子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
200609<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200611
私もミニチュア
 私もミニチュアに挑戦(笑)


(機材:35G,7D,jpg,AWB)

1:
2



2:
1




3:
3



4:
4



5:
5


 ジオラマでした(笑)

 撮ってみて「YKNDさん」の加工技術の凄い事が判りました。よく似ています。

 "実写"を"ぼかして"ミニチュアに加工だから、"ミニチュア"は"ピシッ"と撮らなければ行けませんよね(笑)





お粗末様

花壇の花と街灯を
先週、35Gの実写しました

夕闇直前に、花壇の花と街灯を。

(撮影地:誰かさんの地元:笑)
(機材:SD,手持ち,jpg)


1:f1.4
35Gf14A

 私には、マクロより、35Gの方(こういう撮り方)があっている?(爆)
 カミソリ・ピント==>AFエリアを駆使して合わしました(笑)


2:f2
35Gf2A

 街灯のボケ、スゴイです。さすが大口径!!スゴイ


 アングルを変えて


3:f1.4
35Gf14B

 どこかの雑誌のボケ実験みたい(笑)


4:f1.7
35Gf17B

 すこし、ブレたかなぁ。


5:f2
35Gf2B

 少し引くと、やはり広角。背景が写りだしてきました





ポジ・スキャナー
 ↓、読物「子供と共に育った、αシステム」の目次を作ってみました
 「欄外にもカテゴリー」を作りました

******************************************************************


 旧宅に戻って、ポジファイルを発見

 嵐山をチョットスキャナーしてみました
 (撮影年月日無茶苦茶、機材も忘れましたが、多分、α-9)


1:第二十話、下の子が200mmx2で撮っている様子
400mm



2:嵐山・渡月橋北岸、定番の場所から
渡月橋



3:天竜寺の庭
天竜寺



4:竹林の中-1
見上げ

 これは、α-7かも?


5:竹林の中-2
見上げ2



読物 =目次=

読物「子供と共に育った、αシステム」 =目次=


[第一回:子供撮影始まり] 
   「X-500+NewMD Rokkor35-135mmF3.5-4.5+MoterDrive1」

[第二回:カメラとの出会い]
   「オリンパス・ペン、SR-1S,SR-T101」
    (画像ありません)(2007/7追加有)

[第三回:MF時代]
   「X-500+NewMD Rokkor100-300mmF5.6+MoterDrive1」

[第四回:AF化直前]
   「α-7700i」

[第五回:AF化へ]
   「α-7700i」

[第六回:7700i]
   「α-7700i」
   「AF35-105mmF3.5-4.5New」

[第七回:第一次レンズ沼-1,プール教室]
   「Hi-Speed AF APO-Tele 200mm F2.8G
    (初期型、Hi-Speed改造)」

[第八回:第一次レンズ沼-2,祇園祭]
   「AF 28mm F2.0(初期型)」

[第九回:第一次レンズ沼-3,河川敷で寝転がって]
   「AF 100mm F2」

[第十回:第一次レンズ沼-4,大ホールにて]
   「AF1.4xTele Converter APO2」 (200GvsSTF比較もあり)

[第十一回:第一次レンズ沼-5,あってもイイんじゃない]
   「AF50mm F1.4」(F1.7)

[第十二回:第一次レンズ沼-6,公式野球場]
   「AF 2x Tele Converter APO2」

[第十三回:第一次レンズ沼-7,結婚披露宴]
   「α-8700i」
   「AF 28-70mmF2.8G」

[第十四回:α-707si登場]
   「α-9Xi」

[第十五回:第一次レンズ沼-8,家内に]
   「AF100-300mm F4.5-5.6 APO」

[第十六回:公式陸上競技場(準備編)]
   「ミノルタ、お客様センター登場」

[第十七回:公式陸上競技場(撮影編)]
   「大失敗」

[第十八回:第2の沼、ボディー編-1]
   「α-807si」

[第十九回:第2の沼、ボディー編-2]
   「α-9」

[第二十回:第二次レンズ沼-1]
   「AF 80-200mmF2.8G」

[第二十一回:第2の沼、ボディー編-3+α]
   「α-7」
   「Tamlon,AF28-200mm F3.5-5.6 ASF」

[第二十二回:第二次レンズ沼-2]
   「AF 100mm Macro F2.8(D)」
   「α-7機能編」

[第二十三回:2回目の公式陸上競技場]
   「AF High Speed APO Tele 400mm F4.5G」

[第二十四回:運動会、(AF 400mmF4.5Gその後)]
   「Tamlon,AF28-200mm F3.5-5.6 ASF」

[第二十五回:ラッキーだった]
   「AF 85mm 1.4G」
   「AF28-105mmF3.5-4.5xi」
   「α-9xi」

[第二十六回:夏休み自由研究]
   「Dimage XT(コンデジ)」
   「AF 50mm macro F2.8」
   「リングストロボ」

[第二十七回:α-7Digital登場]
   「α-7 Digital」

[第二十八回:第三次レンズ沼-1]
   「AF 24-105mm F3.5-4.5(D)」

[第二十九回:第三次レンズ沼-2]
   「AF 17-35mmF3.5G」

[第三十回:第三次レンズ沼-3]
   「High Speed AF APO-Tele 300mm F2.8G:旧型」

[第三十一回:第三次レンズ沼-4(STF 135mmT4.5)]
   「STF 135mmF2.8(T4.5)」

[第三十二回:第3の沼、α-Sweet Digital登場]
   「α-Sweet Digital」

[第三十三回:第三次レンズ沼-5]
   「AF 100mmF2.8 Soft Focus」

[第三十四回:第三次レンズ沼-6(AF 35mmF2)]
   「AF 35mmF2」

[第三十五回:3回目の公式陸上競技場、その1]
   「328実写編-1」
   
[第三十六回:3回目の公式陸上競技場、その2]
   「328実写編-2」

[第三十七回:成人式前撮会]
   「35G,85GLimited実写編」

[第三十八回:α-100見参!]
   「α-100」

[第三十九回:α-700でテニスを撮る]
   「α-700」

[第四十回:ライブ・ビュー(α-350,DT18-70mm F3.5-5.6)]
   「α-350」
   「DT18-70mm F3.5-5.6」

[第四十一話:一つの終着駅(24-70mmZA)]
   「24-70mm F2.8 ZA」

[第四十二話:がんばった、レンズ群]

[第四十三話:=その日は=](第一部終了)


[番外編]
子供と共に育ったαシステム-実写編-1

子供と共に育ったαシステム-実写編-2

[第三十五・六回:3回目の公式陸上競技場]=番外編=

[第四十一話:一つの終着駅(24-70mmZA)]=番外編=
   「85G Limited実写編」

[第十二回:公式野球場で撮影]=番外編=
    プログラム

[第一回:子供撮影始まり]-実写編

[第十七回:公式陸上競技場(撮影編)」=実写編



== ミノルタの歴史 目次 ==

「α」ボディー・レンズ歴史

ミノルタレンズの歴史('93年当時&「G」)

ミノルタ一眼ボディの歴史

***************************************************************

Sony-αの歴史


2006/10/29
3兄弟、その2


 さて、シャパさんからお譲り頂いたSSM、その2です。

1:SSM君(35G)
SSM

 銅鏡にスイッチ一杯付いて、カッコイイ!!(笑)


 さて、今日はSSMの特徴を、

 では、どうぞ!!





3兄弟、その1
 第4次レンズ沼=今日は、とうとう「70-200GSSM」(オイオイ:笑)


 これも先日シャパさんからお譲り頂いた「Part-3」です。
 (しつこいですが) 「シャパさん、ありがとうございました。」

 
 約20年前、αになって一番始めに買った交換レンズが200mm(左)。
今回、3兄弟となりました。

1:200mm,3兄弟(撮影:35G)
3兄弟

 左から200mmF2.8G(初期型),80-200mmF2.8G(最終型),70-200mmF2.8Gssm



 では、実写を、どうぞ






Limited
[今日は文章多くなりますが、よろしくお付き合い下さい。m(_ _)m]


  ** Limited **

 Limited、と云えば、最近=ペンタックスみたいですが、ミノルタも

"α-7 Limited"
"TC-1 Limited"
"CLE GOLD Limited"


と、ミノルタの方が先!!(かなぁ:笑)。

えっ、何か抜けているって、気づかれた方は、絶対ミノルタン(造語です:笑)

*********************************************************************

 そんな話は置いておいて(笑)、本題。

 今日は、なっ・なんと「85mm Limited」(1/700の233号機かなぁ)

 先日シャパさんからお譲り頂いた「Part-2」です。
 (何とかの一つ覚えですが) 「シャパさん、ありがとうございました。」

で、「85G(初代)vs85G Limited」です



1:背比べ
1
 Limitedの方が"背が高い"。ちょうど、リア・レンズキャップ分違います。
 重量感も"ズシッ"ときます。(STFみたいです)
 また、D型ですので(初代と比べると)、太い(笑)

 スポーツで云う「(kg)階級」が違う選手のようです。
 85Gも十分重量級ですが・・(笑)



2:前玉(右:Limited)
前玉
 通常の85mmGで、72mm系の限界と思っていたのですが、
 Limitedは、さらに切りつめて端までレンズです。


3:後玉(右:Limited)
後玉
 こちらも、限界までレンズです。
 すこし、楕円ですが・・


 では、実写をどうぞ






MD→α、その2の2
 「迷う初老さん」からお借りしています「MD(C)→α」のコンバーターで、
MDテイスト、その2-2。

先だっての「MD35-105mm F3.5-4.5」が、105macroに変身


1:変身後(笑)
MD-macro

 "テレ端"時、左の青色○ボタンを押しながら回すと、「 (max1/4)マクロレンズ 」に早変わり。
 このリングがピントも兼ねます。

 (ホコリが目立って・・。「迷う初老さん」コンバーターはキレイですよ:汗)


では、

 (機材:今日はMF命、なので"7D"+三脚)


1:f8、(アンダーです)
MD-macro-f8

 コンバーターx2ですので210mm macroになっています
 


2:f4.5(開放)
MD-macro-f3.5


 いかがです?。なかなかのモノでしょう(笑)

 デジタルで撮って再確認です

 このレンズのおかげで、MF時代macroレンズは、持っていませんでした
 "35-135mm+1/4macro" と来れば、大抵の物は撮れますよね
(まぁ、当時先立つものもありませんでしたが・・・:笑)



4:AF100macro(D) f2.8
100macro-f2.8

 ↑と同地点からですが、100mmと210mmの差で、画角変わりました


5:AF100macro(D) f5.6
100macro-f5.6

 さすが、αのmacroですね。


(モデル:「モノクロぶー」、所属:下の子)

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*