子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
α-700のプレゼント=カメラ・バッグ
 掲載するの、ずっと忘れていました。α-700発売時、Sonyからのプレゼント=カメラバッグです
 しっかり、貰っていました(笑)。(既にご紹介されてたり、同時期にお持ちの方にはゴメンナサイです)

1:こんなの
α700販促用バッグ-1
 手提げとショルダーとの両方のベルトが付いています

ロープロ・「トップロード・ズーム1」
 ウェストポーチタイプが好きな下の子。
 ロープロ・オフトレイル2(クリック)を見せると「デカすぎ」との事(→70-200mm用です)

 じゃ、と

1:ロープロ・「トップロード・ズーム1」
ロープロ-1


2:こんな大きさです
ロープロ-5


3:ベルト通し
ロープロ-4

4:中は
ロープロ-2

5:こんな感じに、なります
ロープロ-3
 付けているレンズは24-70mmZAだったり、入りました(笑)


 オフトレイル2は大きくデカいですが、この大きさなら使いやすそう。


 コメント欄お休みです。
ロープロ、オフトレイル2(再レポート)
 ブログのログで、検索キーワードを見ていると、このバッグ「ロープロ、オフトレイル2」が、かなりの数、ヒットしているようです。
 で、先だっての「若草山・夜景撮り」で、久々にこのバッグ使ったので、再びレポートを。

 余談ですが、「若草山・夜景撮り」で「テレコンバーターが無かった」訳、このバッグを使っていたので、「入れる余地がなかった」と云うことでした。

 で、レポート開始

***************************************************************

 今回は、「暑い日中の徒歩移動」と、最後に「三脚かつぎ」もあるので、軽快に動けるようにと、久々に取り出しました。 

1:ロープロ、オフトレイル2  (サイドは「レンズケース4S」に交換しています) 
6

 2006年から持っていますが、一回使ったきりで、お蔵入り。
 もともと、17~200mmをカバー(レンズ3本)の目的で買ったのですが、私の割り切りが悪かったようで・・・なんか「今ひとつの感じ」でした。

 前回レポートはココ(クリック)

で、今回レンズは、「17-35mmG、24-70mmZA、70-200mmSSM」に限定と、しっかり心に決めて(笑)
ボディーは、「α-700、α-350」の2台体制。総重量5kg弱かな

2:「70-200mm用、収納部」
センター
 (左右のクッションがカメラ本体をサポート)

 このように、「70-200mmを(カメラ本体に)セットしたまま収納できるのが売り」な訳ですが、
ボディ2台となると、1台は収納できず外になる。

[移動中] (24~70mmの体制)
 今回は、このボディー2台体制が良かったようで、使用頻度の高い(2番目に重い)、「24-70mm+α-350(1.6kg)」を、へ。
 この状態なら、電車等交通機関へも普通に乗れます。着席時は、バッグを前(腹)に回して、特に支障なし。
 [右肩:1.6kg、腰:2.6kg+バッグ]=>腰への負担、少しある


[撮影中] (24-70mm,70-200mm or 17-35mm,70-200mmの体制)
 撮影時は、「70-200mm+α-700(2kg)」も取り出して、肩へかける。両肩にカメラを掛けても、バッグが背面に回るので邪魔にならない
 こうなると、バッグの中はレンズ一本のみ(0.6kg)で、しかも腰に分担。肩もショルダーより軽くなる。
 [右肩:2kg、左肩:1.6kg,腰:0.6kg+バッグ]=>快適そのもの

[レンズ交換]
 レンズ交換の際には、バッグを前(横)に回し、外したレンズを、各ポーチへダイレクトに入れる。
 ベルトで腰に固定していますので、ショルダー型より安定。歩きながらでも交換可能です(言い過ぎか:笑)。
 絶対不要なのが、バッグを地面においての作業。(アタリマエ:爆)
 また、フードを外さなくても、そのまま入ります。(交換サイドポーチの内寸115mm)
 さらに、70-200mmでも、ボディーが付いていないと、フードを外さなくても、センターに収まります

3:「24-70mmZA」収納状態
ZA


[三脚を持っての移動] (17-35mmの体制)
 最後に、三脚(Velbon 740+PHD-61(雲台)=>3.1kg)を持ったのですが、
「17-35mm+α-350(1.2kg)を三脚にセット」して、肩へ(4kg強)
 バッグには、「70-200mm+α-700(2kg)」と「24-70mm(1kg)」=3kg強。
  [右肩:4kg、腰:3kg強+バッグ]=>これは、腰がキツい

(17~35mm+三脚、24-70mmの体制)
 でも、手持ち(撮り)用にもう片側の肩に「24-70mm+α-700(1.8kg)」を取り出して掛ける
  [右肩:4kg、左肩:1.8kg,腰:1.3kg+バッグ]=>楽ちんです


 私的に、(体への当たり具合にも寄りますが)
 ショルダー・タイプ、片側で持てるのは、5kgが限界。5kgとは、「持った時は重くないが、20歩歩けば嫌になる」重さです。
 反対に、腰では、もっと持てると思ったのですが、3kgが限界のようです。ウェストベルトをキツくすると「腹」が苦しい(笑)。
 また、ショルダーベルトを肩に掛け、バッグ上部をさえているのですが、ベルトのゆるみで、バッグの反り返る動きは残ります。

New BAG
 いきなり余談ですが、地元ネタで!

「昨日(26日)、東福寺(の参拝者)"3万人"ですって」

 あー、恐ろしい(笑)

*******************************************************

 さて、New BAGです

 現在、主に使っているバッグは、
「本体2台、レンズ6本+ストロボ収納のショルダー型バッグ」ですが、
お手軽時にはちょっと大げさ

 本体と3本収納出来ればいいで


1:ロープロ、オフトレイル2
1
 初のウェスト・ポーチスタイル。
 真ん中に80-200/2.8レンズをカメラに装着のまま収納



2:背面
3
 ショルダー・ベルトとウェストベルト「併用です」
と云えば聞こえはイイですが、ウェストだけの固定は無理。
 「バッグの反り返り防止」と、「重量の半分」をショルダーにお願いしないと
「腰・腹」が持ちません(笑) 
 しかしウェスト固定できるので、走ったり・飛んだりも出来ます(しないけど:笑)



3:これだけを
2
 先だっての東山シリーズは、このスタイルで撮ってきました。
 歩くときは"後"、撮影時は"横"、レンズ交換時は"前"と、
バッグを自由に回せて便利でした。

 しかし、内寸90mmでは、フードが収まらず・・・




どんなバッグ?
 今日は、カメラバッグのご紹介を!!

 カメラバッグのアップはあまり無かったと思いますので、一度やってみようかと


 皆さん、どんなバッグお使いですか??



1:αになってから、ずっと使っています(テンバ) 
単焦点群用バッグ
 α増殖記「公式陸上競技場(第17・18回)」の頃の装備を再現。今様のバッグと比べるとやや背が低いです。
 カバー(蓋)部分に予備フィルム・電池も入って重宝しました。
 レンズを外すと、左端仕切下部にボディが入ります。上部はレンズ付けたまま収納できます。
 欠点は、仕切固定のマジックテープがフードに引っかかり出しにくいです。

 もう、20年近く使っています。最近、前ポケット内の防水塗料がニチャ・ニチャしだしました。
 「今日は単焦点」と決めた日には、100-300の代わりに、macroか100softが入ります。他の100が入ると100F2が85mmに。


2:リュックタイプです。
リュック・タイプ
 サイクリング(To 嵐山)用に買ったのですが、日常使用でも結構便利です。レンズ付けたままボディ2台入ります。
 場合によっては、200mmGの上にストロボも収納。
 但し、レンズ交換のたびに、リュックを下(地面)に置かなくてならないのが玉にキズ(笑)

 (α増殖記、第20回後(まもなく)の装備)


3:鉄ちゃん(運動会)モードの時(↑と同じリュック)
鉄モード
 鉄(運動会)の時は長玉(300,400mm)が入りますが十分入ります。但し、もう一台のボディ(大抵80-200G付き)は外になります。+αには、その時に応じて85mm,50mm,macroが入ります。Digitalになってからは17-35Gかな。
 さらに、外側に三脚or一脚も固定できますが、重量が半端ではありません。あーーー、重い(爆)



4:最近の装備。常時車に積んでいます
  テンバよりチョット深めなのと、仕切にフードが引っかからないので、お気に入り。確かミツミ製。
最近のバッグ
 前ポケットに偏光FL等。横の網ポケットにはリモート・コード、予備電池・懐中電灯が入っています。
 大抵「SD+35mm」がバックの中で「7Dは28-70G」を付けて外で持っています。ですので、一つ空いているか100softが入ります。(17-35Gのフード(広い)は、本体より外されて前ポケットにです)。長玉いりそうなときは、別に300mmor400mmを追加し、三脚も追加しますが、身動き取れなくなります(笑)


5:お手軽モード用 
お手軽モード時
 お散歩、家族そろっての電車旅行時など、最小限装備用。macroの代わりに100-300の時も。
 ストロボを追加する事も・・。


 でした。


 皆さんもご紹介下さい!!



「α増殖記」今日もお休みです(笑)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*