子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
200707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200709
阪急=6300系=
 今日は鉄模ネタ。「あっ、そう」程度でスルー下さいm(_ _)m

***************************************************************

 鉄道模型を初めて以来、収集は「国鉄在来線車両のみ」(最近はJRも)と決めていました。
 理由は簡単。線路幅(国鉄=>狭軌(1,067mm)・私鉄=>標準軌(1,435mm))の違う車両が、
同じレールの上を走るのはおかしい
と、「新幹線すら持っていなかった」のですが・・、
やはり、京都~大阪を代表する「特急車両」位、持っていてもイイかな?
と、禁断?の私鉄に・・・(笑)

 で、「京都・河原町(四条)~大阪・梅田」を結ぶ、「阪急電鉄・京都線、特急専用車両、6300系

1:前照灯点灯
6300-1

2:尾灯点灯
6300-2

3:室内、2人掛けのクロス・シートも
6300-3

**************** <ここで、ウンチク開始> *****************************

 元来、京都~大阪間は、「国鉄・阪急・京阪」と激戦区
 所要時間は、路線形態もあり、国鉄<阪急<<京阪の順
 京阪は時間でかなわないなら「車両設備」でと、空気バネ・テレビカーなど、設備面で対抗

 1963年、阪急が(四条)大宮より河原町(四条)へと延長し、京阪と発着場所も殆ど変わらない状態に。
 にも拘わらず、当時ロングシート主流だった阪急は、クロスシート装備の京阪に客を取られたのは有名な話。
 (京阪1900系に対し阪急は2800系を緊急増備) (現在も阪急神戸線・宝塚線は、ロングシート)

 1971年より京阪は特急を3000系(全車冷房・全席クロスシート(世界初の座席自動転換装置付)・テレビカー)に更新。
 阪急も対抗して、1975年からこの「6300系」を投入。全車冷房・全席クロスシート(自動転換装置付)で、
さらに、扉を車端に持って行き、座席数と乗り心地を確保。
 (カーブ多く)揺れる京阪、なめらかな阪急。
 1976年、ブルーリボン賞を受賞

 現在は車齢30年となり、また京阪は8000系へと更新されたため、9300系等新型車も投入されているが
(停車駅増に伴う乗降時間短縮のため)3扉化されているが、「京都線特急にはやはり2扉」の声も多い。(私も:笑)
 (京阪8000系は2扉・2階建車両装備)


****************** <ウンチク終わり> ****************************

4:Hakyuマークも
6300-4


5:KATO製です
6300-5
 セット販売で、基本セット(先頭車+中間車(M付)+中間車(M無)+先頭車)の4両で事足りますが、
やはり8両のフル編成したい人のために、増結セット(中間車(M無)4両)も準備されています。
(しっかりゲット:笑)


 lucky562 さんにご紹介頂いた「尼崎のジオラマ」の影響かなぁ(笑)

 で、237両目!!。次は何ダー?(爆)
信楽高原鉄道
 久々に"鉄撮り"してきました
 場所は滋賀県信楽、「信楽高原鉄道」

 昔ゴルフをやっていた頃は、よく通った場所ですが、1991年(平成3年)5月、正面衝突事故以来、なかなか足が向かず・・・


1:誰かさんのマネ(笑)
信楽高原鉄道-1 
D-R+の効果、強烈です


2:ココで鉄を撮りたかった・・・
信楽高原鉄道-2 



実は、突然の思いつきで、ダイヤも調べず。こう云う時に限って、到着直後に、鉄来襲。
α-100は,昨日の月撮りセット(スポット測光、AS-off)
スポット測光だけ気づいたので解除しましたが、ASはOFFのまま(汗)


3:トリミングしています(笑)
信楽高原鉄道-3



4:同じくトリミング(笑)
信楽高原鉄道-4



5:
信楽高原鉄道-5


6:こんなダイヤ
信楽高原鉄道-6


清明神社
 突然ですが「昨日・一昨日」多数のアクセスを頂きました。(重かった?)
 実は今年の大文字のページ、"エッセイスト・麻生圭子さん"のブログからリンク頂き、ご来場者急増(笑)
 全国47都道府県から600超のアクセスを頂きました。(本稿掲載:了承済)

 リンクでお立ち寄り頂いてます方々、出来れば昨年の大文字や、今年の大文字"その後"もアップしています
カテゴリー"五山の送り火"で、一括ご覧頂ければと思いますm(_ _)m

*************************************************************

 さて、昨日の月食、京都では、曇り空で何にも撮れず(涙)。
 5分置きに空を見上げていたのですが、時々ある雲の切れ間に月は無し。
 スタンバっていたのに・・・、残念です

*************************************************************

 で、今日は、先だっての「下の娘」との京都取材の写真を

 「下の娘」の許しが出たので・・・!!

 「清明神社」でした。昨年「lucky562さん」がアップされています。
 また、宿題用の撮り方ですので、あしからず、「あっ、こんなんだ」程度で(笑)

(撮影:下の娘,α-100,TAM:28-200,P-mode(特記なき物))


1:こんな所です(撮影:T101(17-35G+7D))
清明神社-1



2:説明書き(写真クリック頂くと読める程度の大きさになります)
清明神社-2



3:(旧)一条戻橋
清明神社-3



4:説明書き
清明神社-4



5:厄除桃
清明神社-5



6:説明書き
清明神社-6



7:晴明井
清明神社-7



8:説明書き
清明神社-8



9:(現)一条戻橋
清明神社-9



10:説明書き
清明神社-11


 この土日、これら説明書きをワープロへ入力のご下命(笑)。おかげで肩が凝りました
 で、どうやら、宿題も終わったようです(笑)
月食前夜
 さて、今夜は久々の皆既月食。天気さえ持てば撮ろうかな。

 で、どのくらい撮れるかなの実験

 カメラ:α-100,ISO-100,WB昼光,jpg,D-R+,スポット測光で-0.7EV補正

 1000万画素でアップしていますので、よろしけれぱクリックで拡大してご覧下さい


1:328,f8
328f8



2:445,f8
445f8


3:328x2=600,f8
328x2


4:445x1.4=560,f8
445x14


445x1.4=560,f8が一番イイかな?
はたまた445x2でMFに挑戦か(ムリムリ:笑)


三脚撮影→スポット測光のため、真ん中に持って行くのに苦労があるかも・・
SSはかなり速く切れるので、こっちは楽・・・
六波羅蜜寺から五条坂
 8月も終わりですが、8/10「六道参り」の帰り道にパチリのご紹介

 <撮影:8/10,α-100,24-105(D)>

*************************************************************

 一昨年(2005年)のNHK大河ドラマ「義経」で有名になった「六波羅」
 平家の「六波羅邸」・鎌倉になっての「六波羅探題」はこの辺りでした。
 元々は「平安京」の外で埋葬の地。951年、空也によって「六波羅蜜寺」が創建され、その後信仰の地となりました。

 場所は、「八坂の塔」から一筋南、東大路を越えて(西へ)下り坂をほぼ下りた所
 「六道珍皇寺」さんの近くです


 と、期待を頂いてなのですが、今やこんなに・・


1:横から
六波羅蜜寺
 前の通り狭く全然引いて撮れません(汗)


2:本堂
六波羅蜜寺-2
 小さくなったと云っても、さすが歴史のある寺で
西国三十三箇所の17番札所。十一面観音は国宝です


3:お盆前ですので、お迎えの鐘。この梵鐘は地下にあり、下?から響いてきます
六波羅蜜寺-3
 


六波羅蜜寺を後にして、五条通へ

4:道中でパチリ
道中


 毎年8月7日から10日(お盆お迎え)の期間、五条通の「鴨川から東大路(清水寺下)」まで陶器市が開かれます
 此処来たの、40年振りかなぁ
 京阪電車が地上を走っていた頃は、車窓からよく見たのですが・・・


5:こんな感じ
五条坂



6:風鈴を・・
五条坂-2




7:気分は○○○○さん(笑)
五条坂-3
 女性の警備の方でした
 ウェストレベルで広角一杯でパチリ


 お粗末様。
 今更お盆の話なので、スルーして下さいm(_ _)m
玉すだれwith STF
 本格的に咲き出した「玉すだれ」をSTFで



1




3



2


 今日もコメント欄お休みですm(_ _)m

<α-100,STF,macro-mode>
2007=大文字=蛇足
 さて、ひつこく大文字
 

1:今年のベストショットでしょう
20070816大文字-P


稲妻を(14枚/180枚)
 昨日の夕方、京都市内は、10分で30mmと大変な土砂降りだったようです。
 幸い?、我が家の方は、雨も降らず雷も音だけ。

 夜になって、生駒山方向に雷の「空中放電」と思われる光が、壊れた蛍光灯状態。(笑)
 で、「稲妻」を撮ろうとチャレンジしました。

 昔から、「一度撮ってみたいなぁ」と思っていましたが、 フィルムでは勿体なくて絶対に無理(笑)

 何しろ、 光ってからでは、もう遅い。何処が光るかも判らない。(花火の方が楽だよー:笑)

先にシャッターを切っておいて、その間に光ればメッケモンの撮り方

 じゃ、「バルブにしろよ」ですが、長く開けると「地上の明かりが回り込んで」、肝心の「光った時には、すでに感光」状態。また「稲妻は見えず光っただけ」で、もうアウト。秒カウントもかなり面倒だなぁ(笑)と思い、「マニュアルで1sec、光りそうな直前にレリーズ」してで、運試し(笑)


 結局、21:30~30分程で180枚切りましたが、写ったのは14枚。
 打率:0.077(七分七厘では、投手だよ:爆) 


(機材:7D,SSM,ISO-200~400,f4~5.6位)



1:増感しています(WB昼光で撮れた唯一)
稲妻-1




2:原画
稲妻-2



3:遠いですが(AWB)
稲妻-3



4:電線がーーー(涙)(AWB)
稲妻-4




5:ピントが合っていれば最高だったのですが・・・(AWB)
稲妻-5




 自然のパワーって、スゴイです。ココまで明るいとは・・・

 今回の反省:
・明るさ対応にISO-100,f8~11
 (閃光なのでSS関係なし。明るさ調整はISOと絞りのみ)
・開けておくだけのシャッターなら、バルブ操作で「15sec」を目標(頭でカウント可)
 (SS15secに設定すると、途中で止められません)
・途中で光ったら、その場で「オフ(閉)」
 が、一番イイ撮り方かも


 機会あれば、この設定で再チャレンジしてみます
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*