子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201304<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201306
経ヶ岬~伊根(舟屋)へ
 日本海側巡りも、今回でおしまい

 「竹田城趾」と「餘部鉄橋」で、時間を使いすぎて、予定していた「城崎マリンワールド」は、
時間的に無駄(到着できても観覧時間不足)になりそう。

 なら、(走るだけなら遅くなっても良いので)、「伊根の舟屋」を見に行こうかと。
 では、おまけに「丹後半島一周=経ヶ岬(京都府最北端)」を付けようとルート変更
 うまく行けば、「夕焼けの舟屋」が見られるかもで


1:「伊根の舟屋」。今回のベストショットかも(笑)
伊根-1
 夕日が当たり、うまい具合に船が通り過ぎて、ラッキー(笑)

餘部鉄橋=2013-2
さてさて、餘部橋梁、その2


1:定番です(結局、撮影地まで登ってたりして(標高差:約50m):笑)
餘部2013-2-1

 新橋は、旧線と平行して、山側に作られたので、微妙アングルが違う
 (車両側面の写り込みが足りません)

 じゃ、今の餘部駅は、続くに

餘部鉄橋=2013-1
 さてさて、山陰三昧、その3

 「竹田城趾」から、「八鹿」-「豊岡」を抜けて、次にたどり着いたは

1:餘部鉄橋=(新橋:3枚合成)
餘部2013-3
 橋右1/3辺り、歪んで見えますが、これには訳が(次回ご紹介)


 で、ここ餘部には、2007/3以来の訪問。この時は、まだ旧橋(クリック)
と、云うより、「新橋に掛け変わる前に」で出向いた、「餘部鉄橋」

2010年頃に、周辺道路が整備され、車で行きやすくなりました
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*