子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
200703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200705
ニュー・ウェポン(爆)

本年初に「SR-T101+MC55mm/F1.7」以来の


ニューウェポンをゲット


なっ、なんと非球面レンズ搭載ですぞ!



Gレンズよりスゴイかも(笑)
 


ねー、スゴイでしょう!!!!


期待して、↓スクロールして下さい(爆)










 はーい、こんなレンズです(爆)




1:近眼でも、老眼になりますぞーーーー!
1

 裸眼視力、0.01以下の「ど近眼」でも、老眼には勝てず(爆)


2:ポリカーボネイト製の、非球面レンズですぞ
2



 使用方法は、眼鏡のレンズに挟んでセット。

 ヒンジで90度跳ね上げ可能なので、通常は跳ね上げておきます。

 老眼が必要になった時、眼鏡レンズの上に、このレンズを降ろして

 みごと、2枚1群レンズの出来上がり(爆)


 裸眼視力を近視の眼鏡が(視力を)持ち上げて、上の老眼レンズが、老眼をサポート 


3:MFで
3

 ピント、バッチリでしょう。MFですぞ(爆)


 で、ファインダーが大きくなり、MFが十分可能に


 また、7DとSDのファインダーの差も判りました


 ○○○さん、○○○○さん、いかがですかぁ?

 絶対イイですよ!!!!



 あっ、眼鏡不要だったか・・・(爆)


三井寺-7(macro&soft)
 先だって桜の堤防(京都・八幡)へ持って行くのを間違えた
100macroと、100softでも、桜を撮っていました。(デジタルです)


 マクロで

1:単に寄っただけ?(笑)
macro-1


2:うーん、もう一つ(笑)
macro-2



 じゃソフトで

3:Soft-3
soft-3


4:Soft-1
soft-1


5:Soft-0.5
soft-05

 やはりもう一つ、寄るの下手なT101でした(涙)


 桜強化月間の意地だけのUPです(笑)

 で、コメント欄はお休みさせて頂きますm(_ _)m


ナトリウム光で
 先だっての三井寺での夜桜。

 光源(水銀灯・ナトリウム灯)・露出等、多々欲求不満もあったので、再チャレンジ

 ナトリウム灯→色合わせ
 露出→どこまでマイナス目
がいいか

を、実験


1:ナトリウム灯
5200k
 普通のナトリウム灯に見えます


2:同、色合わせ
2750k
2750kですが、ナトリウム灯の色合わせ難しかったです



3:3600kで(28-70G,35mm,ISO-100,-1EV)
3600k
 一部飛んでいる所はありますが、コレならまだOK?・・


 広く撮ると、桜の露出がとりにくいので、引き続きアップで実験

4:2800kで(328,f4,ISO-400,1/2,-1.5EV)
2800k
(何回撮り直した事か、でISO-400)
 (イルミの夜景と違い、風による被写体ブレ、まいりました:笑)

 で、-1.5EVで、飛びがほとんど無くなりました


5:2600kで(328,f4,ISO-400,-1.5EV)
2600k
これで、ほぼ日中と変わらない色ですが、コレで良いのかちょっと疑問


 まぁ、表現ですので、いずれもイイと思いますが、

やはり夜桜の雰囲気を残したいと思うのは、私だけでしょうか?




と、4月、桜強化月間、続行中(笑)
宇治田原の桜
 終わりと云いながら、まだ桜を追っかけていました(汗)

 京都・宇治市の奥に"宇治田原町"と云う、お茶(宇治茶)作りの街(村?)があります

 ほんと田舎ですよ、ねぇーmasaさん(ゴメン:爆)

 撮影は、4/20でしたが、まだ桜残っていました。


1:「郷の口」辺りです(24-105D)
宇治田原-1


2:ちょっと寄って(24-105D)
宇治田原-4


3:もっと寄って(100-300APO)
宇治田原-2


4:菜の花も(100-300APO)
宇治田原-3


5:???(100-300APO)
宇治田原-5
 名前判りません(汗)



 結局、今年の桜"早い・早い"と云われていましたが、

 近畿では、例年以上に「長い間見られたなぁ」でした。


御室、五重塔と桜
 前回の続き、嵐電にて、御室仁和寺へ到着

 で、今日は、御室桜と五重塔を

 予告編は桜がなかったので、今回は桜のある所からのショットを集めました
 同じような物ばかりですが、ご勘弁下さいm(_ _)m


 御室桜は、背が余り高くなく(2mくらいかな)特別な品種のようです
 今年からDNA調査も含め、御室桜の調査が始まるようです


1:パンフォーカス気味に
御室-2



2:桜の隙間から塔を
御室-3



3:塔を左手にパンフォーカス
御室-4



4:望遠圧縮、ピント=桜
御室-5



5:望遠圧縮、ピント=塔
御室-6



6:もう少し近寄って、望遠圧縮、ピント=桜
御室-7



 何か塔が右に傾いているような。
 あっ、傾いていませんよ。

 私の撮り方がヘタなだけです(汗)

春の鉄風景-3(御室への道)
※:今日は、京都で"一番読めない地名"の沿線ですので、読み仮名入り(笑)


 さて、4/21,東寺さんの縁日参りのあと、御室(おむろ)仁和寺(にんなじ)

 四条大宮から嵐電(らんでん)"嵐山行"で、帷子ノ辻(かたびらのつじ)まで乗車、
 "北野白梅町行"に乗換て、御室駅までの道中を


 私事、嵐電に乗ること(多分)三十数年振り。メチャ、懐かしかった(笑)

 で、当時に戻ったつもりで(運転手横の)最前列へと行きたかった(オイオイ:笑)のですが、
"未来の鉄ちゃん(お子様)"の先客有り(残念:笑)。ちょっと後方から、車窓前方の風景を



1:嵐電名物、レトロ車両に乗れました(帷子ノ辻)
桜のトンネル-6
 


2:内装
桜のトンネル-5
 PSにて"-補正"しましたが、飛んでいるのは救えない(涙)


3:すれ違いにも、レトロ車が
桜のトンネル-7
 常盤(ときわ)鳴滝(なるたき)
 常盤→"じょうばん"ではありません(笑)


4:桜のトンネル
桜のトンネル-1
 4月上旬、桜のトンネルとして、夜間ライトアップされる所です。


5:かろうじて、桜残っていました
桜のトンネル-2
 ここを通過時、車両の室内灯も消灯され
「夜桜をよく見れるように」との配慮があります

 このカーブを曲がると

6:宇多野(うたの)駅
桜のトンネル-3
 以前は"高雄口(たかおぐち)駅"だった筈
 いつ改名されたのでしょう?


7:御室駅
桜のトンネル-4
 おばちゃんの鉄ちゃん集団?(笑)



 桜も、そろそろ飽きてきました(笑)

 と、云いつつ、続くに次回予告

東寺の桜
4/21,またまた東寺の縁日に行ってきました


1:(東寺の)五重塔と桜
東寺の桜
 いつものカットですが、桜・若葉が(笑)


2:(弘法)大師堂の八重桜
東寺の桜-2

 この桜、マニュアル露出=固定で撮りました。
 桜撮るのに、露出補正は当たり前ですが、木のまわりをグルグル回りながら撮ると
光線の具合により、補正の程度が難しい。
 で、一旦、桜の露出を測って固定すると、周辺の明るさに左右されないので、
意外とイイかもでした。
 (単体露出計いるかなぁ:爆)



 続きに次回予告=春の鉄風景-2

 で、桜強化月間、まだ続きます(笑)



桜の堤防-4(ポジ編)
 先だっての"京都・八幡の背割堤"。

 銀塩ポジの現像が上がってきました。

 「fortia-SP(ISO-50)とα-7」です


1:フル17mmで(アングルファインダー使用)
fr-1
 さすがに広い。f16まで絞ったのですが、焦点距離50cmでは、パン・フォーカスにならず残念。
 おまけに、広すぎて左手に人の写り込みに気が付かず(汗)
 

 実は、この画角で撮るのに一苦労。廻りの人達(一眼持っている方も)平気で入り込んでくる。
 17mm付けているなんて判らないから仕方ないかな(笑)
 おまけにアングルファインダー付けているので、「菜の花のマクロ」を撮っていると
思われても仕方なしでしょうね(笑)



2:SSMで圧縮
fr-6
 うーん、注意力散漫。目の前に人がいたとは(笑)


3:17mmで、見上げて
fr-3
 モミジじゃないよ(笑)


4:青空をバックに
fr-4
 少しだけ、青空がありました


 ↑の3・4、空と桜の難しい露出(階調)なのに、さすが銀塩、しっかり粘ってくれています
 

5:フル17mmの歪み感が面白い?(堤防先端)
fr-5
 ウソ(笑)、道が曲がっているだけ(爆)




copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*