子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201505<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201507
セントレアにて
 3月に「グアムへ」で、単独渡米の予行演習をしましたが
 いよいよ、本番。まずは、先発が渡米。

1:エアバスA330。(撮影:下の子)
セントレア-20150628-3
(α-57、70-200G)

 「下の子撮影」、久々に登場(笑)
中古価格分析-2015
 まっこと、久々に"中古価格の分析"を

 以前は、中古価格の推移を時々は調べて、平均価格の推移も調べていたのですが・・・
 前回はココ(クリック)と云っても、2007年です(汗)

 今回は期間が空きすぎたので、価格維持率とでも云うのでしょうか、"当時の定価に対して何パーセントになっているかだけ"を、調べてみました。
 それでも、結果、以外と面白い事が判りました(後述)

さて、まずは、
<グラフの見方>
1:折れ線は、価格維持率=買取目安価格÷(当時の)定価=>(目盛)左軸
2:棒は、某社の買取目安価格=>(目盛)右軸
  (お断り:あくまで目安であり、また2008年頃と同価格=更新されていないデーターもありましたので、
   データーについては、「あっ、そんなもん」程度でお願いします)

3:価格維持率の高い物から順に、左から掲示
4:対象レンズは、筆者保有のレンズから、価格維持率=25%以上のみ
5:レンズに、いろいろなバージョン(初代、New等)があっても、同バージョンを探しました
  例) 200mmAPOの場合
     1:初代=Hight Speedでなく、フォーカス・フォールドボタンは付いていない
     2:HS改造=初代をHS改造した物。フォーカス・フォールドボタンは付いていない
     3:200mmG=HSで、フォーカス・フォールドボタンが付いている、等々

前置き長くなりましたが、では、

1:保有レンズ群で算出(各グラフ、1200PIXで掲載。画像クリックで大きくして、ご覧頂けます)
保有

1位:AF85mm F1.4G(D) Limited (78.9%)
    さすが、全国700本?限定でしょうか・・・。78.9%とダントツ。78.9%なら、実買値と同じじゃないかと・・・?
    違った、ほぼ定価販売だったと聞いたような・・・(買ってないのでスミマセン)

2位:AF100mm F2 (56.7%)
   →以外でしょう・・・。前回、α-6000(=Eマウント)に似合うレンズで、私の一押し

3位:AF 100mmF2.8 Soft Focus (43.5%)
   100F2同様、Sonyに引き継がれなかった玉

4位:STF135mm F2.8(T4.5) (40%)
   Sonyに引き継がれたのに、人気あるようで・・・。Sony製になって価格が上がったのが原因か・・・

5位:AF35mm F1.4G New (40%)
   これも、STF同様か・・・

この後は、445G、70-200G、24-70ZAと続きます

 で、疑問:100F2が56.7%を維持しているのに、なんで28F2は、こんなに低いの
家庭菜園便り-2015-その2
 今年は、豊作です

1:伏見甘長とうがらし
菜園-2015-3

前回はココ(クリック)
脱:レンズ付きカメラ-2
 前回は、装着の画が少なかったので、今回一挙に


1:85mm
85
「YKNDさん」から、ご提案頂いたとおり、これはいける!
→見た目で決めちゃ駄目ですね(涙)
脱:レンズ付きカメラ
α-6000に、レンズ付きカメラ(笑)とならない、Aマウントレンズを、探してみようかなぁ、と思い立ち。

1:オリジナル
オリジナル
左から、E 55-210mm、E PZ 16-50mm

さて
近頃の
 今日は、Myブログと全然関係のない、洗車のお話

 毎週のように洗車していても、PM2.5やら黄砂も飛んできて、すぐに汚れちゃいますよねぇ~。
 で、シミも増えて・・・

 近頃の"カー・ワックス"って、性能上がってますねぇ~
 と、云っても、新車時のコーティングのせいか、種類が少なくなってきたようですが・・・

1:こんなシミも
WAX-1
(ダーク・グリーン塗色)

"あじさい"です
 あじさいの季節になりました
そんでもって、「α-6000に、Aマウント・レンズを付けて、撮ってみよう」→ナンノコッチャ(笑)

機材:「α-6000+LA-EA4+Aマウント」
撮影:「緑AUTO」(笑)=>全て、f4、SS=1/焦点距離、ISO変動

1:70-200mmG→160mm域(f4)
庭-2015-1
 70-200mmGって、Eマウントにもあるので、ややこしいですね。
天橋立(やはり・・・:笑)
 加悦鉄道(与謝野町)まで来たのなら、やはり、立ち寄ります=天橋立(笑)


1:廻旋橋、(背景は、天橋立の松林(砂州))
天橋立-01

 到着遅く、観光客もまばら→空いていて良かったです
→うそ、旋回準備中で「立入禁止」になっているだけ(笑)


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*