FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
200611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200701
嵐山花灯路2006-3
 「嵐山花灯路2006・行程記」、

今日は2回目:野々宮神社~嵯峨野巡り~落柿舎まで。


 (行程を繋ぐための写真は小さくアップしていますが、クリック頂くといつもの大きさです)

************************************************************

 さて、野々宮神社をあとにして、大河内山荘へ向かいます


1:先だっての竹林、露出違いです(20mm域,f5.6,10sec,ISO-100)
竹林-4

 観光客がかなり写っています。やはりCマンと向かい合わせでした(笑)
 

大河内山荘への上り坂にさしかかると、一段とライトアップが


2:竹林(17mm域,f5.6,30sec,ISO-100)
竹林-5

 コレはキレイに撮れたのでは、と、ちょっと自慢(笑)


 さらに坂道を進み


3:大河内山荘(20mm域,f8,10sec,ISO-100)
大河内山荘

 内部もライトアップしていて入れるそうですが、受付は19時まで。

 時計は、すでに19:17、ああ無情(笑)
 ちょっと残念と、思っていると、山荘の前には



4:大河内山荘前の竹林(17mm域,f8,10sec,ISO-400)
大河内山荘前

 意外や、ここ、キレイでした。
 あっ、画面中央から左下に流れている光は「電車」です。
"音を頼りに"しっかり鉄を狙い打ち。鉄魂、健在ですぞ(笑)


 さて、ここで引き返すつもりだったのですが、
この光に誘われてトロッコの駅までは行ってみようと、
坂を下り、



5:トロッコ嵐山駅(17mm域,f8,1sec,ISO-400)
トロッコ嵐山

 ここも、イルミネーションしていました。 

 
 駅舎は開放(WCの為)されていたので、入ってみると、来た甲斐がありました


6:今回のベスト5に入る(かなぁ)(26mm域,f8,4sec,ISO-400)
トロッコ嵐山のライトアップ

 ↑4のライトは、これでした。
 横を走る電車の窓から見るとキレイでしょうね。
 (撮影場所、実はトイレの横:笑)


しかし、鉄の架線がどうしても写り込み


7:35Gを手持ちで(f2,1/40sec,ISO-1600)
トロッコ嵐山のライトアップ

 何とか、架線は除けましたが、駅舎の屋根が・・・


 さて、ここから奥(常寂光寺方面)へ向かうと、かなりの時間がかかる。
時間は既に19:30。ライトアップは20:30まで。
 "渡月橋"へ、と、引き返そうとすると、ここも「一方通行規制」。
 (まぁ、無理矢理戻っても問題なかったと思いますが・・・)

 "仕方ない!ぐるっと巡るぞ"と覚悟を決め、より早歩きになって!
また、撮影後のノイズリダクション時間も歩きながら(笑)




8:常寂光寺前(17mm域,f8,6sec,ISO-400)
常寂光寺まえ

 時間に追われているので、一発勝負。
 どうせフレアーでダメだろうと思いつつ、ガッ・シャ。
 結構、巧く写っていますね(笑)



9:常寂光寺(17mm域,f8,3sec,ISO-400)
常寂光寺

 やはり、人が途絶えることは無し


10:常寂光寺正面のモミジ(24mm域,f8,1.5sec,ISO-400)
常寂光寺正面モミジ

 まだ、紅葉が残っていました。
 SSMに付け替えて、もう少し離れた所から圧縮で狙いたかったのですが、
この後"落柿舎前の灯籠"もあるので、レンズ交換は無し。
 (ちょっとだけトリミングしています)


 いよいよ、嵯峨野巡りの最後、落柿舎前へ、歩を進めて


11:落柿舎と灯籠(17mm域,f8,15sec,ISO-400)
落柿舎前

 なかなか、イイでしょう。前は、畑ですよ(笑)

 初回の道案内のライトアップはここで撮りました。


12:嵯峨野巡り最後のカット(17mm域,f8,15sec,ISO-400)
落柿舎前2

 右手"落柿舎"、左手は下ってきた"常寂光寺"です
 左端の自動車は外したつもりだったのですが・・。
 トリミングしようっと(笑)


 これで、嵯峨野巡り終了、時間は既に19:46
 渡月橋まで早足で歩いても、15分は必要

 "急げー"、と、野々宮神社へのルートは取らず、真っ直ぐ"長辻通り"(「竹むら」前の通り)へ



 で、つづく


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.