子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
大文字-2015
 前回↓のお口直し。
 昨年=2015年の五山の送り火(初公開、撮影地:前回掲載と同一地点)

 やはり、しっかり見たいです(笑)

************************************************************************************

 昨年の夏は、アメリカ行きで大騒ぎしていました(笑)が、帰国後の片付けも写真整理もままらぬ中、
やはり、大文字(五山の送り火)だけは撮っていました。

1:大文字
大文字-2015-1
 α-57+400mmX2=560mm=(フルサイズ換算:840mm)+三脚

 例年なら、ISO-100~400で撮っているのに、リモート・コードを忘れた(→バッグを替えた)
ので、ISO-3200、SS:1/10、(f11=1.5絞)
見えない=大文字-2016=
 某放送局が中継をしようと企てると、必ず何かが起こる「五山の送り火」

 前回=2007年の時は、  文字」(クリック) になるし、(ここに一部始終:クリック)
今回は、時間30mmの豪雨が止みやまぬ内に定刻(20時)となり・・・


1:見えません=本来なら、この画の真ん中に「大」の字が来るのですが・・・。
大文字-2016-1
「大文字」に、最も近い「出町柳」からですら、殆ど見えなかったとか・・・。

 こういう時は、時間を遅らせての点火等、対策をとる訳ですが、全国放送(が入っている)故、強行した(させた)のでしょう

 (全て:α-77Ⅱ、70-200mmSSM、ISO12800、傘を差しながら(片)手持ち)
大文字(五山の送り火)-2014
 今年は、散々。
 昼間は、超土砂降り。マンホールから水が噴き出したり、冠水した道路もあり、大変な日でしたが・・・

 結局、小雨、かつ、霧でかすんでいる中、点火

1:トリミングしています。(100-300mmAPO、手持ち、ISO-12800)
大文字-2014-4
大文字-2013
 これも、久々

 京都、五山の送り火

1:大文字
2013-1


 過去は、ここ(クリック)

 ここは、ちょっと衝撃的(笑)

 今日は、これだけ
京都=五山の送り火=2009
 ここしばらく、全然撮ってないのですが、(毎年の様に)今年も「京都=五山の送り火=」 「大文字」だけは撮りました



 昨年は328x2でしたが、x2コンバーターのせいか、今一つの感
 昨年はココ(クリック)
 大変だった一昨年はココ(クリック)
 Slik ザ プロフェッショナル4を使った画像(2006年)を含む過去全てはココ(クリック)

 で、今年は、445Gx1.4で望みました。

 また、α-350は下の子に供出していたため、α-700にてです

(撮影データー:α-700,400mmGx1.4,f11,A-mode、-0.5~-2.5補正、WB=昼光,jpg)

(三脚:Velbon ネオカルマージュ740(3段で使用、雲台:Velbon PH-285)



1:点火直前
大文字2009-1

2:点火開始
大文字2009-2

3:全部の火床に火が入っていきます
大文字2009-3

4:全て点火完了。スゴイ煙と云うか水蒸気?
大文字2009-4

5:最盛期
大文字2009-5

6:↑のピクセル等倍(クリックで大きくなります)
大文字2009-6
全画面等倍はココ(クリック) 重いですよ(笑)

 この画像を見て、445Gがシャープなのか、x2を使わず、x1.4の為なのか不明ですが、去年よりイイと思います
 また、三脚も、Velbon 740でも、Slik ザ プロフェッショナル4にはかなわないかと思っていたのですが、今回は、接地面を、ゴムではなく石突きで使用。コレなら十分かと・・・
 実は一番(効果が)大きかったの= ストーン・バッグ代わりに、7D+70-200SSM=約2kgをぶら下げた結果だったりして(笑)


7:目に見える感じは、こんな感じです
大文字2009-7
 中央の火床に、スポット測光



 毎年同じ物。スルー下さいm( )m


五山の送り火2008-2
 五山の送り火2008、その2

 今年の送り火、夕方に雨が降り「どうなるのかな」と思っていましたが、雨も上がり、予定通り灯りました。
 しかし、中途半端な雨の降り方のせいか、空気は「霞んで」山の端もはっきりしない状態。

 そのためか、今回の撮影、結果(前回アップ)を見てみると、やや甘いような・・・
 確かに、天気のせいか、α-350(1400万画素)によるものか、ピント位置・絞り値の問題かは、現在の所、判別不明。
 はたまた、三脚をザ・プロフェッショナル4からVelbon740へ変更のためかも・・・(雲台は同じ)


1:こんなセットで撮っていました(α350+445Gx1.4+Velbon740:三段で使用)
445Gx1.4
 5月ミニオフ会ご参加頂いた方々。例の場所です(笑)


2:舟形
舟
 これは、ばっちり撮れています
 撮影距離2km位なので、空気の影響が少ない?


3:大文字の消える直前
大文字2008-3
 送り火の熱気で水蒸気が飛んだのかな?。かなりクリアーに


クリアーに撮れているのはこれ。2006年の大文字(クリック:一番下です)
(α-7D,445Gx1.4,三脚:ザ・プロフェッショナル4)


五山の送り火2008-1
 今年の「五山の送り火」は、つつがなく終了しました


大文字2008-1
 約1000万画素です。大きくしてご覧いただけます。
 (原画1400万画素は、ココをクリック)


 今日は、これだけ。
「大文字」=前日=
 いよいよ大文字=>「五山の送り火」です。

 去年は出向くのが遅く、間に合いませんでしたが、
 今年は、15日に、(送り火で送っていただく)、「護摩木」を奉納してきました


1:金閣寺入口
金閣寺-1
 相変わらず、観光客で一杯!


2:志納所
金閣寺-2
 金閣寺・総門の手前で、保存会の方々によって行われています


3:護摩木をもとめて
金閣寺-3
 画面左、白服の人の手の下にある、L型は背負子です
 奉納された護摩木は、これにまとめて 


4:これが「護摩木」
金閣寺-4
 ここに、先祖の「戒名」を書いて


5:先ほどの背負子で、送り火の火床へ持って上がっていただけます
金閣寺-5
 そして送り火で・・・


 さて、天気は・・・。雨の予報が出ているのですよねー。ぎりぎり持つかなぁ・・・

 (昔は雨天→即、翌日順延でしたが、最近は(祇園祭・山鉾巡行同様、観光客の関係もあり)簡単に順延できないのですよねぇ~。まぁ、土曜日だから順延もあり得るか・・・。いや、決行だろうなぁ:笑)

 では、今年は、445Gx1.4+Velbon740+α350で準備しょっかなぁ(笑)

 そうそう、金閣寺。総門までは行きましたが、中に入っていませんので、写真はないです(笑)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*