子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
ライカでコダクローム-2
 ライカでKR、その2

 ほんとクラシックな画像になっちゃいました


1:M-ロッコール90mm/F4
Sum50mm-5 
うーん、アンダーだった(逆光はツライ)


2:M-ロッコール90mm/F4
Sum50mm-6 
この藤の色は、さすがです
 比較-1はココ


3:レンズ不明です
M-Rok90mm-3
こういう順光だったら、イイ


4:ズミルクス50mm/F1.4
M-Rok90mm-2
 ちょっと、青いかな
 比較-2はココ


5:こんな風景がピッタリのセットでしょうか?
M-Rok90mm-4 



残りフィルムで

太田神社のカキツバタ。
露出間違ったので、暗いですが、カキツバタの色、こんなのです

露出間違い→一応SDで測光したのですが、ISO設定がオートになっていて、
      勝手にISO-200~400に変化してました
      撮っている時「こんなに明るいかなぁ?」とも、思ったのですが
      信じた私がバカだった
      みなさん、自分を信じましょうね(笑)


6:M-ロッコール90mm/F4
M-Rok90mm-5 



7:M-ロッコール90mm/F4
M-Rok90mm-6 

ライカでコダクローム-1
 ほんと、気の抜けたビール(受け売り:笑)

 GW中のコダクローム64(KR)、やっと現像できました

 スキャナー+PSで補正していますので・・・ですが
 一応、ライカ+KRです


1:ズミルクス50mm/F1.4
Sum50mm 
50mmが広く感じます(笑)


2:M-ロッコール90mm/F4
M-Rok90mm



αデジタルとの比較はココをクリック


3:M-ロッコール90mm/F4
Sum50mm-2
 M3で、こんなの撮るかぁ(笑)
 ちょっと、補正が甘いなぁ、青すぎ



 以降、どっちのレンズだったか、不明です(汗)

4:
赤-2
これは、ちょっと補正効きすぎですが、この赤色はスゴイ


5:
赤
デジタルで、この赤色は不可能?


6:
白
同じく白も



7:間違いなく、ズミルクス50mm/F1.4
Sum50mm-3
実は、後日撮った自宅のツツジ


M-Rokkor 90mm/F4 実写編
さて、M-Rokkor 90mm/F4での、実写

機材:Leica M3,Kodak Gold 400,DP同時CD


1:ISO-400なんて入れるから
M3-1 


2:f8かな
M3-2


3:室内で(f5.6かな)
M3-3 
 ○○年振りに、赤ちゃん撮り


4:おすまし
M3-4 
 まさか、ライカ+Rokkorで撮られたとは、思ってないでしょうね


5:f4
M3-5 
 ISO-400なので、何とか日陰で、SS1/1000以下絞り開放で切れる所をと、
(目視)平均測光を駆使したつもりなのですが、ISO-400の露出倍数の換算忘れ
 ネガだから救われると思っていたのですが、完全に飛んでいます(涙)



 私の目は、ISO-100にしか対応してないようです(笑)

 「ISO-400入れた時は、ND-4フィルターを」の落ちでした(爆)



 真面目に感想を
 現有のズミルクス50/1.4の最短は1m,この90/4も1m。
 Rokkorの方が寄れる感じで、使いやすいかも!です。



 今日も、GW中であり、またM-Rokkorレンズだけですので、スルーして下さい!



M-Rokkor 90mm/F4
今日は、ホントのニュー・ウェポン(笑)

とうとう、Mマウントに。と、云っても、M-Rokkor、カワイイ物です(笑)


1:M-rokkor 90mm/F4
90F4-1


2:横から
90F4-2 


3:ハクバの40.5mmのゴム・フード装着
90F4-3 
 まるで、エリマキトカゲ(ふる~:笑)


4:フィルター
90F4-5 
 NDですが、これには訳が(笑)


5:αマウントの後ろキャップと並べて
90F4-4 
40.5mm系ですので、カワイイ物です


 明日は実写を!


 今日は、GW中であり、またM-Rokkorレンズだけですので、スルーして下さい!



ライカ
そろそろ、ネタ切れ。増殖記の続きは、写真がない(笑)。

 日刊で4コマ漫画等、連載されている方の苦労が、判るような気が・・
 で、今日は作り置きから一つ。ミノルタも関わった(ォィォィ)


ライカの簡単な解説でご勘弁を


1:ライカM3
M3 
 カテゴリーは、「ミノルタの歴史」です。
 無理あるなぁ!!

2:後面、フィルム装填は、こんなに大変(笑)
フィルム


 本当に、精密に、うまく・よく出来ています。

 このカメラを見て、日本のカメラメーカーは、一眼レフへ


 ライカの機能とは、続きを読むへ
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*