FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201905
無事咲き出しました(八重桜-2019-1)
 昨年の台風21号で、幹が1本折れた、我が家の桜


1:無事咲き出しました
八重桜-2019-1-01
 残った、幹一本は、元気でした
(99II、24-70Z、M-MODE、1/1000、F5.6、ISO160)
「微ブレ」対策("M"-MODE & ISO-AUTO)
 高画素になり、「微ブレ・ピント位置ズレ」が目立つようになりました(汗)
 (今回は、ちょっと、意図的(恣意的?)に書いています=ツッコミどころ満載:笑)

*******************************************************************

 「ブレ」を防ぐための有効手段は、第一に「シャッター速度を速める」ですが
 シャッター速度を速めると、(絞りが)「絞れない」になりますよね(アタリマエ:笑)

 で、何とか対策はないかと、ちょっと実験をしました

1:ISO設定画面
M-DODE-01
 ヒントです(笑)

 あっ、単純に、ISO感度を上げて、、「シャッター速度を速める」では、ないですよ(笑)
宇治田原-2019-3(広角編)
 「宇治田原の桜」、今日は"広角編"
 全て、多分割測光、-0.7補正、です

(今日も全て1000pix(掲載は600pix)。画像クリックで、少し大きくご覧頂けます)

1:7II+16-35Z(35mm)
宇治田原-2019-2-02

 この川、2016年の時(クリック)は、キレイだった
 2017年(クリック)には、少し中州が出来てきて
 2018年は、撮れず
 今年は、中州がより広くなりました
 まっ、昨今の台風や豪雨で、土砂が流れてくるのですね。
宇治田原-2019-2(望遠編)
 今日は、なんの実験もなく、ただ「宇治田原」の桜
 99II+70-400Gの画を。 全て、ハイライト重点測光+PSで処理です

1:ちょっと暗いかも・・・(180mm域)
宇治田原-2019-3-01
 河原に3人程いたのですが、PSで消しました(笑)


(今日も全て1000pix(掲載は600pix)。画像クリックで、少し大きくご覧頂けます)
ハイライト重点測光-2=宇治田原-2019-1
 前回の「ハイライト重点測光」の実験をしたく
 「どこかに、"桜"残っていないか!」と、候補地を3・4箇所上げて、ウロウロ(笑)

 「宇治田原」の桜が、「残っていた」どころか、「ちょうど見頃」
 前々週("地蔵禅院"撮影前に)下見時、「前週(醍醐寺訪問時)に満開を迎えている」と思っていました
 冷え込みの効果、大きかったようで・・・(ラッキー:笑)
 
 (今日は全て1000pix(掲載は600pix)。画像クリックで、少し大きくご覧頂けます)

1:ハイライト重点測光(99II、24-70Z)
ハイライト重点測光-2-1
 撮ったまま=>空をハイライト部分とみているようで、全体的に暗い

 注:画面上部左右端がケラレています=(プロテクターの上に)PLフィルター入れているし(笑)

ハイライト重点測光
 前回の"醍醐寺"の桜を見返して、「なんか、白飛び、多いよな」の感
 (一応、露出補正しながら撮っていたのですが・・・)

 で、今頃思い出した「ハイライト重点測光」 (99II、7RIII、7III等に装備)
 早速、名残の桜で実験。 (夕方なので、光弱しでしたが)

1:マルチ測光(ISO-1600, SS1/200, F8)
ハイライト重点測光-02
  背後の屋根が黒い影響か、空にかかっている所等、やはり白飛びっぽい
醍醐寺-2019-3(霊宝館付近)
醍醐寺の3回目

伽藍を出て、霊宝館へ向かいます


1:伽藍を出たところで、またパチり(笑)
醍醐寺-2019-3-02
 画面下部、PSで人消しています
醍醐寺-2019-1(伽藍)
 この日は、最終、12,000歩越え・・・。
 夜に両足が痙りまくって、娘に、アンメルツ頼んだり、クエン酸ジュースを提供して貰ったり(イイでしょ:笑)
 でも、翌日から、足首に全然力が入らず、ドタ、ドタ歩き・・・
 やっと、普通に戻りつつあります
 歳取りました~(涙)

 で、醍醐寺の2回目、今日は"伽藍"を


1:仁王門
醍醐寺-2019-2-01
 今回のベストショットかな?
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.