FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
菜園-2019-秋
 レンズ実験ばかりで、ちょっと食傷気味

 今日は、話題変えて、菜園-2019-秋で

1:アジサイのさし芽
アジサイのさし芽-1
 7月の記事(クリック)で、「挿し芽しました」と書きましたが、
 無事、根付いたようです
1985年頃のレンズ達-4
 前回の実験で、チャートと実写は違う、と、判りながら、まだやっています
 って、先に作っていたので・・・(笑)
 しかも、今回はチャートだけです(爆)

**********************************************************************

 「読物:子供と共に育ったαシステム」(目次) 
今回は、「テレコンバーター x1.4、x2」の2種類で

1:テレコン2種
TELCON

このテレコン、正式名称は、"AF 1.4x TELE CONVERTER- APO"と、Ⅱ型なのです

私的年表(クリック)で洩らしましたが、
Ⅰ型は、"AF APO TELE 200(300)mm F2.8" 発売時と同じ、「1987/4」
Ⅱ型は、 "High Speed AF APO TELE 200(300)mm F2.8" 発売時と同じ、「1989/4」と、思う
定価は、x1.4・x2共、50,000円=これは(私的)記録に残っている

最終は、(D)対応になった時=70-200G(D) SSM、AF APO 300/2.8 G(D) SSMが発売された時、「2003/6」と思う
価格は、不明。調べれば判るかな?
1985年頃のレンズ達-3
読物「子供と共に育ったαシステム」 (目次:リンク)では、次は、「x1.4 TELCON」になるのですが
TELCONは、x1.4とx2を一緒に掲載しようかなで、先に、AF 50mm F1.4(初期型)を

1:AF 50mm F1.4(初期型)-1985/2=α7000と同時発売
50mm
 このレンズは、ココ(クリック)=(読物:「子供と共に育ったαシステム」にリンク)

 この玉は、豹変します(笑)
1985年頃のレンズ達-2
 関東の方は、台風直撃で、暴風雨とのこと
 皆様、お変わりございませんか?

*******************************************************

 「読物:子供と共に育った、αシステム」(目次) に沿った、レンズ実験をしようかな。(今更:笑)
 今回は、「"第一次レンズ沼"の前半」を。 (全て、1987/4発売=7700i以前の玉です)

 まずは、
1:「AF APO TELE 200mm F2.8」 (初期型:後日ハイスピード改造)
200mm F2.8
 フードに貼り付けてある、「Hi Speed・・・」のシールは、隠して、初期型を強調(笑)

 このレンズの生い立ちはココ(クリック)=「読物:子供と共に育った、αシステム」に、リンク
1985年頃のレンズ達-1
 「コスモアイル羽咋」が終わったたら、いきなりネタ切れ(涙)
 で、困った時の、レンズテスト(笑)

***************************************************************

 前回の"ジャンク扱いのレンズ"(クリック)の写りが、「あまりにも・・・」だったので
当時の(他の)レンズを、ちょっとテストしてみようかと・・・

 1回目の今日、まずは

1:AF ZOOM 35-105mm F3.5-4.5 New。(私的に、評価良くない)
35-105N
 キレイに磨き(クリック)ました(笑) 

羽咋駅前にて
 コスモアイル羽咋(長時間滞在:笑)の帰路、
 「羽咋駅」って、どんなのかな?
 で、立ち寄り

1:なんてことはない、普通の駅
駅前UFO-5

 だが、振り返ると、そこに・・・(特番風に:爆)
コスモアイル羽咋-5=もう一つの・・・
コスモアイル羽咋、既に4回掲載していますが

今回は、宇宙船ではなく
もう一つ、別系列の展示がありました
(同じ展示場の壁面を中心に展示されていました)

1:ロズウェル事件
ロズウェル事件-2

 UFOの展示です
コスモアイル羽咋-4=その他
コスモアイル羽咋、その4

1:コスモアイル羽咋、全景(玄関側)
コスモアイル羽咋全景

展示物は、まだまだあるのです

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.