子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
200610<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200612
ポジ・スキャナー第6弾

 さて、いよいよ冬でしょうか? これからは寒くなりそうですね。
 昨日29日は18度あったのですが、コレからはせいぜい12度位ですって。オマケに朝は5度が当たり前、おーーー寒い!!
 そうそう、タイヤをスタッドレスにしなければ・・・


***************************************************************

 で、今日はネタ切れ。ポジ・スキャナー第6弾

 この菊の苗、受け継ぎ今年も育てていますが、今年の出来は・・・ですので、ポジから(笑)

2001/11当時、マクロというか、"接写もどき"をやってました(笑)


黄色



白色




紫色
 この紫色だけ引き継げませんでした(枯れました:寂)


 多分100macro(D)を買ったとき


 お粗末様

SSMの裏技!!
先だっての夜景時の半固定。このようにしていました。

三脚座を裏返すと、7Dのプリズム(ストロボ)と同じ高さに
ここにカメラを置くと、手すり等と同程度に安定します。

(レンズを外すと、このようにキチンと乗ってくれます:笑)

但し、レンズ装着時は、レンズの重みで前方へ落ちますので、

絶対に手を放さないように!!




 「よい子は真似してはダメです」

 まぁ、自己責任で、試されるのは自由ですが(笑)



1:こんな風になります(笑)(Xtにて)
1


2:↑で撮った夜景(17-35G,ポジ)
2
 ね、ブレていないでしょう(笑)


3:同じく(35G,ポジ)
3

今日は、絶対シャパさんから、お叱りを受けるな(笑)。

先にゴメンナサイ(爆)





New BAG
 いきなり余談ですが、地元ネタで!

「昨日(26日)、東福寺(の参拝者)"3万人"ですって」

 あー、恐ろしい(笑)

*******************************************************

 さて、New BAGです

 現在、主に使っているバッグは、
「本体2台、レンズ6本+ストロボ収納のショルダー型バッグ」ですが、
お手軽時にはちょっと大げさ

 本体と3本収納出来ればいいで


1:ロープロ、オフトレイル2
1
 初のウェスト・ポーチスタイル。
 真ん中に80-200/2.8レンズをカメラに装着のまま収納



2:背面
3
 ショルダー・ベルトとウェストベルト「併用です」
と云えば聞こえはイイですが、ウェストだけの固定は無理。
 「バッグの反り返り防止」と、「重量の半分」をショルダーにお願いしないと
「腰・腹」が持ちません(笑) 
 しかしウェスト固定できるので、走ったり・飛んだりも出来ます(しないけど:笑)



3:これだけを
2
 先だっての東山シリーズは、このスタイルで撮ってきました。
 歩くときは"後"、撮影時は"横"、レンズ交換時は"前"と、
バッグを自由に回せて便利でした。

 しかし、内寸90mmでは、フードが収まらず・・・




京都・鷹峯
 京都、洛北の端、"鷹峯"

鷹峯の場所
 海抜120mくらい。金閣寺より、まだ北。
 京都の駅伝で「千本北大路(せんぼんきたおうじ)」
 (高校駅伝男子では1区、女子駅伝では2区)
が紹介されますが、まだその2km北です。


で、何があるの?

 光悦寺→本阿弥光悦の庵、光悦(芸術)村
 源光庵→(伏見桃山城)血天井で有名
 常照寺→吉野太夫の墓所

があります

 実は、久しぶりに実家へ行ってきました
 (プライベート・ネタばっかり:笑)

 雨が降りそうなので、どこにも入らず、前だけを30分ほどで


1:鷹峰の案内
1


2:鷹峰三山(5枚合成:1200pixですので、大きくしてご覧下さい)
2
 左、中央やや右、右奥霞んでいますが、3山あります
 この付近だけ、西側のこの山のおかげで、今頃の季節は4時頃に日没


3:こんな所(上の左端:南向)
11
 京都タワーを下に見ます。高いでしょう(笑)


4:↑のアップ
12
 今でも年に数回、積雪します。
 冬場は、市内中心部より5度位低い時もあります



 では、こんな所です


帰りは「鉄」
東福寺の帰りは、当然「鉄ちゃん」(笑)
折角先頭に乗ったので。なら「なんでJRなの?京阪もあるよ」とツッコミ。
(ハイ、先頭に乗った言い訳でした:爆)


1:宇治川橋梁
2
 運転士の頭越しに
 レールのつなぎ目にご注目。ロングレールのつなぎ方です。
 レールが長い分、夏・冬の伸縮差が大きく、こういうつなぎ方をしています。
 新幹線は全てこの方法です。このつなぎ方の所は、カタン・コトンの音もしません。


2:宇治
3
 窓越しですので、自動レベル補正しています


3:クハ103-76(桃山駅にて)
1
76号機、未だに走っています。この駅舎も古いなぁ(笑)


4:遅れ表示
4
 最近は、こういう表示も出るのですね。(知らなかった)



5:宇治駅にて
5


後半は、SSM君でAF-C。ここに鉄が来ます。



筆供養

わざわざ、11月23日に東福寺へ出向いた本当の理由は、コレでした

毎年11月23日に"筆供養"をやってます。今年は60回目(還暦です)
場所は東福寺南門を出た所の「正覚庵」

18年振りにお参りしてきました。
実は亡き実父に連れられて、よく行った所です。
父、実は京都では、ちょっと有名な書道家でした。あくまで地方区ですが(笑)

えっ、私ですか?。あとを継いでいません(キッパリ:爆)



1:筆供養案内の"のぼり"
0
 京都在住(だった:笑)有名な書道家施主の"のほり"が、道案内
 お懐かしい"お名前"が、たくさんありました。


2:正面
1
 ここで、受付の方々と、昔の話をひとしきり(笑)


3:お松明で供養されます
2
 左手に、"筆塚"があります


4:筆
3


実は、ここの庭園が凄いのです。日頃は入れません。
こぢんまりとした見事な庭園。どう撮ればイイか判らなく、パニックになりました。
ヘタッピで全然画になっていませんがすが、雰囲気だけでも・・


東福寺-2
東福寺の2回目


1:2枚合成しました
P2
 右画像が、ブレていますので、醜いですが、全景です



2:一番近くにピントを合わせて
1
 通天橋の人がぼけて、イイかなぁ、です



3:紅葉せず
2
 紅葉していない時は、こんな感じ?(笑)


4:本堂への参道
5
 大混雑の橋を渡ったあとでも、この人・人・人


5:↑の紅葉
10
 真上に向けて。あー、青空だったらなぁ!!


6:本堂を
6
 観光客は「通天橋」の方(ここの裏側)に向かうので、こちらはガラガラ。
ちゃんとお参りしなさいよ、と云いたくなりました(笑)。
 えっ、私ですか?。もちろんお参りしましたよ。
 でもお布施は、通天橋への方が多い(笑)


7:三門(本堂前から)
8
 何故か、左1/4程がブレ?なのか、ボケボケです???
 右は写っているのに、変な写り。ASの誤動作かなぁ?


8:三門から本堂を
3


9:三門の柱
7






東福寺-1
 23日、雨の予報がハズレ、うっすら日差しも。

 なら、「突撃ダー」と、「東福寺」へ
 
 青空・日差しがあれば、もっと鮮やかなのですが、撮ってきました。



1:通天橋を望む
1
 去年は12月初に来たのですが、ちょっと遅めと後悔。
 10日早く来たのですが、紅葉の遅れで、半分位でしょうか


2:縦位置でも
2


3:この位の画角の方が
3
 手前の紅葉が進んでいませんでしたので、少し狭く


4:庭園
4
 また、のぞきみ(笑)。まだ、かなり緑が残っています。


 混雑具合は、続くに


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*