子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
200811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200901
♪ゆっ、き、でした
♪ゆっ、き、でした。あなたの後を・・・
 ついて行きませんけどね・・・
 おわかりかなぁ(笑)


1:車を止めて
雪-1
 いくら、4WD+スタッドレスと云えど、夜に、前後に車なく、一人吹雪の中、走るのって、怖い(笑)
 

(α-700,24-105mm、P-mode)
アクセス分析=2008-2
 引き続いて、アクセス分析

 今回は、どのエントリーの閲覧時間が多かったかと
 正味の所、「続きを読む」が無い場合、すべてホームに集計されてしまうので、必ずしも正確ではないです。
 (で、集計目的では、ないですが、「続きを読む」を積極的に入れようかと:笑)


1:エントリー別、累計・年度別。(昨年のデーターが残っている物については、年度分けしています)
アクセス-2
 累計で行くと、昨年の「太文字」(クリック)が2位ですが、今年のアクセスは、ほとんどありませんでした

 となると、今年単年度で行くと、と、いきたい所。
 しかし、厳密には昨年のデーターが足りませんので、可能な限り今年度を算出して、あとエントリーした年度の併記でご勘弁。

2:2008年エントリー別
アクセス-1
 1位は、今年の目玉。なんと云っても、バリゾナ24-70mmZAです。(クリック)
      海外のMinoltaフォーラムに紹介されたおかげで、世界(約60カ国・地域)からアクセスが・・
      掲載した2月のアクセス数が、1ヶ月で10,000を超えました
 2位が、28-70mmG(クリック)ですが、これは、バリゾナ24-70mmZAにリンクを張ったからかと・・・(笑)
 3位は、やはり「ミノルタの歴史」(クリック)。カテゴリーのみならず、エントリーでも上位です
 4位が、α-350(クリック)。コレも今年の目玉でした
 5位が、バリゾナ24-70mmZAが話題になっているサイトを読んで、再実験。下手な英訳でした(笑)(クリック)
 6位も、バリゾナ24-70mmZA。70-200mmGとの70mm域実験でした。(クリック)
      このように、今年は、バリゾナ24-70mmZAで、計60時間以上の閲覧を頂いています。
 7位が、「α-700」の露光の癖のご紹介。反響大きかったようです・・・ (クリック)


 続くには、「検索ワード」を内容別に集計しています

アクセス分析=2008-1
 年末と云うと恒例となる「今年の○○」の発表。

 私も昨年に引き続き「アクセス分析」。

 まずは、「カテゴリー編」

1:累計(2007/5からの累計です)
Acs-1

 昨年と順位の変動は、ありません。

 今年もやはり、
 1位は、ダントツで、「ミノルタの歴史」。Minoltaのレンズ・ボディーで検索すると大抵ヒットするようです。
      さらにSonyの方でもヒットするようです。ココ(クリック)

 2位は、機材・アクセサリーの中で「"SR-T101"の説明」を多くご覧頂いているようです。
      今"SR-T101"?と思ったりですが、ほんと多くのヒットを頂いています。
      クラシックカメラ復活かな?さすがMinoltaの名機、根強い人気があるようです ココ(クリック)

 3位は、プチ実験室=レンズ編=ココ(クリック)
 4位は、三脚関連ココ(クリック)
 5位は、バッグ関連 ココ(クリック)
 後、「読物:子供と共に育ったαシステム」や「プチ実験室」が続きます


 「じゃ、今年単年度ではどうなの?」と素朴な疑問、は続くに

京都・嵐山花灯路=2008-3(番外編)
 今年の「嵐山花灯路」は昨年より13万人少なかったとか・・・(それでも85万人)。
 理由として、曜日の関係で12月中旬になったとか、雨の影響等とか云われています。

 私が訪問したのは、12/18。木曜日と中途半端な日でもありましたが、地元のお店の方々も、「今日は(人出が)少ない」と仰っていました。確かに、一昨年より人出が少なかったような・・・(去年は、南端の一部のみでしたので判らない・・・)
 また、今までは「(所々)紅葉が残っていたり」でしたが、今年はすべて落葉していました。そんな影響もあるかも知れません。

**************************************************************

 そんな、嵐山花灯路=2008の番外編。
 去年訪れなかった「JR・嵯峨嵐山駅」、新駅舎に変わっていました

1:今の嵯峨嵐山駅(手持ち)
嵐山花灯路2008-2-1


 続くに、以前の「JR・嵯峨嵐山駅」と、花灯路の選落ち+αです
Merry X'mas
 今日は、「Merry X'mas」かな(笑)

1:新風館にて
X'mas


続くには「家ナリエ」

京都・嵐山花灯路=2008-2
 いつもは一人で出かける嵐山花灯路。今年は、(うまい具合に子供の夕食の心配がなかったので)、初めて家内と出向きました。
 (家内と一緒なので)、当然、三脚据えての撮影も、はなからその気もなく、カメラバッグは持たず「α-350+17-35G、α-700+24-70ZA」のみで出向こうと思ったのですが、渡月橋付近は三脚必須のため、軽量のSlik803だけプラスして持って行きました。(前回掲載分のみ三脚使用)

 早い話、花灯路「ISO-1600とAS(SS)でどれだけ撮れるか?」と、メチャ横着な望み方

 そんな歩きながら撮った花灯路です

1:α-700,24-70ZA,ISO-800,ss1/20
嵐山花灯路2008-2-5


 続くには、野々宮神社から~大河内山荘への「竹林」です


京都・嵐山花灯路=2008-1
 今年も行ってきました、京都・嵐山花灯路=2008
 取り急ぎ、今日は、渡月橋付近を


1:定番場所です
嵐山花灯路2008-3
(α-350,17-35G,M-mode,ISO100,RAW,三脚(足:Slik CF803、雲台:Velbon PHD-61))

 2007年はココ(クリック)2006,2005年はココ(クリック)


 今年は、やや暗めのライトアップの感じ(私的感覚)でしたが、例年通り「f8,ss15sec(ISO-100)」で撮影。RAW現像時、少し増感補正しています
宇治-2008秋-2
 時期遅れのモミジ、宇治の続きです

 すべて「7D+24-70ZA」です


1:宇治上神社
宇治上神社-2
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*