子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
PSの補正
前回の生駒山での撮影。春霞で遠景は、殆ど見えず


1:こんな状態(jpg=WB:昼光)
PS-1

 さて、この画像から何が出てくるか?
PS-CS3=>DRO的補正
 本来はボツ写真ですが、デジタル補正には、良い材料かと・・・

 α-700の露出傾向、あれだけ露出を調べいたのに、また、(大失敗)やってたり・・・。
 -0.5ev補正ですが、多分割測光になっていました(笑)

1:構えたままシャッターを押すと
オーバー
 見事、奥の拝殿に露出が合って、(手前)舞台の屋根が飛んでいます

2:屋根で測光して、AEL
ややアンダー
 ややアンダーかも


3:じゃRAWで補助光補正
補助光効果


4:補正後
RAW



5:jpgを、シャドー・ハイライト補正にて(standard)
HS補正
 4の画像と比較して、ちょっと上げすぎたかな。
 そのためか、緑色があざやかなような・・・。jpgの味付けかな・・・
 


 で、「最近"DRO"使ってないなぁ」 、が、今日の落ちでした(笑)

 PS:ここはどこ?、って、よくご存じの所ですよ(笑)
CS2のノイズ低減-2
 CS2のノイズ低減実験の2回目。

 きょうは7Dで、ISO-1600の画像を

 機材:7D,445G,三脚


<全体:f11,1sec>

1:元絵
元絵
  夜景の1sec、この位の大きさでは、ノイズわからない?


2:低減後
低減
 どことなくスッキリしたような・・・かなぁ(笑)


<ピクセル等倍>

3:元絵
元絵

 やはりノイズはいます


4:低減後
低減

 確かに低くなったような・・・。今回は、色ヌケも少なくなりました(補正量、やや少なめに)


 じゃ、ISO-100で撮ればどうなの?
<ISO-100,f11,15sec>

5:全体(補正無し)
ISO-100



6:ピクセル等倍
ISO-100-U


 やはり、ISO-100の勝ち(笑)

 ISO-1600時、被写体の線、ISO-100より太いような・・・?滲むのかなぁ?
 特にノイズ低減後は偽色(補正)で太くなるのかな・・?

 また、実験ネタが出来た(笑)


 昨日と同じネタなので、コメント欄、お休みさせて頂きますm(_ _)m
CS2のノイズ低減
 PhotoShop CS2に、「ノイズ低減機能」があるとの事。

 で、試してみました。


 撮影:Dimage-Xt,ISO-400


1:元絵
元絵
 Dimage-Xtは,ISO-400でも、十分ノイズが乗りました(笑)


2:低減後
低減後
 効果あるのかなぁ?


3:この範囲を切り取って、以下にピクセル等倍で
切り抜き



4:元絵
窓元絵



5:低減後
窓低減後
 確かに減っているが、窓枠の黄色が、やや薄くなりました


6:元絵
背景元絵



7:低減後
背景低減後
 こういうボケの所は、有効と思います


PhotoShop の補正-2
(ご存じ方もおられると思いますが)

PhotoShopによる補正のご紹介-2!

 偶然見つけたレンズ補正には、こんな機能もありました

(CS2の機能です。ゴメンナサイm(_ _)m)


その2:《垂直歪みの補正》


1:原画です
アオリ補正-2

 実は半分ウソ。
 ↓の補正後の大きさに併せてトリミングしています。exif読めません。



2:補正後
アオリ補正-5

 いかがでしょう?



<手順>昨日のレンズ補正画面で行います

3:原画の原画
アオリ補正-1

 傾きのみ補正しています。
 exif読めるはずです


4:補正完了の原画
アオリ補正-4

 この写真と文字の間は、下部が圧縮されたあとです。
 (写真をクリックして下さい。画の範囲が判ります)
 また、左右も圧縮され、さらに上部も切れます。
 exif読めなくなります


5:トリミング
アオリ補正-3

 2より補正、きつめです。
 でもコレで、↓(前回)のグリッド線と垂直平行です。


 実は密かに、シフトレンズorTS-Eを一回使いたいのです(笑)

 が、補正で十分。我慢しようと(爆)





PhotoShop の補正-1
(ご存じ方もおられると思いますが)

PhotoShopによる補正のご紹介!

 先だっての銀塩17mmフルサイズ、周辺減光が目立ちますので、
何とかならない物かと、PSを色々いじっているとありました。

(CS2専用でしたら、ゴメンナサイm(_ _)m)


その1:《周辺減光の補正》(ビネット)


1:原画です
CS2-1-Before



2:補正後
CS2-1-After

 いかがでしょう?。
 (少し減光の跡が残っていますが、中心点(からの距離)を合わすことによって、もっとキレイに補正できます)

 まずは、スッキリして満足(笑)。
 と、同時に、元々、こういう"風景はキチンと絞って"撮ってれば、と、反省!!(笑)


<操作方法>(1280pixです。クリックで大きくしてご覧下さい)

3:メニューから
CS2-1-Panel-1

 メニューから"フィルター"を選んで"変形"を。その中に"レンズ補正"の項目


4:レンズ補正画面
CS2-1-Panel-2

 ビネットの量、中心点で設定します


5:オマケ
CS2-1-After-2

 当然、反対に暗くも出来ます。
 全体を少し甘くすれば、ピンホール風もできそう(笑)


 やっぱ、PhotoShopすごい!!、と言うか、
 何が本物かますます判らなくなりますね。



 まぁ、いい物を見つけたので、次回は「アオリ」に挑戦!!

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*