FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
200711<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200801
京都・嵐山花灯路2007-2
 今年で3回目の「嵐山花灯路」。
 去年・一昨年で、中心部は一通り廻りましたが、
「大覚寺(北端)」・「法輪寺(南端)」が残っていました。
 今年は阪急電鉄で行ったので「法輪寺(南端)」を。
 具体的な場所はクリック(ここの"h"です)

 この法輪寺は「十三(じゅうさん)まいり」(大阪の方々→「じゅうそう」じゃありませんよ:笑)の地。
 私も○○年前、12才の4月(中学入学直前)に学生服を着て行きました。

 面白いのは、お参り済んで、
 帰りの道中、「渡月橋を渡りきるまで振り向いてはいけない。振り向くと授かった知恵を(法輪寺に)お返ししてしまう」と云う言い伝えが。
 当然、同伴の親兄弟は「何とかして振り返らそう」と努力します(笑)
 そんな懐かしの「法輪寺」へ行ってきました。



1:
法輪寺-1



2:参道入口(100,17-35G,Raw-3600k,三脚)
法輪寺-2
さすが"花灯路"時の嵐山、「スゴイ混雑でした」と云いたい所ですが
 この法輪寺は「竹林」の事を思えば「ガラガラ」。ちょっと粘れば「人を外した」も撮れそうでした。


3:三門(100,17-35G,Raw-3500k,三脚)
法輪寺-3
 粘って「人を外しました」が、奥に人が・・・(笑)


4:参道(100,17-35G,Raw-3500k,三脚)
法輪寺-4
こちらは「スローSSで消そう」としましたが、立ち止まられては・・・(笑)


5:ちょっとイイかなぁ(笑)(700,35G,Raw-5500k,手持ち)
法輪寺-5



6:↑撮影場所(700,35G,Raw-5500k,手持ち)
法輪寺-6


7:法輪寺の舞台より、渡月橋を見下ろす(100,17-35G,jpg,WB=昼光,三脚)
法輪寺-7
中央2器の巨大照明に挟まれた「緑のライン」が「渡月橋」です
 その左手奥、橙色の明かりが「嵐電・嵐山駅」。その向かい側が「天竜寺」(ライトアップ無し)です
 右手川沿いは、土産物屋(笑)

3,4(別アングル),7の原画はココ

 続きます

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.