子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
[自転車ネタ-4]=後輪の取り外し方=
 チャリンコの後輪の取り外しは、ほんと面倒。
 「何でこんなに沢山付いてるのよ。しかも全てハブ・シャフトに(付けて)」と思いながら解体です

 今日は、注意点だけ

1:内装変速機
内装変速機-1

 保護カバーを外すと、変速機構が現れます

2::内装変速機(ローギヤの状態)
内装変速機-2
 このハブ・シャフトから出ている、変速用のピンを、作業中に「ゆがめないように注意」

3:内装変速機(トップギヤの状態)
内装変速機-3
 スパナなど工具を滑らす可能性があるので、ハブ・ナットをゆるめる時、まずは、トップギヤの状態(ピンを中に押し込んでる)で作業を始めるのがよいかと
 (ナットがゆるむにつれ、ピンが出てきますので、再度注意)
 また、ハブ・ナットを抜いてしまうと、変速ワイヤー一式外れますので、ワイヤーをゆるめたりする必要はないです

4:ハブを少しゆるめたら、自転車をひっくり返すた方が作業楽です(重いけど・・・)
後輪外し-1


5:後ろブレーキ(ベルト型)の固定ネジ(赤矢印)を外します。
後輪外し-2
 この時、ワイヤーもゆるめた方が、作業しやすいですが、ワイヤーを抜いてしまう必要はないです


6:ハブナットを抜いて、荷台・泥よけ・スタンドのステーを全部外して
 エンドにある「チェーンを張り」のナット(赤矢印)をゆるめて、チェーンをたるませて。
後輪外し-3
 先に、チェーンリング(前の歯)からチェーンを外しておけば、このナットをゆるめる必要なく、組み立て時の調整も不要
 しかし、チェーンがきっちり張られていると、なかなか手強い(笑) 


7:(後ろギヤ)からチェーンが外れました 
後輪外し-4


 [ここまできて、大問題発生]
 普通のチャリンコなら、ここでチェーンリング(前の歯)からチェーンを外せば、タイヤは苦もなく外せるのですが、この「電動アシスト付き」自転車は、前のギヤが完全に覆われて、チェーンも外れない(外れにくい)構造になっていて・・・
 「げっ、タイヤ抜けない」と、ちょっとタラー状態。 クランクをばらそうかと思ったが・・・・

 で、続くに
[自転車ネタ-3]=タイヤ交換-2=
 まずは、タイヤのサイズ
 普通のチャリンコは26(inch)x1 3/8でOKです(日本の標準サイズ)。

1:リムにサイズの記載があります
タイヤ交換-15


2:タイヤ
タイヤ交換-8


3:チューブ
タイヤ交換-9

******************  雑   学  **********************************
 このサイズ、MTBやランドナーとなると、同じ26inchでも、いろいろなサイズがあります。(同じ26x1 3/8でも、はまらなかったり・・・)
 英式と仏式で統一が出来なかった?。ほんとややこしい
*****************************************************************


 では、組み方

4:おNewのタイヤ内側に「パウダー」
タイヤ交換-10
 チューブが、タイヤ内面に張り付かないように、「タルク粉?」を。
 (入手しにくいので、ベビーパウダー=シッカロールで代用?:笑)
 私は、行きつけの自転車店で、遠い昔、分けて貰いました。


5:タイヤ内面に、こすりつけます
タイヤ交換-11
 この処理、一般売りの自転車には、殆どなされてません。


6:タイヤのビート片側を、リムにかまして
タイヤ交換-12


7:チューブを入れます。くれぐれも、チューブを捻らないように。大変な事になります(経験者は語る:笑)
タイヤ交換-14
 手順としては、まず、(リムの)バルブ穴に、(チューブのバルブ)を入れ、その後、一周するのですが、コツとして、一方向で一周するのではなく、バルブ穴から左右に半周ずつで入れる方が、バルブに無理がかからず、綺麗に収まります。


8:もう片方のビートも、手ではめる事が出来ます
タイヤ交換-13
 タイヤをはめる時、タイヤレバーは使いません(基本、使ってはいけません)。
 タイヤレバーを使ってはめようとすると、ほぼ間違いなくチューブを傷つけます

 この後、まず、軽く空気を入れて、
 1:(空気を入れる)手の感触で、チューブの捻れをチェック(経験いるなぁ・・・)
 2:タイヤのセンターが(中央)あっているか、(振れていないか)微調整
 をチェックして、完了です


 本ブログと全然関係ない自転車ネタ。コメント欄お休みさせて頂きます

[自転車ネタ-2]=タイヤ交換-1=
 前回、「タイヤ・レバーの使い方は近々」と書きましたが、意外と早くその作業が飛び込んできました
 (亡義父が乗っていた「電動アシスト自転車」。家内が「乗りたい」と云うので、ちょっと整備。)

1:ココまでツルツルとは・・・
タイヤ
 中身が見えている・・・。


 本当は、フレームからタイヤを外す行程の方が大変なのですが、 今日は、タイヤ交換のみです

2::車輪を外した後、バルブを外して、空気を抜く
タイヤ交換-1


3:タイヤがリムに張り付いているので、タイヤを横に押して、リムからはがす
タイヤ交換-2


4:タイヤのビート(ワイヤー)の下に、タイヤレバーを入れて
タイヤ交換-3
 この時、レバーを深く入れすぎると、「レバーとビートの間にチューブが挟まり、チューブを傷つけ」てしまうので、「注意」が必要です
 (キズが入ると、空気を入れた時や走行中にチューブがバーストする危険性が・・・。密かに経験者は語る:笑)


5:「やさしく」引き起こす
タイヤ交換-4
 引き起こした後、レバーの反対側にある切り込みをスポークに掛けて固定


6:さらにもう一本のタイヤレバーで、引き起こす
タイヤ交換-5
 後は、このリムから離れたタイヤの隙間に指を入れて、くるりと一周すれば、外れます
 指が入りにくい時は、もう一カ所、タイヤレバーで、引き起こした方が、作業しやすいかも


7:片側全て外れました
タイヤ交換-6
 あとの片側のビートは、手で簡単に外れます


 次回は、タイヤのはめ方


[スルー下さい]
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*