子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
200806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200808
若草山夜景-3
 夜景を撮っていると、どこからか「ドーン・ドーン」と響いてくる。
 「えっ、雷?」と思ったりでしたが、良く見ると花火。
 「ラッキー」と思って、70-200mmに付け替えたのですが、望遠足らず。
 おまけに背景に、夜景が入り・・・

 打ち上げ花火の高度って、せいぜい150m位だそうです
 こちらは、標高330m付近。(若草山、標高342m)

 そんな、「望遠足らずの見下ろす花火」を

1:
若草山・花火-1


2:
若草山・花火-2


3:
若草山・花火-4

 うーん、小さい。せめてテレコンバーター持って来ていれば


4:トリミング→無理ありますね。
トリミング
 このぐらいに撮りたかったなぁ(笑)


 オマケ:

5:夜空に星が。宵の明星→金星らしいです(家内:談)
金星



 PS:久々の皆勤賞。疲れました(爆)
若草山夜景-2
 今年の京都、7月に入ってから連日30度超え。17日以降は、35度超えの日々が・・・。
 一昨日の雨で、かなりましになりましたが、午後からは、結局また30度を超えで、連続記録続行中。

 そうそう、TVでも報道された、道路冠水場所。実は旧宅の近くで、何回も通ったところ。JR西の京都総合運転所(旧:向日町操車場)をくぐっているところです。
 さらに、上の子は、あの幼稚園の卒園生(何年前じゃ:笑)。当時は、(初代の)「新幹線(の形をした)バス」でした(笑)
 それにしても、時間70mmの土砂降りなんて、金沢も神戸も大変な事になっているし・・・。変な天気が続きますね。

 今度は、関東方面とのこと、皆さんのご無事を祈念します

***************************************************************

 さて、「奈良・若草山(三笠山)」の夜景、その2。

 実は、(山から)市街地の夜景撮り、20数年ぶり。すっかり撮り方忘れていました(笑)
 なにしろ横長の夜景。上下に余る空間に、手前の山を入れるべきか、空を入れるべきかで悩みましたが、結局半分ずつと、つまらない写真になってしまいました。
 もう少し望遠で、山を切って、空を入れた方が良かったみたいです。
 (そんな撮り方すれば、8枚合成が必要かな:笑)

 で、三脚に固定で撮った分を
(α-350,17-35G,f8,ISO100,jpg、ss15sec位)

1:4枚合成パノラマ
若草山夜景-3
 1280pixですが、リサイズすると、明かりがつぶれ気味になりますね。
 是非とも、リサイズ前の原画(約10,400pix)をご覧下さい(重いですが・・:笑)

 原画はココ(クリック)



2:手前、山の部分を明るくして(RAW現像)
若草山夜景-4
 無理ありますね。


3:山を少なく撮ったカットがありました。6枚合成です
1280pix
(α-700,24-70mmZA,f2.8,ISO800、手持ち)

 これも、画像掲示板にアップしています

Happy Birthday to Shita-no-Ko!!
 7月28日は、下の子の誕生日でした。

 しっかり、ケーキを買って(笑)

1:α-700+35G
誕生日-1
 この年で「○○ちゃん」もないけど・・・。我が子に「○○さん」も変だし・・・


2:α-700+35G+ストロボ
誕生日-2
 一応、スローシンクロのつもりですが、もろストロボ写真になりました(涙)


3:ロウソクもしっかり灯して
誕生日-3
 ロウソクの本数から、年齢の計算は皆さんにお任せ。3歳ではないです(笑)
 ヒント:一本だけ短いです(爆)


 親ばかネタ。適当にスルー下さい


若草山夜景-1
 6月、日中に行った「奈良・若草山(三笠山)」

 今回、夜景を撮りに行きました。

 (1280pixでアップしています。拡大してご覧下さい)

1:若草山(三笠山)山頂より、奈良市街と西(生駒)方向を望む(2枚合成)
若草山夜景-1
 (α-700,24-70ZA,ISO800,RAW,手持ち)


2:以前アップした、ほぼ同地点(2枚合成)
若草山-7

3:α-350,17-35G,f8,ISO100,RAW,三脚,(トリミングしてます)
若草山夜景-1

2年4ヶ月ぶり-3
 2年4ヶ月ぶり、その3
 2006/3/3「お水取り」時の東大寺前の南大門

1:2006/3/3の画像(α7D,17-35G,ss30sec)
南大門-3


2:2400Kで現像して、夜風に→絶対無理ある
南大門-1


3:原画
南大門-2

 お粗末様。今日もお休みです

奈良・興福寺
 先だっての奈良行きのカットから



1:奈良の興福寺。五重塔と東金堂。左奥は若草山(三笠山)
興福寺
(α-700,24-70ZA)

 今日は、お休みです
DT18-70mmの考察
 昨日は、祇園祭の花笠巡行。(祇園祭、まだやっています:笑)
 これも日中の行事なので、撮れませんでした。
 巡行を17日の1回にしたとき、「後祭」代わりに、始まった行事だそうです。
 で、花笠巡行の後は、還幸祭。御神輿は、八坂神社に戻られました(筈:笑)。

**********************************************************

 α-350にくっついてきた(笑)、「DT18-70mm F3.5-5.6」。 私にとって、初めてのDTレンズ。
 今更ですが、ちょっと考察しました。

 まずは、ズームの動きから

1:18mm。ちょっと出っ張ります
18mm

2:28mm付近。ほぼ、最短になります。
28mm

3:70mm域。ズーミング最長になります
70mm


 この動き、ちょっと変と思い、フルサイズのα-9で、どう見えるかを確認

4:18mm域。いかにもAPS-Cのイメージサークル。(撮影:Dimage Xt)
18mm

 しかし、全長が最短近くになった28mm域では

5:フルサイズで使えますよ
28mm付近
 28mmでは、少し周辺が、けられているとも見えますが、35mm域なら全然問題なし。
 フルサイズの35-70mmとして、十分使えるようです。

 つまり、28(35)mm→70mmに向かってのズーミングに伴う動きは、フルサイズの(イメージサークル)の動き。
 28(35)mm→18mmへ(全長が長くなってくるの)は、APS-Cでの動きをするようです。
 (どんな設計をするのでしょうね:笑)

 で、実質、9,000円の格安、(フルサイズ用)35-70mm???。F4.5~5.6になりますが・・・。


 お粗末様。スルー下さい(笑)
逆噴射??&エアー・ブレーキ
 前回続き。 

 「ブブー、皆さんハズレ」。じゃなくて、むしろ出題の悪さのお詫びを。

 アップした写真、角度的に見にくかったようで「ゴメンナサイ」です(汗)
 (はなから、ご存じの方でないと判らなかったかも・・・)

[答え]

1: エンジンカバーが、開きました(黄矢印)
正解
 ココをメインにしちゃいました

2:事前の、前回「7」のコマ
2枚前
 このアップが、角度的に、見にくくてゴメンナサイ(汗)

3:拡大です
2枚前-拡大
 閉まっています

 もっと判りやすい写真

4:後輪着陸直後→閉まっています
正解-2

5:滑走して→開いてきました
正解-3

 スミマセン。こっちを問題に使うべきでした。

 でも、 「まさか、エンジンカバーが開く」って、普通は気がつかないですよね。(笑)

*****************************************************************

 じゃ、このエンジンカバーが開くのって、なに?、が、今日のネタ(笑)

 実は、これに気がついたのは、この写真

6:えー、エンジン・カバーに穴が開いている? (A320)
エアーブレーキ-2

7:拡大して→この形ならエアーブレーキ?
拡大

 形状からして、当初はエアーブレーキと思いましたが、よく考えるとバイパス空気流の噴射方向を斜め前方へかな?。

8:着陸直前→閉まっています
エアーブレーキ-3

 他の機体では

9:B737→後方へスライドするようです
エアーブレーキ-4(B737)

10:着陸直後→↑同様に、閉まっています
エアーブレーキ-5(B737)

 スライドだと、エアーブレーキの効果は殆ど無いので、やはり「逆噴射の空気取り入れ口」でしょう?。

 
 では、エアーブレーキ?って何?、と思われた方は、続くに(笑)

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*