子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
200709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200711
スーパー雷鳥(Bショーティー版)
 今年2月にNケージ版をゲットした"スーパー雷鳥"(クリック)

 こんどは"Bショーティー版"を(笑)

 幸い、Bショーティー(Nゲージで走らす)用の「モーター・台車」とパンタグラフまで、
全て在庫していたので作りました


1:Nゲージと並べて
スーパー雷鳥-4
(左)"Bショーティー"、(右)"Nゲージ"。
 Bショーティー、Nゲージと比べ、幅は同じ・長さは(ほぼ)1/2のようです
 Bショーティーもなかなかの出来?
 


2:実際に走ります
スーパー雷鳥-1
このカーブレール、R140mm、(Nの最小→R243mm:トミックス)


3:シールも貼りました
スーパー雷鳥-2
眼鏡外して、肩凝らして・・・(笑)


4:全8両
スーパー雷鳥-3
 カワイイでしょう?。
 この(茶色)直線レールは280mm。8両を駅に止めようとすると560mm必要。(Nなら1120mm)

 
 <こだわりのご紹介>

5:先頭車も連結出来るように取り替えました
スーパー雷鳥-5


 今日もコメント欄お休みさせていただきますm(_ _)m
秋の夜長
 先週末からちょっと風邪気味。昨日あたりから鼻が・・・
 休めないしなー・・・

 と、そんな事とは関係なく、[ラジオねた]ですが

レコード針って現在20万本/月の生産量があるらしいです。

 1985年からCDが出てきて'88年頃は、スゴイ落ち込みだったそうですが、

 徐々に復活して、最近は上記数字らしいです。

 もっとも国内(向け)は2万本(10%)程度だそうですが・・・。」


***************************************************************

 で、こんな話を聞くと、途端に・・・!!

 秋の夜長、レコードを聴きながら、こんなの撮ってました


1:一度撮りたかった(笑)
3009-2
 Shure V-15 TypeⅤ


2:うん?、針の向きがおかしい?
103FL
 DENON DL-103FL
 (共に、100macro,リングストロボ使用)


3:こういうバカをしています(笑)
Twin-arm
 シュアーなどハイ・コンプライアンスタイプは(右)SME-3009に付け
 103など重量級(MC型)は、(左)506/30と使い分けです





 またもオーディオ・ネタ。
 カメラと全然関係ないので、コメント欄お休みさせて頂きます


飛鳥再び
 今年は、(特に装備を変えた訳でもないのに)カメラバッグがとても重たく感じられます。 (特に9月「鞍馬・貴船」「神泉苑・二条城」時)

 「迷う初老さん」が、アップされている"飛鳥"を拝見して、
「去年は(同装備で)10kmほど歩いたのに」、と、ついつい。
 まだまだ、歳のせいとは思い(たくあり)ませんが・・・

 そんな事を思い出しつつ、"去年"の飛鳥の画像、未掲載分を
 去年の飛鳥はココをクリック

1:"飛鳥大仏"。「迷う初老さん」が撮れなくて残念がられている「日本最古の仏像」です(35G,f2.8,1/15,ISO-400)
飛鳥
 "撮影禁止"の貼り紙もなく、係の方の注意もなかったので撮りましたが、万が一"禁止"だったらと思ってアップは控えていました
 「迷う初老さん」確認ありがとうございます(笑)


2:オマケ、飛鳥寺のポストです
飛鳥ポスト
 「日本郵便のシール」のない時(笑)



 まっ、先だっての「宇治・灯り絵巻」では三脚まで持って、歩けたので、
「暑さのせいだった」と云う事にしておこうと思います


京都・宇治灯り絵巻(補習授業)
 また、「宇治かぁ」と、宇治ばかり、適当にスルーして下さい

**************************************************************

 東寺さん参拝後、時間が少々。
 東福寺(近く)に行こうかと思いましたが、時間的に中途半端。
 家内が(昨夜の宇治灯り絵巻)「興聖寺」に興味を持ち、それでは「宇治へ行こう」と・・・ 
 近鉄(京都線)+京阪(本線)+京阪(宇治線)と乗り継ぎ、「宇治灯り絵巻」の補習に行きました


1:京阪宇治駅にて
菊人形
 「ひらパー」の菊人形の案内が・・・
 確か、終わったはずなのに・・・。小規模でやってるのかなぁ


2:到着後、いきなり「駿河屋」(京阪前)で休憩(笑)
駿河屋
 さすが宇治、凝っているでしょう(笑)


3:これが「茶団子」です
茶団子



4:また興聖寺、「琴坂」
興聖寺-S1
 日中、こんな感じです


5:「楼門」
興聖寺-S2
 夜景では、(ライトの加減で)屋根が写りませんでしたが、こういう形でした


6:琴坂上部から楼門を臨む(7D+SSM)
興聖寺-S5
 5時を過ぎて、灯籠に火が入りました
 紅葉の時は良いかも!


7:夕焼け、がかって、D-R+
興聖寺-S3
 「このシチュエーションは絶対"D-R+"でしょう」と、思いきや


8:7D+SSM
興聖寺-S4
 アレレッ(笑) まっ、望遠なので空と建物の露光余り変わらないかも
 ↑と比べると、山の暗部沈んでいますね。


9:十三重の塔
十三重の塔
 「こんなん(こんな条件で)、撮っても影ばっかり」と云う家内に対抗心燃やして
 どうやー「こんな撮り方もあるんやで」と自画自賛(笑)


10:朝霧橋から
宇治川
 ここで暗くなりゲームセット

 と、2日続けて宇治でした(笑)


東寺さんをD-R+で
 いきなりですが

 上の子の作品です。宜しければ[ここをクリック]

 ご覧頂き「いいなぁ」 (お気に入り)の際には"投票・コメント"

よろしくお願いしますm(_ _)m
==>(ハイ、親バカ:笑)

*************************************************************************

 で、10/21は、東寺さんの縁日。7月以来、久々に行ってきました

 東寺さんを撮ると、いつも建物か空かに露出偏るので、
今回は、α-100で"D-R+"の効果と、仕上げ「風景モード」を試したく・・。

 季節が違うので、「天気や太陽の高さ等、光線の具合」が違っていますので、一概には云えませんが、
 空の青さは「仕上げ・風景」の効果
 暗部の持ち上げに"D-R+"、効果ありそうな感じです・・・


1:五重塔
東寺-1
1月撮影が対象かな。
1月の東寺さんはココをクリック 1月は天気・曇りですが、フィルム→粘っています
 今回は、晴れですが、暗部結構出ているかと・・・


2:本堂を臨む
東寺-2
 3月撮影:定点観測
3月の東寺さんはココをクリック ほぼ一緒かな?


3:本堂から五重塔を臨む、定番場所
東寺-3
 4月撮影:定点観測
4月の東寺さんはココをクリック
 五重塔の日陰部分に"D-R+"の効果があると思います
 (光の高度が微妙違いますが・・・)

(7月の東寺さん(ココをクリック)もありますが、場所もレンズも違うので参考になりません:汗)


4:大師堂から東寺を
東寺-4



5:SSMで(7Dです)
東寺-5


 α-700のLv5で撮ればどうなるのでしょうね
 そんな事を思いながら撮った写真でした




京都・宇治灯り絵巻(3)
 さて、京都・宇治灯り絵巻、最終回。今日は寺社を。
 ここまで「何かもう一つ」と、気が乗らなく撮ってたのですが、やっとスイッチが入りました(笑)

*******************************************************************

 朝霧橋から、宇治川に沿ってさらに上流へ


1:ココの灯籠は綺麗でした
興聖寺へ
 


2:興聖寺山門
興聖寺
 日本曹洞宗最初の寺院と云われています


3:琴坂
興聖寺琴坂
参道は、脇を流れる谷川のせせらぎが琴の音に似ていることから琴坂とよばれています。
 本当は参道に参拝者多数ですが、きれいに人が消えているでしょう(笑)


4:琴坂を上から
興聖寺琴坂上から
 実際は、この位の明るさ。歩くのには怖い


5:興聖寺楼門
興聖寺楼門




 興聖寺をあとにして、朝霧橋まで戻り、国宝(世界遺産)「宇治上神社」


6:宇治上神社の鳥居から
宇治上神社-1
 街灯邪魔で、人を消し切れませんでした(涙)


7:宇治上神社入口?
宇治上神社-2
 門が潰れるので、スローシンクロ(5600HS(D)M.Zoom85mmで)


8:宇治上神社、拝殿(5500k)
宇治上神社-3



9:宇治上神社、拝殿(2850k)
宇治上神社-4
 葉っぱを出すため、スローシンクロ(内蔵フラッシュ)


10:宇治上神社、竹藪(3500k)
宇治上神社-5
 唯一、木々(上)を照らしていた照明


11:駿河屋
駿河屋
 宇治名物「茶団子」を買って


12:最後は、鉄
宇治川橋梁

 宇治川橋梁通過中の"103系"って、誰も判らない(爆)
京都・宇治灯り絵巻(2)
 京都・宇治灯り絵巻、その2

 京都・宇治は、源氏物語(宇治十帖等)との関わりも深い事から、灯籠には全て源氏絵巻が描かれていました

(機材(特記なき物):α-100,17-35G,f8,ISO-100,三脚使用)

1:平等院通りで(7D,35G,f2,1/15,ISO-200,5200k)
灯籠-3 
このように店先に灯籠が置かれていました。


2:見た目(7D,35G,f2,1/60,ISO-200,5200k)
灯籠-2 



3:実際は、こういう色です
灯籠-1 
何故、日中の写真?は後日(笑)


 平等院の横を抜けて川沿いへ


4:「橘橋」のライトアップ(35mm,8sec,スローシンクロ,4900K)
橘橋 
手前のモミジを撮すため、内蔵ストロボでスローシンクロ


 「塔の島」に渡り

5:かがり火→間隔広すぎです(35mm,1/5,ISO-400,4900k)
かがり火 
かがり火を焚いた船が写っているの、見えますでしょうか?


6:宇治田楽(7D,70-200G,200mm,f2.8,1/30,ISO-400,手持ち,2850k)
宇治田楽-2 
↑の船に、この巫女?が乗っていました。 人の隙間からパチリ。



7:子供達も(朝霧橋の上から)(7D,70-200G,200mm,f2.8,1/45,ISO-400,手持ち,2850k)
宇治田楽-3 
 宇治田楽→平安時代、京都や奈良の祭礼で華やかに田楽を演じていたと伝えられ現代に復活させているようです
 詳しくはココ(クリック)


8:朝霧橋(17mm,30sec,2700k)
朝霧橋 
(曇り空の灰色を消すため2700kに)
 さすが30sec露光。見事に人が消えました。 ほんとは撮り直し3回、立ち止まられるとダメです(笑)


9:朝霧橋の灯籠(28mm,1.3sec,4900k)
朝霧橋の灯籠 
人を消すのに一苦労(笑)。
 ココの灯籠は市内の花灯籠と同様でした


10:宇治川沿いの灯籠(28-70G,45mm,f8,4sec,4900k)
発電所 
背景の川は、発電所からの水路河口。急流なのですが、スローシャッターでフワッとしてます(笑)
 その後ろは、朝霧橋です

 続きます

京都・宇治灯り絵巻(1)
 夜景には、・・・の季節ですが、10/19,20,21に、京都・宇治で京都・宇治灯り絵巻(クリック)があり、行ってきました

 1回目は、宇治橋周辺を。
 (日没直後なので、空が残っています)

(機材(特記なき物):α-100,17-35G,f8,三脚使用)

1:宇治橋のたもとから(17mm,3.2sec,昼光,jpg,standard)
宇治橋-1
 今年5月に撮った所。 (日中はこんなところクリック)


2:宇治橋から(17mm,f6.3,25sec,昼光,jpg,standard)
宇治橋-2
 α-100の昼光ですが、Rawを見ると4900kでした(7D,SDは5150k5200k)


3:↑と同じ、RAW=5500kで
宇治橋-2-5500k



4:↑と同じ、RAW=3300kで
宇治橋-2-3300k



5:チョット高度が高いが、月も出ていました(24mm,25sec)
宇治橋-3



6:別画像ですが、2850kで(24mm,25sec)
宇治橋-3-2850k



7:アップで5500k(35mm,30sec)
宇治橋-4
右の白い橋が"橘橋"、左の赤い橋が"朝霧橋"です


8:↑と同じ、RAW=3000kで
宇治橋-4-3000k




 市内(嵐山・東山)の"花灯路"にはかないませんが、それなりに夜景撮り楽しめました(笑)

 続きます。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*