9:10の予定が、25分早着の8:45。おかげで、ここでの休憩予定はなかったのですが、北アルプスを撮る事が出来ました、が、オチかな(笑)

 帰路の渋滞中も、何時間遅れは、常に把握していたので、「まぁ、今日中には帰れる」と、ある意味余裕を持っていました


 でも、この時刻表、よく見ると、恵那山トンネル=70km/h制限(神坂PA~園田IC)で、75km/hの設定になってる(笑)
 恵那山トンネルは、恵那IC~恵那峡SAにあると思っていた、マヌケでした(何を調べていたんだ:爆)


 長々と長野~軽井沢~八ヶ岳+往復路ご覧頂き、ありがとうございましたm(__)m
 コレにて、終了です
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

さすがです。
私は成り行き。遅れたら何か(寄るところとか食事時間を)を捨てる。または遅れてもヨシとする。
遅れてはいけない時は、思いっきり余裕を見て出る。時間が余ったら着いてから遊ぶ(笑)
早めに集合していたら、どこかでスナップした後でしょう。(笑)

私の車は、ワンボックス1200ccなので平均70km/hで計算しています。
一般道は、同じく30km/hですね。

しかし体力ありますね。
2010/10/06(水) 22:33:48 | URL | かずけん #fo/KTNEA[ 編集]
こんにちは。
では、カレーはまたの機会ということで^^

用意された行程の時刻表にはビックリを通り越してT101さんらしいなあ~と驚愕です!
私も決められた時間よりかなり前に着いて現地でゆっくり待つというのが基本なのですが目的地までは何時間位掛るからその+1時間前に出ようとか適当です。

燃費ですがうちのエリシオンも2.4リッターFFですので高速でしたら同じくらいだと思います。

で、蕎麦が旨そう~^^
2010/10/07(木) 16:28:18 | URL | シャパ #nGdA3O4A[ 編集]
みなさん、ありがとうございます
かずけんさん、ありがとうございます
 あははっ、普通は、そうですよね。
 私も時間制限がない時は、そんなもんです(笑)
 今回は7時までに瑞浪を越えていないと、やばい、の予測が出ていたので、この時刻表になりました。
 70km/hで計算(走行80~90km/hですよね。)→休憩込みならいいかもですが、路線にもよりますが、走行だけだと、きっと時間余りすぎますよ


シャパ さん、ありがとうございます
 家内も、"萌木の村へ"と云っていたのですが、軽井沢で時間を使いすぎました。ちょっと残念ですので、「まぁ距離・時間も体験した事だし、また行こか」と云っています
 で、お褒めの言葉?、ありがとうございます
 今は、IC,SA距離なら、ネットからのコピペで、この位の行程なら30分程度で作成できます。
 しかし、なかなか判らないのが、訪問地の必要時間、コレを調べるのは、ちょっと骨が折れます。
 1H前到着→普通は、そうですよね。今回は睡眠時間との兼ね合いもありましたので、↑のとおり、瑞浪7時通過を目指し、ギリギリの4時出発としました。で、余った時間で善光寺さん、でした。しかし、善光寺さんの、地下への行列が想定外で、困りましたです
 エリシオンですかぁ(スゴイ)。ホント、燃費向上はスゴイですね。
 そうそう、蕎麦は、あっという間に頂きましたです(笑)


 みなさん、ありがとうございました
2010/10/07(木) 20:44:23 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*