子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
α6000:絞込測光&測距なんですね
 今日は、ネタのない時の、ネタ作りの回(笑)

 α6000使い始めて、まもなく2年ですが、今頃、測光&測距、絞込でやっていると気づきました。


1:普通に電源ONの状態で、「絞」られてます
6000-絞込測距-01

 なので、秒11コマの連写に注釈がついてないんだ。(って、気づくの遅い:笑)
 Aマウント機は、12コマ/S 可能だが=F3.5固定、絞り自由時=8コマ/S等の制限がある

 逆に、(Aマウント機は)、開放測光&測距なので、装着レンズの明るさ=F6.3?が限界(反射式500mmF8除く)、だけで
(撮影時の)絞り量はF8だろうが、F16だろうが関係無く、(位相差)AFは動作する

 じゃ、α6000の(像面)位相差AFはどこ(F○.○)まで作動するのよの実験


 取説よく読むと、「像面位相差AFは、F13以上は動作しません」と、書いてあったのだが・・・
=>(結論出ちゃってるじゃん:笑)
京阪電気鉄道=守口駅=-3
先日掲載した、京阪電気鉄道=守口駅=の、続き=その3

「てちゅした」ゲットしたり、ほんまに仕事で出張かいな、と、云う声は、ほおって置いて(笑)

鉄撮り=前回の失敗を取り返そうと、(撮影地としては不適だが)

1:京阪8000系-守口駅通過(α-6000, E55-210mm, AF-C, 秒/11コマMODE)
8000-6
 =>時速80km/h位かな?。

 続きには、 秒/11コマです
Wide Focus Area・・・(笑)
 昨年の事。
 α-6000の秒/11コマを、試しがてら、久々に「鉄」撮るか~、

 で
 
1:681系
683-5
(α-6000, E55-210mm, AF-C, 秒/11コマMODE)

 しかし、Wide Focus Area故、こんな事も・・・

α7Ⅱ-レンズ毎の機能調査
 機能満載のα7Ⅱですが、(皆さんご高承の通り)、アダプター(EA4等)を使って、
Aマウントを付けた場合は、5軸補正が3軸補正になる等々、使えない機能が出てきます

 で、SONYのサイトを調べたら、機種別に、互換性が乗っていました(α7Ⅱはココ)

 ミノルタ時代からの、(多分)全てのレンズについて、EA-1~EA-4装着時の、α7Ⅱとの対応が書かれているのですが、全て文章。
 →表にして下さいよ(笑)
 (まっ、表にしようと思って、全項目を横にしたら、すごい事になりそう・・・:笑)
 (または、簡略化したら、カタログのように※OOだらけになりそう:笑)

 ただ、その記載は、「出来ません・こんな問題有」だけの記述なので、逆に、何が出来るのかが判らない
 →種類多く、絶対に覚えられない

 で、私に関係あるレンズだけですが、一覧表にしてみました。

1:Eレンズ(800PIX)
α7Ⅱ調査-1
 「電子先幕、5軸補正(3軸補正)、像面位相差、瞳AF」等の、記述無し→可能なのでしょうね

 って、こんな項目判ったのは、Aマウント調べてから(笑)


**********************************************************************
 表の説明→全て800PIX位ですので、画像クリックで大きくなります
<縦>
・レンズ名
<横>
・VERは、そのレンズの世代を表しています。(同一名がある為)
・D対応は、距離情報有レンズ
・MOUNTはご承知の通り
・SIZEは、F=FULL SIZE対応、C=APS-C対応
・これより右は、それぞれの機能の表示
  ☆:手振補正の記述無は、5軸対応と読み替えても良いのかな

*********************************************************

 さて、どのような事に・・・
脱:レンズ付きカメラ、α7Ⅱ編-1
α7Ⅱに、Aマウントを付けるとどうなるか
早速やりました(笑)


1:24-70ZA
24-70ZA
 6000よりは、様になる(笑)
 少なくとも、(6000より)、マウントしっかりしているので、不安はない

6000編-1はココ

6000編-2はココ

脱:レンズ付きカメラ-2
 前回は、装着の画が少なかったので、今回一挙に


1:85mm
85
「YKNDさん」から、ご提案頂いたとおり、これはいける!
→見た目で決めちゃ駄目ですね(涙)
脱:レンズ付きカメラ
α-6000に、レンズ付きカメラ(笑)とならない、Aマウントレンズを、探してみようかなぁ、と思い立ち。

1:オリジナル
オリジナル
左から、E 55-210mm、E PZ 16-50mm

さて
E PZ 16-50 OSSの実力-2
[E]VS[A]マウント
前回(クリック)、「今度は、ボケで、勝負かな?」をやってみました

 今回は、Aマウントもアダプターつけて、どっちもα-6000で撮影
 正味レンズの差のみになる筈だが、"E"には「レンズ補正」が効いている

 でも、相手は「単焦点」=50mmF1.4(Minolta製:笑)
 このレンズ、初代なので設計は古い(1985年)、が、なんといっても単焦点、しかもF1.4

さてさて、どういう結果が・・・

[設定]
1:α-6000の「レンズ補正」は「オート」、「WB」も「オート」
2:三脚固定
3:ヒント位置は、白クマの右目にAF
(横1200pixです。写真クリックで大きくなります)

まずは、E PZ 16-50 の開放=f5.6からスタート

1:絞りf5.6 (左:E PZ 16-50、右:Aマウント、50mmF1.4)
F56
 Eの方がボケ多いが、(絞り)開放の甘さが出ている?
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*