FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
200701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200703
5600HS(D)の実験-2
5600HS(D)の実験の2回目

 前回実験で明らかになった1.5mの壁

では、最小露光にすればイイのでは?
と、実験

機 材:5600HS(D)
レンズ:85mm/F1.4 Limited →D対応レンズ
カメラ:7D→ADI調光にセット
三脚固定
撮影距離:2m
全て前回と同じ



1:S・A、modeで
S-A-mode

 うーーん、だめか(笑えない)


2:写りは?
写り

 アルミの反射にも惑わされず、さすが"Dレンズ"でしょうか?
 どちらの方法でも、写りは同じ(・・・)


3:P,M、modeで
P-M-mode

 えー、なんと、SS=1/4000、f22ででも、表示は1.5m!!
 正確には、1.5m以下ですが・・・・


4:それで、写るの?(1/4000,f22)
真っ暗

 写る訳無いよね(笑)
 1.5m以下と云わず、0.?mと云ってよ


 どうやら、表示は1.5mが限界



でも、1.5m以下で調光可能なの?と、続けて実験!!

5:1/4000,f5.6,撮影距離0.85m
0.85m

 85mmG/Limitedの最短距離0.85mで、トライ!
 ちょっとアンダーかなぁですが、まぁ、適正露出て云っていいのでは!!

[今日の結論]

 (調光可能)最短表示は1.5mが限界(困った物です)

 1.5m以下でも、マニュアルなら撮影はできる。

 但し、撮ってみなければ判らない。カット&トライ!!




 うーん、残念!!(古)




copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.