子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
雪の「京都・大原・三千院」(2008)-2
 雪の「京都・大原・三千院」最終回
 今日は、久々の7D(ISO-100)で、17-35G,70-200Gです


1:17-35G,17mm域,f8,RAW
大原-2-1-17mm


2:17-35G,17mm域,f8,RAW
大原-2-2-17mm
 やはり17mm,広い(笑)

3:17-35G,22mm域,f8,RAW
大原-2-3-22mm
 前回の「2(24mm)」と合わしたつもりが22mm域でした
 色が微妙違うのは、カメラかな、色温度の違いかも?

4:70-200G,70mm域,f8,RAW
大原-2-4-70mm 

5:わらべ地蔵(70-200G,90mm域,f2.8,RAW)
大原-2-5-200mm

6:70-200G,85mm域,f8,RAW
大原-2-6-85mm

7:50macro,f8,RAW
大原-2-7-50macro

8:また降ってきました(50macro)
大原-2-8-50macro


 前回と同じ様なのばかり。コメント欄、お休みさせて頂きます

雪の「京都・大原・三千院」(2008)-1
 実家に所用が出来たので、ツァイス持って「雪の金閣寺」を、と思ったのですが、AM8時に(ネットの)ライブ画像を見ると、すでに溶けている様子(残念)。

 なら、確実に雪が残っているであろうと「大原」まで足を伸ばして(どこまで伸ばすんじゃ:笑)
 「かずけんさん」が出向かれ時ほどではなかったですが、雪ありました。

 そんな「雪の京都・大原・三千院」。今日は定番の撮り方、オンパレード(笑)

[機材:α-700,24-70ZA]


1:35mm域,f8,ISO-200,WB=昼光,RAW
大原-1
 微妙色温度を下げた画像を、1200万画素で「新画像掲示板(重い版-1M)」(クリック)にアップしています


2:24mm域,f8,ISO-200,WB=昼光,RAW
大原-2



3:55mm域,f8,ISO-200,WB=昼光,RAW
大原-3
 雪がイイ具合にレフに・・


開放絞りで
4:24mm域
大原-4



↑と同じをf8で
5:24mm域
大原-5



PS:最近、・・コメント多いので、ご投稿頂く方法を変更させて頂きます。お手数をお掛けしますが、ご投稿頂く際、クリック数が増えますが、ご了承頂きますようお願いします。
雪の京都・大原(2005)
 先週末、「かずけん さん」が「雪の大原」を撮っておられました。
 地元民としては、ちょっとクヤシイ(笑)

 大人げないですが、ちょっと逆襲。
 2005/12撮影。某掲示板に既アップですが、ご記憶あるかなぁ??

(機材:SD,35/F2)

1:三千院三門
大原2005-1


2:この家屋、まだ残ってるのでしょうか??
6花びら


3:「12月初旬」だったので、まだ、紅葉が残っていました
大原2005-1
 "すぐき"(京漬物)の看板が、いかにも京都の北(笑)


 以下、未アップ=初公開

4:三千院三門から、南へ
大原2005-4



5:三千院に最も近い駐車場
大原2005-5
 国道から外れて、三千院への坂道を登って・・・。
 この駐車場は除雪されていますが、途中は雪一杯。ノーマルタイヤの観光タクシーは立ち往生。
 スタッドレス+4WD様々(笑)



 「かずけんさん」、ゴメンナサイm(__)m

叡山電鉄「モミジのトンネル」
 叡山電鉄、その2


 9月に下の子と「鞍馬・貴船」へ行った際に「ここ撮ってみたいな」の「二ノ瀬駅」

1:二ノ瀬駅
二ノ瀬駅-1

2:斜めから
二ノ瀬駅-2

3:「きらら」が来ました
二ノ瀬駅-3
 電車の位置、もう少し前なら・・・



 後半は、叡山電鉄・秋の風物詩「モミジのトンネル」を


叡山電鉄「きらら」を「貴船」で
 多忙だった割にシャッターは押していたり(笑)
 先週の貴船。日没直前です。やはり紅葉には早かった・・・


 今日は「叡山電鉄」のスペシャル車両「きらら」(赤・橙の2編成)を撮るで

1:橙「きらら」を「貴船駅」から
橙きらら-1


2:橙「きらら」と貴船駅
橙きらら-2



3:橙「きらら」、貴船駅(出町柳向き)出発後の急坂
橙きらら-3
 ↑2を撮影して、停車中に「ひたこらさっさ」で次のポイントへ(笑)


日が暮れかけて

4:赤「きらら」を貴船駅での1
赤きらら-1


5:赤「きらら」を貴船駅での2
赤きらら-2


鞍馬・貴船紀行-番外編
 シツコイですが、鞍馬・貴船紀行。
 今日は、下の子の撮った、アップレスから


1:仁王門
less-1



2:多宝塔
less-2
 ケーブルの終点です


3:第3回の"5"の橋です
less-3



4:徒歩経路との合流点
less-4



5:脚ブレ
less-5
 脚ブレはこちらだったようです


 今日は、撮影に行ってるかなぁ??
 で、コメント欄お休みさせていただきますm(_ _)m

 
鞍馬・貴船紀行-5
 皆様、連日下の子へのコメントありがとうございます
 本人もたいへん喜んでおりますm(_ _)m

 で、今日は「下の子と行った"鞍馬・貴船紀行"」、最終回です

************************************************************

 鞍馬寺からの山越えで、ヘロヘロ(脚プルプル)状態の2人が、向かった最終目的地

 今日は、「貴船神社」と貴船周辺を


1:貴船神社
貴船神社-1



2:鳥居と参道
貴船神社-2
 「もう、上り坂ご勘弁(笑)」


3:参道を見下ろして(28-70G)
貴船神社-3



4:撮影:下の子
境内から-1


 「やっと座れる~~」と、境内で一休み

5:同アングルを前ピンで(SSM)
境内から-2
 この時だけ使った70-200ssm(重かった)


6:下の子を見習って(笑)(SSM)
境内から-3



7:本殿を横から
貴船神社-4



8:正面から
貴船神社-5



9:貴船神社名物?水占い
水占い
 下の子が姉への土産に買いました
 "中吉"でした(笑)


10:水占いはココのご神水に浸して
水占い-2



11:叡山電鉄一日乗車券(えぇきっぷ)を買って、社務所で見せると、こんな"記念品"を頂けます
記念品
 ちなみに一日乗車券は1,000円。
 出町柳~鞍馬往復普通料金820円で、微妙な価格ですが、
 鞍馬寺愛山費(入山料)で、通常200円が100円に割り引きされ、実質900円?
 また、お土産を買えば10%引きもあり、私のように貴船神社に脚を伸ばせば、
これも頂けるので、絶対にお得です


12:貴船神社"奥の宮"への参道だが・・
裏
 ここから"奥の宮"まで500m。しかも上り坂
 二人して、ココで挫折(笑)


13:貴船の(夏期)名物「川床(かわどこ)」
川床-1
 鴨川にあるのは納涼「床(ゆか)」。こちらは「川床(かわどこ)」
 ここ「ひろや」は高いですよ。2万円/人でお釣りあるかな??


14:同じ所を下の子撮影
川床-2
 光のとらえ方がウマイ(また、親バカ:笑)


15:「川床」の中(下の子撮影)
川床-3
 私も同じ所を撮りましたが下の子の方がウマイ(涙)
 川床の中はこんな感じです。でも、スキヤキの臭いに二人して閉口(笑)


 で、貴船口駅を目指して、2kmのだらだら下りを


16:蛍石(下の子撮影)
蛍石
 もっと広角で撮りたかったそうですが、レンズ交換する元気もなく(笑)


17:貴船口駅から見下ろす(下の子撮影)
貴船口駅
 木の向こうが、迷う初老さん"貴船橋"を撮られた所(笑)


 で、そのまま帰るのかと思ったら

18:鞍馬に引き返し(笑)
鞍馬ラスト
 だって、「きらら」に乗って、しかも"座る"ため。一日乗車券もあるし(笑)
 初回の前方風景は、この時に撮りました


19:最後は、京阪8000系
8000系
 「きらら」の後では、色あせました(笑)


 長々と「下の子と行った"鞍馬・貴船"」ご覧頂きありがとうございました
 また、機会あれば「下の子と行った」シリーズを

 オマケは続くに(笑)

鞍馬・貴船紀行-4
 今回から題名改め「鞍馬・貴船紀行-4」

 当初は「貴船神社、行きたい」と云う下の子の要望に「よし、行こう」と即決
「ただ、2kmも(貴船口駅→貴船神社間)何にもない"だらだらの上り坂"を歩くより、
鞍馬寺経由で(ケーブルで高度を稼ぎ)、下り坂を(多くして)行こう」と計画しました

************************************************************

 さて、鞍馬寺までは順調だったが、いよいよ山越えへ

 (今日は、下の子撮影を随所に挟んで)

1:本日の経路→青線部分は歩いた経路そのまま。
     赤線→本当は、山の裏側ですが、便宜上稜線で・・
経路-2
 標高410mの本殿から、頂上512mを目指して、ここはガンバリどころ。
 その後は下りのみに期待して・・・。(これが甘かった・・:笑)


2:奥の院参道、入口
奥の院入口
 本堂左横、前回の立ち砂の所に、入口があります
600mね・・・。パンフレットでは870mなのだが・・・(笑)


3:入口を入った所(撮影:下の子)
奥の院入口-3
 いきなり階段!!。
 杖の貸し出し(無料:出口返却可)もありましたが、
 「(棒術合戦になりそうで)お互い危険なのでやめよう」で一致(笑)


4:霊宝館前の展望所
霊宝館前
 霊宝館前にある展望台から。すでにかなり登りました


5:いよいよ、登り本番!
霊宝館前-2
 「いくぞー」と元気だった


6:まだまだ階段が・・・
また登り



7:頂上です「大杉権現」 
頂上
  ここで小休止、登り中は汗だくでしたが、唯一あった石のベンチに腰掛けて。
 さすが標高:512m、ヒンヤリと。(徒歩450mで100m登りました)


8:「すぐね・・・」
道しるべ
 「まっ、下りだから・・・」と、まだ元気(笑)


9:木立(撮影:下の子)
木立-1
 義経が修行を積んだ云われている辺りです


10:「僧正ガ谷不動堂」
僧正ガ谷不動堂
 奥の院に着いたと思ったのに・・・。


11:「鞍馬の天狗」の説明書き(クリック拡大でどうぞ)
僧正ガ谷-2
 「鞍馬天狗」と続けないように。判る方は古い!(笑)


12:僧正ガ谷不動堂前で(撮影:下の子)
僧正ガ谷-1
 まだ、撮る余裕はありました


13:「木の根道」
木の根道-1
 今回、山越えルートを選んだ理由の一つ、コレを撮りたかった。


14:注意書き
木の根道-2


 暫し、子供と撮影会

15:(撮影:下の子)
木の根道-3
 


16:また木立の中を下り(撮影:下の子)
木立-2



17:やっと「奥の院」
奥の院

 頂上から460mで高低差77mなのに、もうヒザが・・・ヤバイ


18:しかし、まだ下ります
下り
 かすから聞こえる川の音をたよりに、お互い「もう少し、もう少し」の繰り返し


19:やっと西門(貴船)へ
西門

 573mで150mの下り、260‰だよー!!


20:西門に架かる橋
奥の院橋-1

 歩みを止めた途端、両足ブルブル。かがむなんてとんでもない(笑)

 「手ぶれ補正」より 「足ブレ補正」 が欲しい(爆)


21:↑に写り込んでいる下の子撮影
奥の院橋-3
 また、一本取られました(親バカ:笑)


22:こんな橋です
奥の院橋-2


 次回は「貴船神社」周辺を
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*