子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
200604<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200606
ストロボ、ノン・ストロボ、スローシンクロの撮り比べ
 ひつこく(京都弁:笑)(しつこく)、ストロボネタで

 ストロボ、ノン・ストロボ、スローシンクロの撮り比べ


共通データー:SD,35mmF2,距離70cmです
全て、勘撮りですので、ピンボケ、ご了承下さい(ハイ、言い訳!!)


1:ノン・ストロボ
ノンストロボ
 葉っぱの影で、よく見えません。(手ぶれも:恥)



2:ストロボ
ストロボ
明らかにストロボ


3:スローシンクロなら
スロー・シンクロ
 調光補正、-2。 コレなら良いのでは??


トラブル
5/30,PM9現在

スミマセン、ブログ、トラブル中です!!

m(_ _)m




5/31,PM6,やっと、投稿出来る所まで来ました!!

今暫く時間かかると思います。


5/31,何とかなりましたが、
   新規で作成すると、未だにWidth コントロールが効きません




スローシンクロ+調光補正
先日のストロボ、ネタ、引き続き

スローシンクロで調光補正の実験!!

ずっと以前に、実験していた作り置きですが、きっかけがなかった物で


 結果は、 メインの被写体ではなく「後方のドア」に調光 したようです。



機材:α-SD,35mmF2,5600HS(D)クリップオン
撮影:SS1/10,F4.5,ISO3200(汗),多分割測光、P-TTL調光
カメラの設定:露出補正は「定常光のみ」に設定

1:ノン・ストロボ
ノンストロボ
 被写体の7Dも後方のドア、完全につぶれています


2:普通のスロー・シンクロ
通常発光
 チョット明るすぎかな。7Dが見えるようになりました
 後方のドアが適正かなぁ

3:スロー・シンクロに、調光補正,-2
補正-2
 -2だから、7Dもっと暗くなってくれても・・
 後方のドアは、確かに暗く


4:スロー・シンクロに、調光補正,+2
補正+2
 これは、7Dにも効いているが、廻りも影響を受けている。
 後方のドアも、明るく


 廊下では、色々な反射や、突き抜けがあって、難しいですね。

 メイン被写体の大きさの影響が大きい
 
ようです。


 今回は、お粗末様(笑)


祝:光開通
 今日は、私事 「祝:光開通!!」

「64Kから光へ」移行出来ました。現在「はなれ」生活のため「母屋」より11Mの無線で。でも2Mは出ています。
(100base/T有線接続時、62MBを記録)


 で、今日は贅沢に過去作品から1200pixでブログの制限200Kギリギリに圧縮を緩くして、UPします。
 いつもの(圧縮の)モヤモヤが少ないはず(笑)


[画像をクリックで、フルサイズでご覧下さい!!]


1:雪の金閣寺(2005.12.23,SD,35mmF2) 
光接続記念2-1200pix

 京都でコレは外せません(笑)。足を滑らせながら撮りに行った金閣寺


2:明石海峡大橋(2005.11.12,7D,80-200G,80mm域,三脚)
光接続記念5-1200pix

 道中先の渋滞が見えているので、淡路島で時間潰し(笑) 


3:東大寺・鏡池(2006.3.3,SD,17-35G,17mm域,三脚,2850K現像)
光接続記念1-1200pix

 寒空で風邪引いた、お水取りの帰り。おまけに、翌日階段から落ちて・・・(爆)



 夜景が続きました(汗)。一応、秋・冬・春のつもり(笑)


 贅沢に「リアルタイム・プレビュー」しながら作っています。目がチラチラする(爆)

***********************************************************

ストロボ調光の・・2(銀塩編)
(今日もしつこく:笑)「東京☆スナップ」会長「白菜のミルクスープさん」と「36 elephant big shots!」の「おーにしさん」とで共催頂いています、WB展覧会。

第2回の締め切り(6/5)ですが、皆さんいかがでしょうか??

そろそろ(笑)



*********************************

 さて、昨日の続き。ストロボ調光の・・2


 銀塩、α-7で、実験再開!!

 また、新しい発見が・・・!!

 (あっ、昨日のデジタルと同条件、ISO感度は400、撮影距離も0.6mにしています)


1:F2.8時、調光最短距離 1.7m
7F2.8

 意外でしたが、デジタルと同じような現象!。
 距離は近くなった物の、最短距離1.7mと1.5mにも、もっと近くにもならず。
 しかし、今回は!!(新たな線に注目!!)


2:F3.2時、調光最短距離 1.5m
7F3.2

 最短距離1.5mと、短くなりました。デジタルと同じ傾向です。
 が、ストロボの横矢印線。
 最長距離が28m超のオーバー表示が、消えました。

3:F3.5時、調光最短距離 1.5m
7F3.5

 最短距離1.5mと変わらず。デジタルと同じです。
 しかし、ストロボの横矢印線。
 最長距離が24mと、短くなりました。



4:F4時、調光最短距離 1.5m
7F4

 最短距離1.5mと変わらず。デジタルと同じです。
 最長距離が24m、変わらず。

 しかし、この後、絞っていくにつれ、最長距離は、短くなってきます。


5:ADI調光でした
7ADI



 またまた、 仮説(笑)は、続くに!!
ストロボ調光の・・・
(今日もしつこく:笑)「東京☆スナップ」会長「白菜のミルクスープさん」と「36 elephant big shots!」の「おーにしさん」とで共催頂いています、WB展覧会。

第2回の締め切り(6/5)ですが、皆さんいかがでしょうか??

そろそろ(笑)



*********************************

 今日は「ストロボ調光」について、気づいた事があるので・・
 最終結論は取れていませんが、一つ具体的数値が取れたのでご紹介を。

 以前から「鉄道模型」やα増殖記の「ボディやレンズ」を撮っている時から「おかしいなぁ」と思っていたのです。

 具体的には、
 1:↑の撮影は殆ど「マクロ(に近い)状態」
 2:「絞り開放」で撮ると「調光オーパー」
 3:で、「F5.6」以上で撮る
、が、常でした。

[疑問]
 絞り開放で、「外光ならSSついていかず」で判るが、 「何で(TTLストロボで)オーバーするの。しかも、絞ったら改善する。」 が、ずっと疑問!!


[今日の発見]
 5600HS(D)の「調光範囲(可能距離)」に、変?な表示が・・・


 では、↓をご覧下さい。


1:[条件]SDに50macro(非D)と5600HS(D)セット。焦点距離0.6m
50macro



2:F2.8時、調光最短距離 2m
F2.8

 なんで2mなのよ?


3:F3.2時、調光最短距離 1.7m
F3.2

 あれれ、絞って何で近くへ寄れるの??


4:F3.5時、調光最短距離 1.5m
F3.5

 あれ、あれ、ますます寄れる???


 じゃ、実写は?

[第三十三回:第3の沼、第三次レンズ沼-5(AF 100mmF2.8 Soft Focus)]
 今日は、本当のネタ切れ。久しぶりの「α増殖記」で

2005/10、突然、いきつけの店から電話
 「100soft、入ったけど、要る??」
 「えー、なんで?。中古??」
 「いや、新品。流通在庫の返品があったらしい」
 「行きまーーーーす」

1:100soft F2.8
100soft



2:ソフト0の時の全長
100soft0


3:ソフト3の時の全長
100soft3
 ソフト3の時、全長短くなります
 ワザと収差を作りソフト効果を。でも描写に影響ないように、補正も同時にしているらしいです。




Adobeからのプレゼント当選!!
 今日は、ラッキーな話を!!

 4月に上の娘が大学の課題の為「アドビ・イラストレーター」が必要との事。
 私はフォトショップ・ユーザーですが「イラストレーター」は別との事。「Creative Suite」に乗り換えれば手に入りますが・・

 で、新規購入は、8万円超。ちょっとキツイ。
 よく調べると「アカデミー・パック」と称して学生・生徒向けの販売のある事を発見。
 申込用紙に「学生証」のコピー添付が必要。
 審査があるらしく、約1ヶ月と時間がかかりましたが、送料込み約3万円で入手出来ました。(初めてコンビニの振込体験:笑)

 安く入手出来て良かったと思っていたら、数日後に、またアドビから小包が・・。
 なんと、キャンペーン期間らしく、アドビ製品購入者の中から100名に送付しているとの事。
 「きっと、購入者が100名なかったんや。or、全員にや」とは、私(爆)


1:当選品のアップ  (SD,100macro,ストロボ)
Adobe-1

 マークだけが、イイのかなぁ(笑)



2:全体 (SD,100macro,ストロボ)
Adobe-2

 2本付いています
 さて、何でしょう??


 正解は、続くに

 あっ、たいした物ではないですよ(笑)

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*