FC2ブログ
子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2019 SR-T101 all rights reserved.
201912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202002
夜、鉄撮りにて
珍しく、夜の鉄撮り
ホームに誰もいなかったので、カメラを撮りだし(笑)

1:ここから、撮り始めて。(RX100M7、SS=1/500、ISO-6400)
AFリカバリー-01AFリカバリー-01-UP
 左:全景、右:"ヘッドマーク"の拡大。(カウンター番号:01340<=意味あるのです

 続くには、狙った訳ではないですが、こんな事に・・・


*************************************************************

 今日も、多忙につき、コメント欄お休みさせて頂きます。m(_)m
RX100M7 =撮影倍率(マクロ)と撮影距離=
 久しぶりのタイマー使用。上手くいくかな?

 今日・明日、ちょっと多忙につき、コメント欄お休みさせて頂きます。m(_)m

************************************************************

 レンズ交換式カメラだけを使ってきた筆者。
 「寄りたい」となれば「マクロレンズに付替」が当たり前でした

 レンズ交換式でない、 RX100M7で、唯一の不満が、
 この「寄れない」=「撮影倍率不足」です

<(本実験の)目的>
 じゃ、 どの焦点距離が「一番寄れて・大きく写せるか」を知れば良い
 ついでに、その「撮影距離」も知っていれば、なお良いのでは

<方法>
1:(被写体に)最短距離で合焦する場所でパチリ
2:その様子を、メジャーを置いて於いて、他カメラ(α6000)でパチリ

1:こんな方法です(左:RX100の実写、右:撮影距離計測)
RX100M7-Macro-01RX100M7-24mm
 24mm域、撮影距離=レンズ先端から60mm程


 結果は、続くに

 (被写体の「トミカ」は、孫から借用:笑)
動物・瞳AF
 犬への瞳AF、実験出来る機会がありました

1:ばっちり(笑)
動物瞳AF-01

 今日は、すべて、1200PIX。 画像クリックで、少し大きくご覧頂けます
 (高ISOでの撮影の為、毛並みは多少潰れていますが・・・)
RX100Ⅶ-秒20コマ実験
 何でも、試したい筆者(笑)
 今日は、定格=秒20コマの実験

 いつも通り、1/1000秒時計を表示しながら連写

1:スタート
RX7-20コマ-01

( 9mm=換算 24mm、F2.8、1/60、ISO-100)
「ワンショット連続撮影」
前回は、秒20コマモードで一連の動きを撮りましたが
今回は、「ワンショット連続撮影」=(90、60、30コマ(選択)連写して、7枚仕上げる機能)
この方法でも、撮っていました。(SSは前回同様=1/32000で、90コマからの7枚です)

1:水柱が潰れた瞬間。
バースト・モード90-2-05

一連は続くに
1/32000の世界
 1/32000秒の世界、やってみました

1:(ミルクならぬ)水の王冠?。(SS 1/32000、換算 45mm、ISO-3200)
水滴--01
 写り小さいです(涙)が、まあ、上出来でしょう(笑)

 今回は、秒20コマ・モードです
一眼:コンデジ、使い分け
 今回、"コンデジ"と"デジ一"を、持って出て、初めて判った事を、実写を交えて、纏めてみようかと
 (各画像、クリックで、大きくしてご覧下さい。1200pix)

1:左:RX100 (48mm、F8) 、右:99II (50mm、F56)
ダリア園-2019-RX-2-01ダリア園-2019-99-2-01
 このシチュエーションなら、どちらでも撮れるが、コンデジの方が簡単
ダリア園にて
 娘に誘われて、ちょっとお出かけ(イイでしょ~:笑)

1:ダリア園
ダリア園-2019-RX-01

 今回は、「RX100」の他に「99II、24-70Z・50macro」も持って。(ホント重かった~:笑)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.