FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
200802<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200804
京都・山科にて
 土曜日に、「早すぎだろうなぁ」と思いつつも、(京都・)「山科(やましな)・疎水縁の桜」を撮りたいなぁと、家内と出向きましたが、やはり、ちょっと早すぎ。(咲いているのもありましたよ:笑)

 だからと、と云うわけでもありませんが、「山科の大カーブ」=「鉄の名所」を撮れる所を発見。一気に1G満タンになっちゃいました(笑)
 ここは、昔「山崎のカーブ」に匹敵する鉄の名所(今でもかなぁ?:線路のそばに入れないしなぁ)


***************************************************************
 山科の説明:京都中心部から「東山」を超えて、「滋賀・大津」との間
         「清水寺」の山を越えたくらい所と思って下さい
***************************************************************


1:「山科の大カーブ」全景。奥に見える山、右手は「清水山」(清水寺背後の山の裏)です
山科-1



2:イイ具合に「トワイライト・エキスプレス」がきました
 (実は時計をにらんで「来るんじゃない?」で狙ってたり:笑)
 しかし、200mmでは、歯が立たず
山科-2



3:トリミング(涙)。400mmは、要りそうです
山科-3
 昔は、斜面を駆け上がり、線路の横まで入れたのですが、今や柵で・・・


4:ココまで来れば、90mm
山科-4


5:「サシ」(食堂車)
山科-5


6:プラチナ・チケットの(展望台付き)「サロネ」(グリーン寝台)
山科-6


7:混色編成の「113系」(湖西線行き)
山科-7
ヘタッピ。顔(先頭車)に電柱が!!


8:上下で、京都向き車両のコラボ(笑)
 下に走るは「京阪・京津線」(この先で地下潜り、「蹴上・南禅寺」方面へ行きます)
山科-8


 この「疎水端」へ行ったの何十年ぶりだろう(確か中学の遠足時以来・・・:笑)

 masaさん、下見完了ですよ。445G持って、三脚担いで・・・(爆)。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.