子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
生駒山~送信所~
 関東では、東京スカイツリーが着実に建設されていて=>自立式の電波塔として「世界一」らしいですが、近畿圏(京阪神+α)の電波はココからです。
って、そんなに力まなくても(笑)


1:生駒山上遊園地
生駒山-1

あっ、違った(笑)


2:こっち。
  これ、冗談ではなく、↑のとおり、遊園地の外れです(というか、後から遊園地ができたのかな?)
生駒山-2
 (5月のGW直後の画なので、季節は逆戻りです)

 では、アンテナ群を
3:MBS(多分、アナログ用)
生駒山-5


4:さらに、アンテナの林?
生駒山-3
 中央アンテナの円柱形。多分、地デジ用


5:門の看板に「毎日放送とYTV」→なんで?
生駒山-4
↑の地デジ用、MBSとYTV共用しているそうです(WIKIより)


6:電車(近鉄)では、コレに乗って登ってきます
生駒山-6
 なんてったって、遊園地(笑)。
 このケーブルカー、途中下車が出来たり、(下の方のケーブルには)踏切があったりの、珍しい鋼索線です


7:北(天王山)方向を望む
生駒山-9
実写は、かなり霞んでいたのでPSにて補正しています


8:北西方向→大阪ど真ん中~神戸方向
生駒山-8


9:これは直下。東大阪
生駒山-10


 こりゃ、「電波よう飛ぶわい」、と、納得した筆者でありました(笑)

 そうそう、携帯のワンセグ。(ここで)良く写りましたよ(爆)


<オマケ>
10:京都から見た、生駒山(既掲載:銀塩、400mmG)
生駒
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
生駒山の電波塔群、大阪市内からも良く見えました。
生駒山遊園地、懐かしいです。
彼女との初デートがここでした(笑)
当時、車は持ってなかったのでこのケーブルで上がってきました。
もっとも当時はこんなにドハデではなかったですが(笑)
この電波塔の辺りでしょうか、昔、生駒山天文台(正確には京都大学生駒山太陽観測所というらしいです)
があって、2、3度中へ入ったような記憶があります。
2010/06/22(火) 23:00:10 | URL | lucky562 #5Hfh6fmc[ 編集]
lucky562さん、ありがとうございます
あははっ、思い出の地でございましたか?(笑)
遊園地も、そんな頃からあったのですか?(ゴメンナサイ)
生駒山天文台→そんなのもあったのですか?
当時はよく見えたのでしょうねぇ
沢山勉強させて頂きました(ゴメンナサイ:笑)
2010/06/23(水) 21:37:26 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
各局の地デジアンテナ
私はかなり昔、生駒山上の職場に勤めていました。

写真3:手前の鉄塔下部は、YTV敷地内にある鉄塔で、上にはYTVとMBSの地デジアンテナが取り付けられています。 右方にチラッと見えるアンテナはABCのものです。

写真4:写真3と同じ場所からの写真ですね。 4つの鉄塔が見えますが、左から「YTV&MBS」、「ABC」、「MBSの旧アナログ用」、「KTV」の鉄塔が写っています。 NHKは更に奥の方にあり、小さくしか写っていません。
中央部のやぐらのような塔には、ABCの中継などに使うマイクロウェーブパラボラアンテナなどが取り付けられています。

写真5:Q ”門の看板に「毎日放送とYTV」→なんで?”
    A 毎日放送のアナログ時代に使っていた鉄塔は、強度的にデジタル用のアンテナも取り付けられないため、YTVの新しい鉄塔にMBSの地デジアンテナを搭載しています。

以上参考までに・・。

2013/02/22(金) 10:00:16 | URL | unknown #GKQXbzPo[ 編集]
unknownさん、ありがとうございます。
詳しいご説明ありがとうございます。
お勤めだったのですね。ある意味ウラヤマシイです。
夜景綺麗でしょうね(オイオイ:笑い)
パラボラはマイクロ・ウェーブですよね。
地デジ→UHF帯でパラボラはないですね

ありがとうございました
また、お立ち寄りください。


2013/02/25(月) 21:21:10 | URL | SR-T101 #0uso35DQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*