FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201901<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201903
「ミニチュア・モード」撮り
YKNDさんに、ご教授頂いた「ミニチュア・モード」撮り
早速、"77II"を取り出して、やってみたのですが、なかなか難しいです

1:スイセン
ミニチュア-02
 なんとなく、ミニチュアっぽく、見えるかな?
=>修行が足りません。奥深そう・・・(涙)
42M vs 24M
 今日も、超重くてゴメンナサイm(_)m

***********************************************************************************

 99IIをゲットした日、プチ実験室をやっていました

 レンズを取っ替え・ひっ替えして、その度に「お~99IIはすごいわ。旧レンズがよみがえる」と、ウキウキでしたが
 中には、「あれれっ(おかしい)」が出たモノもありました
 ひょっとして、42Mとなり、「画素数にレンズがついて行っていないかな」と思い
 その時のデーターにちょっと手を加えてまとめてみました

<実験対象レンズ>
 共にMinolta製
 ○:24-105mm F3.5-4.5(D)
 ○:80-200mmG F2.8
    (共に2000年頃ゲット、約20年前か・・・懐かしい:笑)

<比較方法>
 元々の画像が同じなので、単にアラが小さくなるだけかもですが
99IIで、42M(横7952pix)で撮ったモノと、それを
PSで、24M(横6000pix)に変換したモノの比較です

 但し、縦方向=下の方カットしています(=My Roomの汚い部分が写っていますので:汗)
 (本来縦方向=5304pixですが、3300pix程度です)

<比較ポイント>
 注目点は、画面下部、"Panasonic"の文字とその周辺=網目です
 (原画は、この辺りが中央になります)
 また、部屋撮りの為、ISOは、全て、3200です

では

1:24-105mm(D)。105mm域、F4.5、24M。(横、6000pixあります。拡大してご覧下さい)
24-105mm-24M-F4.5
 AFで合わせただけで、綿密なピント確認せずの撮影ですが、
 77IIや、7IIでは、そうも思わなかったのに、こんなモノだったかなぁ~?

平安京・大極殿跡
 最近、Sonyのロゴ入り(カメラ)ストラップをよく見かけるようになりましたね
確実にユーザーは増えているようで・・・
 先だっての「春日大社」では、十数人。 今回の「平安京」でも、若い女性が持っているのを見かけました
って、みんな「α7シリーズ」。「Aマウント」は、見かけませんが・・・(笑)

*****************************************************************************

 さて、平安京のジオラマを後に、「平安京・大極殿跡」に行こうかと

1:朝堂院跡
平安京・大極殿跡-01
 碑があるだけでも、めっけもん?
「平安京」も行ってみた-2
 前回の続き

 今日も、重くてスミマセンm(_)m

**********************************************************************

 「じゃ、清水寺は、どこよ?」と云われそうなので、探しました
7II(2400万画素)+16-35ZAで撮ったのに写っていました

1:清水寺=右端の黄色矢印
平安京-02
  原画=2400万画素のままです。 (前回より解像度劣りますが)画像クリックで、大きくしてご覧下さい

青色線=現在の国道一号線・東寺辺り
水色線=平安京西部は、このような湿地帯で、あまり発展しなかったそうな

このことを表すように、現存する”通りの名前”
東側は、"油小路(あぶらのこうじ)"・"西洞院(にしのとういん)"等々多数。
      "猪熊(いのくま)"(今でも、細い道:大宮~堀川間)が、この当時からあったのに、びっくり
西側は、"馬代通(ばだいどおり)"の他、2,3しかありませんでした
「平安京」も行ってみた-1
 今日は、大作!
 重くてゴメンナサイ(笑)

********************************************************************************

 前回まで、「平城京」等=奈良ばかりでしたが
地元(京都)民としては、「"平安京"の展示はないものか?」
で、探すと、やはりありました。


1:平安京=巨大なジオラマでした。(奈良・大極殿のように復原されたモノは、京都にはありません:笑)
平安京-01
 原画の4200万画素のまま(圧縮はしています)。画像クリックで、大きくご覧頂けます

 平安建都1200年(1994年)記念で制作され、縮尺1/1000(東西4.5km,南北5.2km)との事

 運良く、このジオラマの前に「説明員」と「学者?」の方がおられ、
こちらがあれこれ質問するのに、見事に答えて頂きました(ラッキー!でした)
と、云いつつ、地元民ならではの突っ込みも、沢山入れましたが・・・・(笑)

 ただ、このジオラマは、「平安京時の再現」なので
ある程度"(建築)年代"を知って見ないと、なかなか判らないかも、と、仰っていました

 続くには、そのお勉強の成果を
大極殿の方も行ってみた-2019/2-2
 "朱雀門"へは、望遠も持って行ったのですが、
殆ど使わず、カメラバッグが"重い"だけだったので、今日は、お留守番
その代わりに、"17-35mmG"をバッグに入れて


1:高御座=>レプリカです。(99II+17-35G)
大極殿-2019002-11
 2010年、初めてここに来た時、カメラはα700+α350。
 同じレンズを使っていても、APS-Cでは全景撮れず(ココの6枚目:クリック)
大極殿の方も行ってみた-2019/2-1
 前回の続き

 朱雀門辺りを訪問して、その時説明員から、「(復原中の)"南門"建築現場、見学出来るよ」と聞いたので
「じゃ、行ってみよう」で、翌日も出向いたが

1:"幕"が張ってあるだけで、どこからも入れそうに無い・・・
大極殿-2019002-01
 画面左下の塀=>前回の模型=「コレも復原して、"回廊"にするらしい」の塀です
 =>施工方法も、奈良時代の工法で行う予定とか
朱雀門-2019/2
 前回の続き

 2月初に、"朱雀門"辺りのリニューアル(を見)に行ってきました

平城遷都1300年祭(平成22年)以来、(朱雀門の横には)、"県営"(だった)「平城京歴史館」があったのですが、
平成28年(2016年)、この平城京跡一体、全て"国営"「平城宮跡歴史公園」となったようです
=>国営とは=>スッ、スゴイ


1:でも、朱雀門は変わらず(笑)
朱雀門-201902-02
 (7II、16-35ZA)

 この左右、新たにキレイな建物が、建ち並んでいました

*****************************************************

 休日前です。適当にスルー下さい
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.