子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
軽井沢・八ヶ岳-5=「電波天文台」
 さて、野辺山駅から進んで、次はお決まりの「電波天文台」
 正しくは、「国立天文台 野辺山」と云うらしいです。

 (どうりで、カーナビに"電波天文台"と入力しても出てこない筈:笑)


1:で、お決まりの
電波天文台-1
 午後ですので、朝靄はなかったです

 84年の画はココ(クリック)
2:入り口には、こんな案内図もあり
電波天文台-2

3:定番?
電波天文台-4

4:口径45mの巨大パラボラ
電波天文台-3
 

5:この辺の分野は、三菱なのですね(笑)
電波天文台-7



6:小型ですが、全てのパラボラで一つの望遠鏡?になっているはずです
電波天文台-5


7:↑のアングルを変えると、何が何だか判らない(爆)
電波天文台-6


 この天文台、積極的に公開しているようです
 入り口(守衛室)で人数と(在住の)都道府県を書くと、パンフレットがもらえます
 子供には子供用のパンフがあるのに、ビックリ

8:ここでやるか(笑)
電波天文台-10

9:説明もあちらこちらに、たくさんありました
電波天文台-9
 きっちり読んでいくと、1時間はかかりそうです

10:日本最初の電波望遠鏡だとか・・・
電波天文台-8




ふと、背後の山を見ると、1984年にはなかった

11:スキー場==>「シャトレーゼ スキーリゾート八ヶ岳」らしいです
電波天文台-12


12:この山頂付近から、こちらを撮ると、綺麗かも?
電波天文台-11
 スキー場って、遠くから見ると急斜面に見えますよね。
 でも、向かって右手が初級用、左手は中級用コースだそうです



 しつこく、続きます
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
野辺山まで来られたのなら一駅先の清里駅まで行かれれば良かったのにと思いましたがお時間迫っていたのでしょうね。
私は逆に清里には年に一度はカレーを食べに行くのですが野辺山には昔スキーで行った位で最近はご無沙汰ですね^--;
ですから(?)この天文台とかスキー場には行った事が有りませんでしたの「ほ~、こうなっているんだ~!」と勉強になりました^^
2010/10/04(月) 16:46:50 | URL | シャパ #nGdA3O4A[ 編集]
野辺山といえば・・・
スキー です。
学生の頃は 関東では(日本では?)一番早くオープンする
割と急斜面もある、所謂 「人工スキー場」の はしり ですね。しかも硬派の。
現地で ミズノのニューモデルをテストしていた、デモンストレーター時代の
里吉敏章選手に、サインと記念撮影させて貰いました。
2010/10/04(月) 17:30:18 | URL | 齋藤電鉄ryu #v7ilD9hM[ 編集]
みなさん、ありがとうございます
シャパ さん、ありがとうございます
 はい、時間は既に3時でしたが、次の清里に寄るだけは寄りました。
 お勧めのカレーを食べる時間はなかったで、ソフトクリームだけですが(笑)
 今度は電波天文台へもお立ち寄り下さい、って、パラボラがあるだけですが(笑)


齋藤電鉄ryu さん、ありがとうございます
 あはっ、このスキー場、一番早くオープンとかニューモデルをテストとか、有名なのですね。
>サインと記念撮影・・・
 わっ、いいなぁ(笑)
 スキーというと、志賀高原等とすぐに思ってしまうのですが、勉強になりました


 みなさん、ありがとうございました
2010/10/05(火) 18:16:34 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*