子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
ラバー復活(ピント・ズームリング)-2
 「シャバさん」に、ご紹介頂きました「アーマオール」→買いました(笑)

 つや消しタイプがなかったのが、ちょっと残念。田舎だから仕方ないかなぁ(涙)

1:こんなの
アーマオール-1


 早速実験

ラバー復活(ピント・ズームリング)
 オフ会で、シャバさんに教わった「白くなってくる、ピント・ズームリング」の復活にチャレンジ
 教わったのは「○○○・・・・」と云う物でしたが、記憶できず・・・(汗)


1:白くなってくる、ピント・ズームリング
ゴム復活-1

 Sonyになってから、細かい凹凸のリングに変わり、ゴミは溜まりやすいし、拭いても、なかなか綺麗にならないし

お断り:お試しになる場合は、あくまで自己責任と云う事で
ただ、STFを使いたくて
 ただ、STFを使いたくなっただけ。
 (2日続けると、暗いなぁ:笑)


 (以下、PhotoShopにて圧縮保存してますが、無補正です。また、ピクセル等倍で掲載していますので、画像クリックいただくと、等倍でご覧いただけます)

撮影:α-700,多分割測光-0.5ev補正,AWB,jpg,ISO200,三脚


1:STF-4.5
STF-4.5


2:↑部分拡大
STF-4.5-up


3:STF-5.6
STF-5.6

4:↑部分拡大
STF-5.6-up


5:STF-6.7
STF-6.7

 やはりSTFはすごいわ

 今日もコメント欄お休みさせていただきますm(__)m
ただ100F2を使いたくて
 ただ、100F2を使いたくなっただけ。

 (以下、圧縮してますが、無補正でピクセル等倍で掲載しています。画像クリックいただくと、等倍でご覧いただけます)

撮影:α-700,中央重点測光-0.5ev補正,AWB,jpg,ISO200,三脚

1:f2
100F2-2

2:f2.4
100F2-2.4

3:f2.8
100F2-2.8


 続くには、切り取ってピクセル等倍で
DT18-70mmの考察
 昨日は、祇園祭の花笠巡行。(祇園祭、まだやっています:笑)
 これも日中の行事なので、撮れませんでした。
 巡行を17日の1回にしたとき、「後祭」代わりに、始まった行事だそうです。
 で、花笠巡行の後は、還幸祭。御神輿は、八坂神社に戻られました(筈:笑)。

**********************************************************

 α-350にくっついてきた(笑)、「DT18-70mm F3.5-5.6」。 私にとって、初めてのDTレンズ。
 今更ですが、ちょっと考察しました。

 まずは、ズームの動きから

1:18mm。ちょっと出っ張ります
18mm

2:28mm付近。ほぼ、最短になります。
28mm

3:70mm域。ズーミング最長になります
70mm


 この動き、ちょっと変と思い、フルサイズのα-9で、どう見えるかを確認

4:18mm域。いかにもAPS-Cのイメージサークル。(撮影:Dimage Xt)
18mm

 しかし、全長が最短近くになった28mm域では

5:フルサイズで使えますよ
28mm付近
 28mmでは、少し周辺が、けられているとも見えますが、35mm域なら全然問題なし。
 フルサイズの35-70mmとして、十分使えるようです。

 つまり、28(35)mm→70mmに向かってのズーミングに伴う動きは、フルサイズの(イメージサークル)の動き。
 28(35)mm→18mmへ(全長が長くなってくるの)は、APS-Cでの動きをするようです。
 (どんな設計をするのでしょうね:笑)

 で、実質、9,000円の格安、(フルサイズ用)35-70mm???。F4.5~5.6になりますが・・・。


 お粗末様。スルー下さい(笑)
Tamron 18-200mmDiⅡ 考察-3(広角編)
 懲りもせず、しつこく「Tamron 18-200mmDiⅡ」の考察をやってます。

 今日は広角編。 最広角位置での撮り比べ。絞り全て開放です。

 チャート全体は、1280pixでアップしています。
 また、中心部のアップはピクセル等倍でアップしていますので、
 画像をクリックして頂くと、大きくしてご覧いただけます


1:Tamron 18-200mmDiⅡ(18mm域)
Di2

2:同、中心部のアップ。
Di2-up

3:DT 18-70mm(18mm域)
DT

4:同、中心部アップ。
DT-up

 やはり、高倍率ズーム、同じ18mm表記なのに、やや狭いです
 しかし、シャープさなら、DiⅡの方かな???

Tamron 18-200mmDiⅡ 考察-2(望遠編)
 撮るものがないとは云え、ほんと「好きですねぇ~」と云ってしまう、プチ実験室の続き(笑)。
 いつもながら、目がチカチカしますが、ご了承下さい!!(爆)

************************************************************************
[事前にお断り]
 今回は明らかに「解像力のみ」の比較
 これだけでは、レンズ評価は出来ないと思っていますが・・・。

************************************************************************


 今日は、「Tamron 18-200mmDiⅡ」の実験結果を、TVではやりのクイズ形式で。

 [問題]
 以下の写真は、「Tamron 18-200mmDiⅡ」(以下:DiⅡと略)と「AF 70-200mmSSM」(以下:SSMと略)で、チャートを撮ったものです。

 DiⅡは、"f6.3"(開放)と"f8"
 SSMは、"f2.8"(開放)と"f6.3"→(DiⅡ開放に合わす)

 で、撮影しました。 どれがどれか、お判りでしょうか(笑)


 以下、無補正・リサイズ(1280pix)のみです。画面をクリック頂くと、別画面で大きくなります。


1:
TAM200-63


2:
TAM200-8


3:
SSM-28


4:
SSM-63


 多分、区別つかないのでは?
 私は、SSM、"f6.3"だけが正解でした(笑)

撮影:α-350(ライブビューモード)+三脚使用(AS-off)


 回答は続くに
Tamron 18-200mmDiⅡ 考察-1
 我ながら、「好きですねぇ~」と云ってしまう、恒例の新レンズ・プチ実験室(笑)

 Tamron 18-200mmDiⅡを、ちょっとだけ実験
 比較対象は70-200mmGです

(撮影:α-350(ライブビューモード)+三脚(エルカル740)=>カメラ本体三脚座に固定→その割に傾いてる:笑)
(無補正、リサイズ(800pix)のみです)

1:70-200mmGの180mm域、最短(1.2m)、絞り開放
SSM200-28-120cm



2:Tamの200mm域、↑同距離1.2mで撮影。絞り開放
TAM200-63-120cm
 判っていることとは云え、近距離では望遠不足(無限遠で200mmの画角はあるはずですが、未実験)
 実測、SSMの160mm位でした


3:しかし、最短撮影距離45cmはスゴイ。絞り開放
TAM200-63-45cm
 撮影倍率=>Tamの勝ち(笑)
 120cm-45cm=75cmなら、撮影時、移動可能範囲でしょう(かなぁ:笑)

 Tamの写り、結構いけてるのでは?


 お粗末様。適当にスルー下さい




copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*